スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外骨腫っていう病気

和歌山で施術した人の一人が外骨腫だそうです。

今迄習ったことのない病名です。

この人の体の特徴は

◯関節の付近にコブが有ります。

◯コブそのものは痛くないのだそうです。肘は大きく曲がっています。

◯膝の関節の上下、大腿骨の膝の付近、スネの膝付近にコブがあります。

◯これらのコブは硬いです。膝付近にはいくつもコブがあります。

ずっと以前に東京のある病院で、とても有名な先生に病名をいただきました。
それが「外骨腫」

骨の表面に腫瘍のようにコブができているのでこれを腫瘍と呼んだようです。

私は念入りに触れて見て調べてみました。

するとコブは腫瘍ではなくて、骨が曲がっているのだということがわかりました。

筋肉がきつくて関節付近で骨が強く引っ張られて曲がったみたいです。

コブの数だけ骨が蛇行しているのです。

このことが分かったのは、発見でした。

骨の状態が分かったのですから、後は調整すればいいのです。

この方、子供の時からこれが気になって、遺伝的なものでもう治らないとおもっていました。

今日、調整したら随分コブが小さくなってきました。

明日もまた調整にこられます。

今後どのように変わって行くのかがとても楽しみです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。