ダウン症の調整(その3)

ダウン症で来られている6ヶ月の赤ちゃんのその後の状態です。←過去記事

先週来られました。

前回調整してお帰りになって、お姉ちゃんがおばあちゃんに

「顔が変わったじゃろう」っていったらおばあちゃんは

「本当じゃ、またすごい変わってる」と


今日はまた様子が変わってきました。

ダウン症特有の平べったい顔が、だんだん中高になってきました。

下膨れな感じだったんですが、ほっぺがだんだん小さくなってきています。

今日は頭の形をもっと変えるようにしていきました。

ほっぺ、首、後頭部に触れると嫌がって泣きます。

よ~く観察してみました。

★頭全体の骨の配分がおかしいと思います。

★頭の後ろの骨の量が前に比べて少ないようです。

★前側の骨、頬骨、鼻の周囲、おでこが全体に膨らんでいる感じです。

このために顔が平べったくなって、目が離れて、鼻がぺっちゃんこ(按鼻)
ほおが下膨れになっているのですね。

前側にある骨を後ろ側に持っていくことが調整の目標です。

足の筋肉や手の筋肉は随分弾力が出てきました。
最近では寝返りもします。

楽しみです。


広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。一ポチッお願い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード