スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏ゆすりはいいの?

最近

「テレビの番組で貧乏ゆすりは健康にいいので積極的にやったほうがいい

と言っていたので私もやっているんですよ。」

という患者さんがおられました。

すかさず聞いてみました。

「効果があるようですか?」

「足が温かくなっていい感じです、でも

普段やったことがないので意識していないとすぐに止めてしまっています。」

「格好悪いからするなと主人に言われます。」


一般的には

行儀が悪いと、親や他人から注意されるクセですが、メリットがあるとメディア

が伝えるようになっています。

私は貧乏ゆすりは骨が歪んでいる為に起こる現象だと思っています。

足が歪んでいてもみんなが同じように貧乏ゆすりをするわけではありませんが、

貧乏ゆすりを普段しない人がするのは結構エネルギーが必要です。

筋肉が動けば血液は強制的に送られます。

ですから、慢性的に血行が悪い人は常に血液が足らないので貧乏ゆすり

つまり、不随意運動をすることで血液を流そうとしているのだと思います。

歪みが原因であるとすれば足の歪みを取ってやると貧乏ゆすりをしなくなるはずです。

実際に調整後は足が軽くなって温かくなってきたという人がほとんどです。

足が悪いからという事でわざわざ貧乏ゆすりをしなくてもいいと思います。

むしろ普段しないのなら格好が悪いからやめたほうがいいと私もおもいます。

普段貧乏ゆすりをしている人は止めろと言っても無理ですので

そのような人は調整をおすすめします。





いつも応援ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。