KY事情・・・手相から学ぶ

この前の研修会のことです。

講師の方に「接客の技法」について講義していただいたのですが、
興味がなくてもいろいろな事を知っておくと言うのは大切であると言う事を教わりました。

私は手相の事はまったく興味がないのでほとんど知りませんでした。
でも、結構多くの人は手相や占いの事には興味がおありのようですね。

そこで、手相の話です。

下の写真は私の手ですが今まで格好のいい手相だなあ
と惚れ惚れしていたのですがこれが有名なKY線だそうです。
私は知らなかったのですが最近話題になっているのだそうです。

皆さん知っていましたか?

(空気が)(読めすぎる)と言う意味だそうです。ちがうちがう(笑)
二本の線が離れているのがそれを表しているのだそうです。


ちなみにこちらは線が引っ付いているいいほうの線だそうです。

私はこのことを知ってから、施術中に患者さんの左手を見てみるようにしています。

確かに少ないようです。
私のような人は希少価値があっていいのかもしれません。(笑)

結構多くの人はこのことを知っていらっしゃるようです。
一人の人にこのことをお話しましたら、

上のような手相の人は「現実的な人だそうですね。」ということ。


やったー私は現実的な人なんだ。

ですから下の写真の人は非現実的な人ということになります。(笑)

その人曰く
夢を追う人と現実的な人が一緒にいるから世界が上手くいっているんですよ、と。

いいこと言って下さいます、本当に

なんだかKY,KYって言う言葉の裏には「変人」という気持ちが入っているようでなんだか嫌な感じがするのは私だけでしょうか?

と言いながら、私は本当に空気が読めているのだろうか・・・?






いつも応援ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

『夢を追う人と現実的な人が一緒にいるから世界が上手くいっている』
なるほど、その通りかもしれませんね(^^)

KY線があっても院長は変人ではありませんよ!
きっと私の方が変人です!(笑)
そんな気がしませんか?
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード