嬉しい報告いただきました。(肺がん改善)

二三日前、大変嬉しい報告をいただきました。

IOさん75歳。

この人は男性、最近腰が痛い、肩が痛いと言って来られました。
肩は五十肩です。

お話を聞いていると、もっと大変な事がわかりました。
この人、肺がんで右の肺がんを切除する手術を受けた事があるということ。

そして、左の肺にも転移しているのだそうです。
小さい癌が一杯あるので手術が出来ないのだそうです。
また、前立腺にも転移があるそうで、これは手術を勧められていますが本人は手術はしたくないということで手術しない方針でいます。

私はこの話を聞いたときに、腰痛よりも肩の痛みよりも癌の方が大変じゃないですかと思いました。

だって、命に関わりますからね。

施術中はいつも肋骨の状態の変化に注意していました。

肋骨に触れてみると、下のほうの骨が固い感じがしました。
手にごつごつした感じで触れます。
ここの所に癌があるのでしょうか?と尋ねましたら、
「お医者さんは下のほうの肺に癌が出来てるいいよったの~」
ということで、触診と合致します。

ここのところが柔らかい感じになるように毎回注意して調整しました。

何回かの調整で触れても硬い感じがしなくなってきたので、
癌が消えているかもしれないなと思っていました。

2月13日にこの患者さんはかかりつけの病院で定期健診を受けました。

病院でのやり取りです。
レントゲン写真を見ながら、

IOさん「先生、癌の方はどうなっちょるかの?」

先生  「消えていますよ。ないですね。」

IOさん「ないんかの?」

先生  「ないですね。」

私はそれだけですか?と聞いてしまいました。
だってあまりにも淡白な対応をする先生に思えたからです。

癌だったんでしょう??一体どうして癌が消えてしまったのか。

あれ、あれ、あれ??って反応があってもいいんじゃないですか。
自分の患者さんの癌がなくなったんでしょう。

などといろいろ思ってしまいました。



でもなにはともあれ、私が担当しているこの患者さんの癌が消えたのはうれしい事です。

そして、誰よりもこの人は喜んでいます。

あとは前立腺がんのほうです。これは4月に検査の予定だそうです。

私はこれも毎回注意して調整していますので無くなっている事を期待しています。

いい報告があることを期待して、またこの人からの報告をアップできたらいいなと思います。


がんの場合も他の病気と全く同じような考えで調整します。
血液の流れが良くなればがん細胞は消滅しますのでこういう結果が起こります。





いつも応援ありがとうございます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード