FC2ブログ

突き指 (うれしい症例)

今日のことです。
つい先ほど小学生女の子が治療に来ました。

バレーボールをやっていて、スライディングをして床で右手の第五指をついてしまいました。

昨日のことだったそうです。
今日になって痛みが激しくなって、お母さんが電話してきたのです。
小指の第二関節が腫れていました。

曲げると痛いといいます。
痛い箇所は一番後になるのですが、肘の歪み、手首の歪み、手の平の歪み
と順番に調整していったところで指を動かしてもらいました。

私     「痛いですか?」
女の子   「痛くない。・・・??」不思議な顔しています。
さらに細かく調整していきました。一番痛かった、腫れているところを。

私     「痛いですか?」
女の子  「痛くないです。」とにっこり。

そばで見ていたお母さん、
            「えー!痛くないの?」
女の子       「痛くない。」

突き指の場合は引っ張っても治りません。
どこかにゆがんだ骨があるのでその骨を治してやらなくてはいけません。
すると痛んでいるところの骨が正しくなりますので、痛みは消えるのです。

もう痛くなることはありません。この子は一回でおしまいでした。

応援してくださいポチッとね。元気が出ます。

広島ブログ

こっちもお願い。


コメントの投稿

非公開コメント

つき指が治るなんて、スゴイですね!
ゆがみっていろんな所に
支障をきたすんですね。
病院に行く前に、まず整体へ…
って思いました(@@)

ももくまちゃんさん

骨の歪みを探すと面白いです。
こんなわずかな変形が病気に関係するのかと驚くことが多いです。

逆にそれがよくなったときに起こる変化も大変面白いです。

まさに「感動」です。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード