心拍数が増加しました。徐脈改善

スポーツ心臓って聞いたことありますか?

何でも、心拍数がめっぽう少ないということ。
学生時代に陸上部で頑張っていた人なんかに多いとか。

弟の篤先生は高校生の時に長距離の選手でした。

彼は、心拍数が40/分だそうです。
ちなみにマラソン大嫌いな私は72/分、これって普通でしょう。
ほとんどの人がこれくらいですね。

余談ですが、体が大きいほど心拍数が少ない。鯨は約8/分、象は約20/分
体が小さいねずみは約300/分


この前、体中の不調を訴えてこられた女性の調整をしました。
体中の不調と言うのは漠然としていますが、ここに書ききれないくらいに
病気の多い人でした。

この女性は心拍数も少なかったのです。

約40/分、スポーツは何もやっていません。

お医者さんから、「心拍数が少ないのでペースメーカーを入れましょう。」
と言われていました。

出来るだけ機械の世話にはなりたくなかったこの人は、
「ちょっと待ってください。」といっていました。

トントンに来始めてから三回目くらいの時に心臓の事を話してくださいました。

「脈拍が40回位だったんですが、この前病院で測ったら50回になっていました。」
この調整の後に何日かしてこられたときには、
「脈拍が78回になっています。いい状態ですよね!!」

ハイとってもいい状態です

心臓の状態が改善されているのでとても気分が良くて毎回とても楽しみに
調整に来られます。

この人の体のゆがみは
★骨盤の左右の形がアンバランス。
★左手の上腕骨が歪んでいる。
★肋骨がはと胸である。
でした。

これらの歪みのうちはと胸の状態が脈拍に大きな影響があると考えています。

もちろん、腕のゆがみもはと胸を助長するし、骨盤のゆがみもはと胸を助長します。
これらの歪みを調整したことで、徐脈が改善したのだと思います。




いつも応援ありがとうございます。

東京支部の方も応援お願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

うちの母も日ごろ 元気だったんですが
健康診断に行って 脈拍が少ないと言われ ペースメーカーを勧められました。
ネットでも調べたのですが、結局ペースメーカーを入れることにしました。
本人はやはり機械を入れたくなかったみたいです。
トントンさんをもう少し早く知ってたら
入れずにすんだかもとちょっと後悔しています。

コロンのママさんへ

ペースメーカーを入れるのはあくまでも対症療法ですので、心臓が悪いという状態はまだそのままです。

ですから今後、心臓のご病気をするようになるということも考えられます。

今のうちに肋骨の形を調整して、いい形にしておけば、ずっと元気な体になることが出来ますよ。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード