静脈瘤改善

子供の出産のときに
たまたま近くにいた妊婦さんのふくらはぎの静脈が大きく膨れていたのを
見てびっくりしたことがあります。

静脈瘤は見た目も問題ですが、いろいろつらい症状もあるようです。
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の症状
・足の血管がこぶのように膨らむ
・足がつる
・むくむ
・疲れやすい
・皮膚が変色する
・かゆい

静脈瘤の原因として一般的に言われていること。

『下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。
また静脈には、血液の逆流を防ぐための弁がついていて、血液が重力に負けて下へ引かれ
逆流しないようにくい止めています。
この逆流防止弁は、足の付け根や膝の裏など、太い静脈血管の合流部で壊れやすく、
これが原因で血液は逆流し、足の下の方に血液が溜まり、
静脈がこぶのように膨らむのです。』

わかりやすい説明のようですが、よく分かりません。
この説明では、どうして逆流防止弁が壊れるのかが解りません。
逆流防止弁が壊れない人もいるということが説明されていません。

どのような違いがあってこのような差が出来るのでしょうか?

トントン骨調整法では次のように考えています。

上の写真を見ていただくと
この足の場合、静脈瘤は膝のすぐ下から始まっています。
その上にはありません。その境目に何かがあるのです。
この写真からは解りにくいのですが、手で触れてみるとよく分かります。
膝のすぐ下のところの骨がくびれているのです。
かなり深く凹んでいます。

骨が凹むと、その上にある筋肉も血管も凹んでいる骨のところでくびれます。
ここのところの血管が異常に細くなるのです。
細くなった血管は血液の通りが悪くなりますので、ここのところがダムのような状態になります。
そうすると心臓から遠い部分の血管内に血液が溜まって来ます。

どんどん溜まって膨らんだ状態が静脈瘤です。
細くなった部分の血管が広がらない限り決して静脈瘤はなくなりません。
ですから、いつまでたっても静脈瘤は小さくならないのです。

改善するためには、

ダムになっているところの骨の形を変えていくのです。
これはハイソックスなどの締め付けによって骨がくびれていることが原因ですので、
これを解除してやればいいのです。

静脈瘤をよく観察してみますと、大腿骨の付け根尾あたりから出来ている長い静脈瘤は
太ももの付け根の締め付けが原因で出来ています。
これは主に、ガードルや、きついショーツの締め付けが原因で極端に細くなっていることが原因で、
静脈瘤が発生しています。

調整はこのような細くなっている部分の骨を太くしてやることです。
太くなったら血管も広がりますので、血行が改善されて滞っていた血液が流れるようになります。

静脈瘤は調整後すぐに消えてなくなっては来ません。
血管の内側に沈着しているコレステロールが次第に押し流されていって、綺麗になってはじめて、
血管が細くなっていくのです。
調整するとパンパンだった血管がゆったりと柔らかくなりますので、実感できると思います。

時間はかかりますが、静脈瘤はなくなっていきますよ。



来年には関東にも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

ハイソックスがだめということは、膝下のストッキングはもっとだめですよね。
パンツスタイルのときにはくことがあるのですが、止めた方がいいでしょうか。
ストッキングの他にいい方法がありますか?

コメントありがとうございます。

膝下のストッキングはもっと悪いです。
かなりきついですので、大きく変形します。
お止めになった方がいいでしょうね。

パンティーストッキングならいいですが、
それもウエストのところがきついですので、マタニティー用のパンティストッキングをお奨めしています。
これなら割りにゆるめではないかと。

でも人によりますので、あくまでも締め付けないということが前提です。

体のサイズによって調整してください。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード