下着のゴムがきついのはよくありません。

最近当院に来られる方はブログやホームページをよく読んで
来てくださる方が多いのでパンツもゴムの緩いのを履いてこられる方が
多くなって来ました。

みなさんどれくらい緩いのがいいのかわからなくて、
自分なりに可能な限り緩いのを履いてこられます。

「これ以上緩かったらずっちゃいます。」
というくらいかなり譲って緩いのを履いてこられます。

ところがですね。
皆さん持っていらっしゃるパンツはどれも緩いのはないです。
緩いのを履いていなかったので、骨が歪んでしまったのですから。
持っている最高の緩いパンツでもきついというのが現状です。

「えーーー!これでもきついんですか?!」

これが皆さんの発言です。

私 「はい、すみませんがきついです。」

お客さん「でも、これ以上緩かったらずりますよ!」

少々緩くてもずり落ちることはないですよ。
骨の形が安定して、決して再発しないために、きつかったらだめですよときっぱり言わせてもらっています。
これは一生元気で暮らしていただくためにどうしても必要なことです。

はっきり言って、これまでの経験から、二時間締めたら、その日の施術はすべてパーになります。
ソックスもパンツも、ショーツもブラジャーもです。
ガードルなんてもってのほかです。

「このガードルは緩いので・・・・」といわれる方。
ガードルの緩いのなんてガードルじゃないでしょう?!
ガードルは一切履かない方が身のためです。

どれくらいの強さのゴムがいいのか、体験していただくために大きめのサイズのショーツやパンツを準備しています。


今、東京から来ている研修生が、言っていました。

前回の勉強の後で、帰ってから家族のものにきつい下着はいけないから
ゴムを切ろうと提案しました。
にわかに家族の方は信じませんでしたが、お母さんのきついゴムを切りましたら、
今まで長い間悩んでいた便秘が改善して、毎日便が出るようになったといって大変喜んでいるということです。

はっきり言ってゴムを切っても骨盤を調整しておかないと完全には改善しないですが、
このお母さんはゴムを切るだけで、便秘が改善したというのはすごいことです。

このように締め付けは体にはよくないですので、日ごろからいつも緩めの下着を着用するようにしてください。




来年には関東でも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。



年末年始のお休みは
12月31日~1月3日までです。

1月4日から通常通りの診療します。

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。締め付けるのはやはりいけないんですね。

どなた様でしょう?

たぶん美江さんでは?

そうなんです。お気をつけください。
これでもかというくらいに緩くしてください。

それだけでも健康に近づきます。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード