スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リューマチ改善

リュウマチの方が来られました。
1年半前ごろから痛み出して、病院でリュウマチと診断されました。

足首、手首、首に痛みがあって、我慢しながら仕事をしていました。
知り合いの紹介で来院されました。

朝起きたときに手がこわばっていて、なかなか動かせないし痛いしということで病院に行きました。
その方の言葉では
「痛み初めてから病院に行くまでは、手も足も変形してなかったのですが病院に行き始めてから変形がひどくなりました。」といってました。
そうなんです、
このような方が非常に多いです。

(すみません、お薬に関係のあるお仕事をしていらっしゃる方、私はすべての薬を否定しているわけではありませんが、リュウマチのことに関してはいくつも症例があるのでこうしてあえて書かせてもらっています。)

この理由は、内服薬です。
リュウマチの薬の副作用によって骨が変形していくようです。

リュウマチの方は骨がひどく歪んでいますので筋肉の引きつりが相当ひどくなっています。この引きつりで骨と骨のぶつかりがひどくなって関節面の緊張は強くなっています。
ここでリュウマチのために内服薬を投与するとこの薬が関節に作用して骨を溶かします。

ただでさえきつくなっている筋肉ですからその為に溶けている骨は潰れます。この潰れがリュウマチの骨の変形です。
リュウマチの方の変形は他の病気のかたの変形に比べると特殊です。関節が大きく腫れあがった様になってつぶれているのです。まるで溶けたアイスクリームがまた固まって以前の形とは全く違ったもののようになったかのように。

ですから病院に行き始めて薬を飲み始めたら変形がひどくなったというのはうなずけるのです。
何年も前からリュウマチといわれて病院に通っているけど、薬を飲んでも痛みが改善しないので薬を飲むのを止めましたという方が来られたことが有りますが、その方の関節は変形が止まっていました。

骨はみんな殆ど同じように歪んでいますがリュウマチになる人とならない人がいるのはまだ正直、理由がはっきりしません。
しかし、骨の形を正しくしたらリュウマチがすっかりよくなってしまうのは、今までの多くの症例が証明しています。

内服薬とトントンの併用でリュウマチを改善する事は出来ません。
トントン整体でリュウマチを改善するためには完全に内服薬を中止しなくてはなりません。
しかし、心配は要りません。
薬を止めても一回の調整によって戻ってくる痛みはかなり軽減しているはずですので薬を飲まなくてはならないほど苦しむということはないでしょう。

調整のたびにさらに楽になっていきます。
リュウマチ独特の痛み、持続する激痛は普通少ない施術回数でなくなります。
重症の例も中にはありますが、ほとんどがこうなります。

変形に伴う痛み(これは腱鞘炎による痛み)をとるために回数がかかります。

今回施術を受けられた方も帰るときには痛みはかなり軽減していました。

コメントの投稿

非公開コメント

 リウマチって、状況維持ですよね。本当に魔法だと思います

美江さんへ

お医者さんへ行ったら状況維持がせいぜいですね。
でも改善の道はありますよ。
もし、罹っても心配はありませんよ。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。