FC2ブログ

足の痺れ 椎間板ヘルニア 改善

椎間板ヘルニアの痛みはなった人で無いと分からない。
何回も入退院を繰り返している人は、もう自分の人生は終わりなんじゃないかと思うらしいです。
足がしびれたり痛んだり、
立っていることが一番楽で横になることも、座ることもできないと言う人もいます。
車は乗れるんだけど、仕事は出来ない、とか。
朝起きたとき激しい痛みが有ったので、仕事を休みますといって休んでいると、なんとも無くて
ずる休みしているような気持ちになっている人もいます。

血行が改善すると痛みがなくなるのですね。

足のシビレは、大腿骨の後ろ側から指の先まである人や、膝から下であったり、足首から先だけであったり、いろいろなタイプがあるようです。

体をまっすぐに起こすことが出来ず、体が傾いてしまっている人もいます。
相当重症な状態です。

病院では、足のシビレがあったら、まずヘルニアを疑います。
レントゲン写真を撮って椎間板が変形しているかどうかを調べるのです。
多くの場合、椎間板がつぶれていますのでこれが原因で神経が圧迫されているので
足がしびれるのですよと説明されて、
骨の隙間を広げるために、牽引なんかをします。

なかなか改善しません。
何年も通って、ほとんど改善しない人もいます。

牽引をすると骨が伸びてしまいます。
骨の周りの筋肉が、骨を圧迫するので骨が伸びてしまうのです。
骨が伸びてしまうと、筋肉と骨の長さが違ってきますので、筋肉はきつくなってますます関節がつぶれてしまいますので、牽引すると症状が悪化します。

足がしびれる原因は、椎間板の変形ではありません。
しびれている箇所そのものに問題があるのです。

しびれているところに触れてみると、異常がはっきりと分かります。
私は、患者さんにもその箇所に触れてもらっています
ここがこのようになっているでしょうと教えてあげると、分かる人がほとんどです。

もちろんそこが良くなっていくのも触れば分かりますので、
それも体験していただきます。
そこのところの形がよくなって,違和感が消えるのを体験しますので
患者さんは、「ヘルニアの原因が、腰椎のつぶれでないのが分かります。」

しびれている箇所の症状が消えると、椎間板のつぶれが改善する準備が整いますので、
腰椎の形を変えることが出来ます。すると、椎間板ヘルニアが改善するのです。
もちろん、その後レントゲンにも写らなくなります。
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

ほんとにトントンって・・・

すばらしい技法です!!実は私も以前腰椎のヘルニアを患っていましたが、トントンで治していただきました。いや、ほんとにあの頃は私も、もしかしたら死んでしまうかもと思いましたよ、そのくらい痛いのです。私の場合は何をしても痛くてたまりませんでした。先生の、トントンの方法、よいですよね、実際患者さんに触って体験していただくという方法。患者さんと共に治している、という感じがします。患者さんの感動もひときわですよね!

TOY-mama さん

ありがとうございます。
本当にトントンはいいですね。
患者さんも、自分の体がどうなっているのかが分かるようになると、変化もわかるようになります。
骨が動くのを体験できるって面白いですよね。

はじめまして。
広島ブログから来ました。
今回はあたしではなく、相方さんの症状についてですが、運転手という職業柄腰を痛めているのではないかと思い、コメントしてみました。
病院へは行きたがらないので詳しいことはわからないのですが、腰自体が痛いのではなく、片方の足に慢性的な痛みがあるみたいなのです。
痺れもあるみたいです。
これもやはりヘルニアなんでしょうか?

☆ハニー☆さん

コメントありがとうございます。

片方の足に痛み、あるいはしびれがある場合お医者さんに行ったらまずヘルニアを疑うでしょうね。
MRIかCTを撮って診断すると思います。
腰椎にヘルニアがあるかもしれません。
でもヘルニアがなくても相方さんのような症状を訴える人もいます。
症状の出ている足の方に問題がると思います。
例えば、足首とか、指などに歪みがあってそのために出ている症状の可能性が高いと思います。
これは骨の調整をすれば改善しますよ。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード