FC2ブログ

花粉症の辛い季節がやってきますね。

今年の冬は寒くなると予報されていた通りに寒い冬になったと思います。
ここ広島県安芸郡海田町は比較的暖かい地域ですので冬でも雪が積もることは稀ですが、今年は一回積もりました。元旦の朝でした。

早く春が来ると良いですね❣️

春は花が咲き、小鳥がさえずり、草木が萌える、生き物の動く音が聞こえるワクワクする季節ですね。新芽の🌱吹く音がザワザワした感じで伝わってくるとても良い季節で私は大好きです。

でも、こんな時期を楽しめない人もいらっしゃることも事実です。
2月頃から何となく鼻がむずむずし、目が痒くなる、喉もイガイガするといった症状が出る人がおられます。

花粉症ですね。

fc2blog_20210121103139841.jpg


このような写真を見るとドキッとされるかもしれませんね。
花粉症は杉だけが悪者ではないです、人によっては色々な花粉に影響を受けています。

一年中何かしらの花粉で症状が出ているようです。
でも、花粉がわんわん飛んでいるはずなのに全く影響を受けない人も大勢おられるのも事実です。

この違いは何でしょうか❓
若い頃には花粉症ではなかったのに、今年から花粉症デビューしましたという方も。

一般的な原因説
1、「アレルギーコップ説」
コップの中にアレルギー素因などの先天的因子があり、そこに花粉の侵入やストレス、生活環境の乱れといった後天性因子が積み重なっていき、あ、る一定の量になると溢れ出します。それが花粉症の発症です。コップの大きさは体質によって異なるため、花粉症になる人とならない人がいるのです。
2、「花粉症は免疫機能の過剰反応で起こる説」
免疫機能によって体内に入った外敵や異物を排除する際に活躍するのが抗体。くしゃみや鼻水で、外敵や異物を排除しようとします。しかし、外敵を排除しようとする働きが過剰になるのは考えもの。これはアレルギー反応となり、花粉症になってしまいます。

というように言われています。これらを原因と考え薬の開発が行われています。でも薬は対症療法的なもので根本原因を除去させるものではありません。
本当の原因は何なのか❓
私は骨の変形が真の原因だと考えて調整しています。
花粉症の場合は鼻骨を含めたその周囲の骨の変形が原因です。花粉症の人の特徴は
1、鼻が低い。特に眉間のところが深いです。
2、目の周りが黒ずんでいる人が多い。
3、目のすぐ下の骨が深くめり込んでいます。
  頬骨の一部、眼窩の縁のことを指します。
4、絶壁の人が多いです。中には後頭部がえぐれて
  いる人もいます。
5、眼圧が高いです。眼球を押さえてみればわかり
  ます。
6、奥目なほど症状は強いです。
鼻骨を含め、目の周りが引っ込んでいることが問題です。本来あるべき形は目が前に出ていて、鼻も高く見えます。こういう状態だと鼻の奥の血管に血液が充分に供給されてアレルギー反応は起こりません。
頭全体のバランスで形を変えていきます。
後頭部の絶壁を膨らませるようにしていきます。
頭を全体に小さくしていきます。
鼻を高くしていきます。

これで花粉症は改善していきます。
もちろん元には戻りません。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード