FC2ブログ

髪の毛の性質が変わる

髪の毛にはいろんな性質があり、人によって様々ですね。
そのために苦心している人もおられると思います。雨の日にせっかくセットしていたのにピンピン跳ねる。
針金のように硬く、床屋さん泣かせ。イガグリのようで本人もイヤ。
猫毛で細く柔らかいのでボリュームがない、透けて見える。
天然パーマでくりくり、人からは良いねと言われるが、自分はあまり嬉しくない。
バービー人形みたいにナイロンのような髪質のため、ギシギシする。
持って生まれたもので、お母さん似、お父さん似だから、遺伝だから仕方ないよねと思っているのが普通でしょうね。

髪の毛の癖や性質は実は頭の骨の歪みによって起こると言えば「まさか」と思われるかもしれませんが、その「まさか」です。
頭の骨の変形が髪質を決めているのです。

でもどうして❓

髪の毛が生えているのは頭皮です。
頭皮はいわば髪の毛の畑のようなものです。
畑の良し悪しが作物に影響を与えるように、頭皮の良し悪しが髪の毛の質を変えます。

頭皮の良し悪しはどうして起こるのかということですが、水分や栄養が畑に必要なように頭皮にも必要だからです。水分や栄養が足りてない頭皮は悪い頭皮ということになります。

同じ環境のように見える頭皮ですが人によって環境は少しずつ違っています。

その違いが頭蓋骨の形、歪みによるのです。
頭皮という畑に十分な水分と栄養が届けられるためには、血管の中を赤血球や白血球が問題なく通れる太さが必要なのですが、歪んだ骨の上の皮膚は薄くなっているために血管が細く血液を運ぶのに十分な太さがないので、毛根に栄養を運べません。兵糧攻めを食らっているような状態ですね。

皮膚が薄くなっていると書きましたが、一般的には皮膚が骨に張り付いて硬くなっているような感じになっていますから、頭皮のマッサージをして柔らかくなるように緩めていきましょうという指導をされます。
でもこれは一時的に柔らかくなることはあっても、持続的に柔らかくはなりませんのでマッサージでは改善しません。

皮膚が厚くなり、柔らかく、ゆったりした状態になるためには、頭の骨を小さくしなければなりません。
頭の骨の面積と皮膚の面積が合っていないのです。骨の面積が広すぎて皮膚が突っ張るようになっているのです。本来、遺伝情報では骨の面積と皮膚の面積は同じに作られるはずでした。
ところが歪みによって頭の骨が大きくなってしまったために皮膚が突っ張ったのです。

頭骸骨を小さくするということが施術の目標になります。
でもそんなこと出来ますか❓
と言われそうですが、それは出来ます。
頭の形を変えられるということは今までにも何回か書きました。
不思議なくらい小さくすることができます。

安室奈美恵ちゃんみたいに小さくして欲しいという方もおられます。握り拳を掲げて、「これくらいですよね」と言いながら、笑い🤣
どこまで小さくできるかは人によると思いますが、確実に小さくなります。

小さくなった分だけ、皮膚が緩みます。
そうすると髪の質は変わります。
硬い髪は柔らかく、美容師さんが驚きます。
細い髪が太く、美容師さんが驚きます。
少なかった髪が多く、美容師さんが驚きます。
天然の人が真っ直ぐに、美容師さんが驚きます。

その前に本人が驚きます。🤗
女性は特に驚きます。
施術直後に「あれ?柔らかい


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード