FC2ブログ

逆さまつ毛改善

逆さまつ毛で困っている人がおられます。
まつ毛なので骨の変形とは関係がないと思われる人が大半だと思います。
ところがこれも骨の歪みによりなるのです。下の図では、下のまつ毛がどうなっているかを説明しています。確かにまつ毛が眼球のほうに向いているのは確かなことですが、ここには骨と大きな関係があることは見落とされています。一般的には、「脂肪が多いお子さんや老人に見られることが多く、子供の場合には、成長と共に自然に改善することが期待できる状態です」とあります。しかし、目をこすり角膜に傷をつけることがありますので早めに治す方がいいです。


トントン骨調整ではこれをどのように考え、どのように改善させていくのかですが、上に書きましたように、骨の変形が逆さまつ毛になる原因ですので何処かに原因となる歪みがあるということです。
眼窩と言って眼球が入っている器の形に問題があります。
逆さまつ毛になっている部分の骨に触れてみると深くめり込んでいます。めり込んでいる骨の範囲のまつ毛が内に入り込んでいるのが分かります。
眼窩の下の部分が内に入ることでその上の皮膚も内に入りまつ毛も一緒に巻き込むということになります。

頭の形に問題があるということなのですが特に眼窩の場合には、頸椎(首の骨)の1番(もっとも頭に近い骨)が変形していることが原因です。
頸椎1番がどのようになっているかというと
○上下に潰れて薄くなっています。
○後方からの圧迫で前後に薄くなっています。
このような歪みのために眼窩が変形します。

改善させるためには頸椎の形を可能な限りあるべき形に戻していく必要があります。
眼窩の下の入り込んでいる骨が浮き上がってきたらまつ毛は前側に出てきます。

このようにして調整しましたら、逆さまつ毛が再発するということはありません。

*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード