スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖まったら痒くなる?

「風呂に入って温まると痒くなります。」「血行が良くなると痒くなるんです。」
などと言われる方をよく見かけます。確かに体に湿疹などがない人でも風呂の中で背中や二の腕、胸のあたりをかきむしり赤くミミズ腫れのようになる人を見かけます。
ご老人で「老人性皮膚掻痒症」の人は気温の変化で痒くなると言われます。

血行が良くなるから痒いというのはちょっと変な感じがします。
血液が流れたら病気は改善するというのが本当だと思うからです。
では何故風呂に入って温まると痒くなるのでしょうか?

⭐️血管が拡張する
⭐️拡張しない血管もある
この2つの理由によってこういう現象が起こるようです。
細かく説明いたしますと
1、歪んだ骨に関連する筋肉は常に緊張してきつく硬くなっています。引きつっているのです。
2、引きつった筋肉の中にある血管は細くなり血行不良になっています。この筋肉も皮膚も常に冷たいです。
3、風呂で温めてもなかなか血管が拡張するところまでいきません。
4、歪んでいない骨に関連している筋肉も皮膚も常に血行が良くて温かいです。
5、歪んでいないところの筋肉は温まると直ぐに熱に反応して血管は拡張します。血液の量は増えます。
6、歪んでいるところは血管が膨らまないですが歪んでいないところは血管が直ぐに拡張して血液が多く流れます。
7、血液の量は一定量しかありませんので拡張した血管に多く血液が流れた分、細くなっている血管はさらに血液が足らない状態が起こります。
8、この結果歪んだ骨に関連する筋肉の上の皮膚が痒くなるのです。

痒いのは歪みがあることの表れです。
歪みがなければ痒くなりません。実際温めても痒くならない人は多くいます。

骨の形を良くすれば痒くならなくなります。

*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。