自閉症の子 その後の経過

一回目の自閉症の方の症例を記事にしてからその後の変化を楽しみに待っている人のために
その後の事を書きます。←過去記事

10月18日に記事にしました。その後何回も調整に来られています。
骨が固いために中々思うように調整が進みません。
あれから月四回くらいの割合で来られています。

ここ最近の状況です。
「●」は12月18日の状況です。「>」は一番最近の状況です。

●言葉は少し多くなったようです。まだまだです。
>言語療法士のかたが最近は言葉が多くなっていると言われているそうです。学校でもびっくりするようなことを言ったりすると先   生から報告をいただくこともあるようになってきました。

●真直ぐ前を向いて歩く事が出来るようになってきました。つまずく事がなくなりました。
>ますます正面を向いていることが多くなってきました。段差を問題なく切り抜けることができるようになっています。

●首が痛むことはなくなっています。タオルを口にくわえることはなくなりました。
>タオルを首に巻いていることが不要になっています。寒さによって痛むことが無くなっているようです。

●鼻水がひどかったのですが、全くでなくなってきました。
>鼻水は今も出ることはありません。

●歯ぎしりはほんの少しまだしています。音が大分小さくなったように感じます。
>歯ぎしりをすることはまだありますが、とても少なくなっています。音も小さくなっています。

●天然パーマはかなり改善して前側はほぼ真直ぐ、後頭部がまだ残っていますが、激しいカールではなくなっています。
>後頭部に残っていたカールがほとんど真っすぐになってきました。

●一緒に施術ルームに入るときに手をつなぐようにしたら、手をつながせてくれるようになりました。
>最近も手をつないで歩くことができるようになっています。

●視線はまだしっかり合っているとはいえませんが、私のほうを何度も見てくれるようになってきました。
>話しかけると療術師の方を見つめることができるようになりました。「誰がやっているのか確認するかのような視線を向けてくれ  るようになってきました。

●体毛は随分薄くなってきました。これはお母様が実感していらっしゃいます。特に顔の毛が薄くなってきました。
>体毛はさらに薄くなっています。背中や腹部にあった体毛も薄くなっています。

●ベッドの上で二時間いることができるようになってきました。時々床に下りますが、誘導したらまたベッドに上がってくれます。
>じっとしていることができるので施術がとても楽になってきました。

まだまだ先は長いように思います。
自閉症の場合は高学年になればなるほど大変です。

状況が改善して、自分の事が自分でわかるようになって、それからリハビリが始まるのです。

学力はかなり遅れています。
対人関係もかなり遅れています。
社会性も身についていません。
これらの事を身につけられるようになるまでどこまで改善させることができるか?!

これがわたしの今後の課題です。
目標は高く持っていますが、そのためには彼女の骨をどこまで変えられるかにかかっています。

嬉しいのは施術のたびに変わっているということです。
学校での様子や家庭での様子を聞くたびにうれしくなります。

表情や態度が調整のたびに向上しているので、もっともっといい方向になっていくと思っています。

まだまだ時間はかかりそうです。

今後も変化をおって報告していこうと思います。
良い点もよくない点も記事にいていこうと思います。
ご期待ください。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード