FC2ブログ

グリーンピースの支柱を立てました。

10月にグリーンピースの苗を買ってきて植えていました。
暖かいせいか苗の成長が早く背丈が高くなりましたので支柱を立てることにしました。



こんなふうになりました。
狭い庭ですがプランターでしたら何とか野菜を育てる事が出来るようです。

夏は茄子とピーマンを育てたプランターです。

ちょっと植えておくだけで食卓に彩りを与えてくれます。
無農薬で美味しい野菜を育てられ、食べられることを感謝しています。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

骨がサクサク動くと気持ちがいい

2時間の施術で骨がどの範囲まで動かせるかが毎回のテーマです。

人によって動き幅が違っています。
動きの良いパソコンはサクサク動きますね。そんな感じで骨が動いたらとても気持ちがいいです。

動かしてもらっている患者さんも気持ちがいいと感じるようです。
骨が動くとその場で血流が良くなりますので、なんとも言えない心地よさで眠くなります。

骨の柔らかさは、関節が柔らかいというのとは違います。
屈伸をしたら軽々と指先が床につく、手のひらも床につくという人がいますね。
これは関節が柔らかいということですが、かといって骨も柔らかいというわけではありません。
骨そのものの柔軟さが大切です。

骨の柔らかさは生活習慣や食習慣と関係があります。
栄養に気をつけて食べ物を選んでいる人、特にビタミン類をしっかりと摂っている人は骨が柔らかいです。
また、ストレスが少なくて、空気のきれいな環境で暮らしていることも大切な要因です。

レトルト食品を多く摂る人、出来合いの惣菜なども栄養バランスが悪かったり添加物が多く使われているために活性酸素がたくさん発生します。
また、電気製品に囲まれている人、パソコンの前に座って仕事をする時間が長い人は電磁波の影響を受けます。これも活性酸素が発生する要因になります。
活性酸素はタンパク質を酸化させます。酸化とは錆びつきですので、骨の中のタンパク質が酸化して錆びつき動かなくなります。

今日、施術した患者さんは骨が柔らかく気持ちがいいくらいに動いてくれました。
空気の良い田園地帯で生活し、仕事も農業で環境が良いからではないかと思います。

顔の形や頭の形を変えるのにサクサクと気持ち良く動くのです。
若い男性でボディメークに関心を持っていてもっと痩せて筋肉質な体をゲットしたいと思っています。顔や頭も小さく、もっとイケてるメンズになりたいと思っています。

今日はかなり動きましたので喜んでお帰りになりました。
骨が柔らかいということはトントン骨調整法にとってはとても大事なことです。
栄養に気をつけて、良い物を食べるようにしましょう。そうしたら病気になった時にいち早い快復を目指すことができます。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

きれいに咲きました


今年初めてきれいに咲きました。
この花は「ボウデニー」という名前です。
患者さんが下さいました。なかなか株が大きくなりにくかったのだそうですが、球根を2つ分けてくださったのが3年くらいかけてここまで成長しました。彼岸花に似た感じですが、濃いピンクの花が美しいです。


この花は「イモカタバミ」です。
毎年玄関先の軒下に見事に咲かせてくれます。
三つ葉☘️で一枚一枚はハート♥️の形をしています。好きな花です。


これは「キク」ですね。
これは毎年放っておいてもきれいに咲いてくれます。

庭に花があるのはいいです。
猫の額のような狭い空き地に所狭しと色々なものを植えるのは家内です。
しばし、庭に出て花を見ていると心が穏やかになります。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

2コマ施術でより早い改善を

タイトルを見て何じゃろうか❓❓って思った方がいらっしゃるかもしれませんね。

トントン骨調整法は骨の形を整える施術法だということは皆さんご存知だと思います。
一回に2コマ、つまり4時間施術を受けるということです。
もちろん一コマが普通ですので殆どの方は一コマでお受けになります。

大分前に、関東から来られていた方が、2回受けるために、来た日に一回、一泊ホテルに泊まり、翌日もう一回という受け方をするとホテル代が余計にかかり時間もかかり仕事を1日余分に休まなくてはならないということで、2コマ受けることは出来ますか?という相談を受けました。

朝来て2コマ受けて帰れば日帰りができるということです。
この人の後何人もこのような受け方をされました。

こういう受け方も大丈夫です。全ての骨に倍の時間をかけて調整します。2回に分けて調整するよりも細かく見る事ができると思います。2回分の調整をするわけですから一回よりも2倍進みます。

もちろん一コマだからといって手は抜きませんよ。最大の注意を払って施術しますので何の心配も要りません。

2コマ使ってゆったりと休息しながら調整を受けるということも選択肢としてあるということをお伝えしたかったのです。
もちろん施術代金も2倍です🤗

遠方からおいでの方はご相談下さい。

*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

十一月度の研修会

今月も月一の研修会を11日に開きました。

毎回、新しい考え方を学びます。
施術の方法は常に進化していますので、毎回しっかり学んでおかないと取り残されてしまいます。

今日のテーマは
「肩関節の変形を調整する方法」
「肋骨の変形を整える方法」
この二つです。

この二つのことをきちんとマスターしたらその骨に関わる病気を改善させることができるようになります。
例えば
肩こりや首こり、頭痛、耳鼻科系の症状、眼科系の症状、ストレートネックなど
心臓の異常、呼吸器系の症状、消化器系の症状など

この二つのことで今まで難しかった調整がうまく行くようになりました。全ての療術士が同じサービスを提供できるように、こうして学んでいます。


研修に来た先生方のホームページです。下をクリックして訪問してみてください。

トントン骨調整法 大阪支部のホームページ


トントン骨調整法 廿日市支部のホームページ

お二人とも丁寧にしっかりと診てくださいますよ。

*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ


オーラルフレイルについて

NHKの朝イチで「オーラルフレイル」についてやっていたので、このことはトントン骨調整法の考え方でいったらどういうことになるのか知りたいという患者さんがおられましたので、ネットで調べてみました。

実は私はこの言葉「オーラルフレイル」は初めて耳にした言葉です。2014年に厚生労働省により提唱された新しい概念ですね。

以下は放送で語られたことをまとめたものです。

『口まわりの筋力が低下する「オーラルフレイル」。放置すると、さまざまな病気につながり、死亡や要介護のリスクが2倍以上になることがわかってきました。国は、2年前に「オーラルフレイル」に「口腔機能低下症」という病名をつけ、保険適用。番組では、具体的な検査方法や、診断された場合の対策をご紹介しました。さらに、これからの時期、感染症のリスクを上げる原因となるのが、舌の位置が通常より下がってしまう「低位舌(ていいぜつ)」。ドライマウスや睡眠時無呼吸症候群にもつながる。』

『「オーラルフレイル」、直訳すると「口の虚弱」。最近、食事のときにむせるようになった、硬い物が食べにくくなった、など、ささいなトラブルをきっかけ、口の筋力低下がすすみ、低栄養や誤えん性肺炎、認知症など、さまざまな全身の病気につながることがわかってきました。3年前、東京大学は、高齢者約2,000人を対象にした調査で、オーラルフレイルの人は、そうでない人に比べ、4年後の死亡リスクが2.09倍、要介護リスクが2.35倍になると発表しました。』

『子どもの頃からの癖や、加齢にともなう筋力の低下によって、舌の位置が通常より下がる「低位舌(ていいぜつ)」。ベロにギザギザの歯形がある人は低位舌の可能性があるといいます。低位舌になると、ドライマウスや睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな病気につながると指摘されています。ベロの正しい位置は、つばを飲んだときに、一瞬、ベロが上あごにくっつくその場所。』

『ふだんからの意識づけや、舌を支える筋肉「舌骨上筋群」を鍛えるトレーニングで改善できる』

『一般的に、オーラルフレイルの始まりは食事時のむせこみが増えること、硬い食品が噛めなくなること、滑舌が悪くなることなどが挙げられます』

1、口周りの筋肉が低下する
2、低位舌(舌の位置が通常より低い)
3、ドライマウスになる
4、睡眠時無呼吸症候群になる
5、食事の時にむせる
6、硬いものが食べにくくなる
7、低栄養、誤嚥性肺炎、認知症につながる
8、加齢によるもの
9、滑舌が悪くなる
10、食事のむせこみがひどくなる
11、死亡リスクが高くなる。
というふうにまとめられるでしょうか。


これらの情報をもとに私なりの考えをまとめてみました。

この病名で施術したことはありませんが、1~10までの症状を訴える方の施術は何人もしました。
もちろん10全部ではありません。この中のいくつか、一二個か、ほぼ全部か。オーラルフレイルという名前で考えるのではなく、一つ一つの症状として捉えてきました。

このような人の多くは顎の動きが悪くて、舌の動きもスムーズではありません。イビキもかいているはずです。舌の動きが悪いので滑舌が良く無いのです。
舌の動きが良く無いということは、低位舌だからなのかもしれません。舌に力が入らないということだと思います。
舌がスムーズに動かなかったら、嚥下が難しく、うまく飲み込めないのは当然で誤嚥性肺炎になることも考えられます。顎が動きにくいのですから硬いものは噛みにくくなるでしょう。
口内の血流も悪いはずですから唾液が出にくくドライマウスになるのだと思います。

これら全ての症状は頭の形がよくないために起こっていると考えています。
頭が歪んでいるために、頸椎1番が変形し、これがこれら全ての異常に関係していると思います。
舌や顎の高さが丁度頸椎1番の高さですので
ここが歪むと口腔機能に大きな影響を及ぼすと私は考えています。
頸椎が潰れ、骨の厚みが本来あるべき厚みよりも薄くなっていると思います。その変形している骨の周りの組織が骨の変形に連動して変形して力が抜けたり、血行不良になり、オーラルフレイルという状態になるのだと思います。

そう考えて行くと施術の方向性は決まってきます。薄くなり潰れている頸椎1番を元の厚みに戻すことです。それは可能ですので、良くなるはずです。

1~10のどれかで施術した人は結構おられますが、改善可能な症状ですから安心して良いと思います。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

運動不足だからいけません

元々歩くのは好きなほうです。
ブログに好きなウォーキングのことも書きますと自己紹介してるにも関わらず近頃は全く歩いていないです。

来られている患者さんには歩くことは大事なことです。人間は歩くのが基本だと思いますよ~という割には歩いていない。

私の古里は田舎ですが、1人のおじさんの経験が凄いのでご紹介します。もう100年どころじゃない前の話です。
当時はまだ国鉄も走ってない、国道などというものも無い時代です。
安芸山陽道や東海道五拾三次と言った道の時代です。
当然車はまだ無いです。
そんな時にそのおじさんは20歳で結婚して80歳で亡くなるまでの60年間、毎年徒歩で京都まで往復していたのだそうです。
農業が暇な時期に2ヶ月かけて往復したというのです。
古里は能美島と言って今の江田島市、そこから船で広島港まで行って徒歩で安芸山陽道まで歩き、京都まで野宿をしたり、農家に泊めてもらったりして、旅をしたのだそうです。
この頃は靴というものがありませんでしたのでワラゾウリを履くのですが、ずっと履いて行くことは出来ません。丈夫なものではないのですぐ壊れるので、ワラゾウリは履かずに裸足で京都まで行ったのだそうです。
京都に行くのは西本願寺にお参りをするためでした。
西本願寺の門のところまで来たら、そこでワラゾウリを履いて入り、参拝が終わって門を出たらワラゾウリを脱いでまた徒歩で広島に向かったのだそうです。
おじさんは農夫ですから、途中の農家の方と友達になり、その地域でやっている農業のノウハウを教えてもらい、帰宅してからそのことを実践して作物を作っていたのだそうです。
2ヶ月かけての徒歩の旅ですから1日の歩行距離はそう多くはなかったと思います。

ナビで調べたら西本願寺までは351km。
これは車での最短距離です。
山あり谷ありの徒歩での距離は450kmはあるかも知れません。

すごい距離ですね。
でも、この頃は歩くしか移動の手段が無かったので歩くことは皆さんにとって普通のことだったのです。
人間は歩くのが基本です、やっぱり。

歩けなくなったら体が弱りますね。
昔のおじさんのようなことは出来ないでしょうが、普段から歩くことを習慣とするようにしようと思っています。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ


アレルギー性鼻炎が改善する

鼻がいつもジュルジュル困りますね。
子供の時は鼻炎のために勉強に集中出来なくて困ったという方もおられます。
鼻が詰まってボーッとなるのだそうです。


学問的には次のように説明されています。

『アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニなどが原因となり鼻粘膜に生じるアレルギー疾患です。アレルギーは身体の免疫機能が過剰に反応してしまう現象で、蜂に刺されることで生じるアナフィラキシー、金属接触で発症する金属アレルギーなど多岐にわたります。

I型からIV型まで4つに分類され、アレルギー性鼻炎はⅠ型アレルギーの代表的疾患です。I型アレルギーはIgE抗体という抗体によってアレルギー反応が起こります。体内に花粉やダニなどの原因物質(抗原)が入るとIgE抗体がつくられます。このIgE抗体が白血球の一種である肥満細胞や好塩基球の細胞膜に付着することでアレルギー性鼻炎が発症します。』

すごく分かりやすい・・ことないですね💦

原因物質は

通年性のものとして
ハウスダスト・ダニ・動物の毛・フケ・蛾などの虫等があります。

季節性のものとして
花粉が多く、国内だけで約60種類もあります。圧倒的に多いのはスギとヒノキです。

これらどれか、あるいは全て、もしくはこの中のいくつかと、人により原因物質が違っています。

上に引用しました理由に原因物質が関係して症状が出るのだと思いますが、ややこしいです。

そしてアレルギー性鼻炎にならないためには原因物質に近づかない、近づけないようにと指導されます。

でも、これらの原因物質の最中にいるにもかかわらずアレルギー性鼻炎とは無縁の人も沢山いらっしゃいます。

罹らない人はどうして罹らないのでしょう❓

免疫力が高い、免疫がついているからなど言われます。

実は原因は簡単です。

血液が鼻の粘膜に流れているかどうかです。

血液が十分に流れていないので異常な免疫反応が起こるのです。
血液が流れていれば原因物質がどんなに多くてもどんな種類でも異常な免疫反応は起こしません。

アレルギー性鼻炎になっている人の鼻は
1、低い
2、冷たい
3、鼻骨が硬い
などです。

他に付随する特徴として
1、目が奥目
2、目にクマがある
3、目の下の骨が深い
4、眼圧が高い
などがあります。

これらの特徴的な歪みをとってやることで鼻粘膜に流れる血液の量は多くなり、どんなに多くの原因物質が入ってこようとも異常な免疫反応は起こらなくなります。

頭や顔を小さくしてやり、鼻を高くしてあげることで症状は消えて再発も無くなります。



strong>*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

外反母趾の痛みは取れる

若い人も年配の人も外反母趾で困っている人は多いですね。
痛みはないけど形が悪いんだよなぁ~。
なんとかならないかなぁ~

そんな外反母趾
そもそもどうしてそういうことになるのでしょうか❓
一般的に言われていることは
1、遺伝的要因
 扁平足や関節が柔らかい人、母趾の長い人が、  外反母趾になりやすいといわれています。
2、非遺伝的要因
 ハイヒールや足先の細い靴を履くことで足先に過剰な力が加わって、外反母趾を引き起こすとされています。さらに加齢による筋力の低下などによって足のアーチ構造が崩れることも原因になります。

なる程何となくそんな感じもしますね。
でも、本当はこれは違います。

もう何年も前のことですが、朝日新聞の記事に外反母趾のことが書かれてありました。
小学生の足に外反母趾があるかどうかを調査した結果が記事になっていました。
小学生のうち7割くらいの子供が外反母趾だったというのです。原因は不明とありました。

この記事を読んで、トントン骨調整法の考えが理にかなっているなと再確認しました。

彼らはスニーカーは履きますがハイヒールは履きませんし、まだまだ人生そんなに長く生きてはいません、若者ですから。

トントン骨調整では、遺伝は無いし、履き物によっても起こらないと考えています。

では、なぜ外反母趾になるのでしょう❓

1、先天的要因
  先天的とは生まれつき持っているもので、遺伝情報によって伝わったものでは無いということです。お母さんの子宮の圧迫によって骨が変形したのです。
2、後天的要因
  これは、生まれてからのちに加わった骨の変形です。ソックスなどの締め付け、指圧、マッサージなどによる骨の変形などです。

これらの要因によって足首や足の甲、指が変形した事で起こります。
○足首の場合は細くなります。
○足の甲の場合は高くなったり扁平になったりします。
○指の場合は長くなりすぎたりします。

私が特に問題視しているのは足首が細くなっている事です。

足首が細くなったのはソックスの締め付けです。ゴムのきついソックスを長時間履いている事でスネの骨が締め付けられ伸びてしまいます。
これは、搗き立てのお餅を握りしめると伸びることと同じように、毎日きつく締めているとスネが伸びます。
スネが伸びるとその骨の周りの筋肉は骨の長さと合わないので引き伸ばされます。そのきつくなった筋肉や腱は指先につながっていますので指が足首のほうに引っ張られますので関節が潰れて曲がってくるのです。
親指が曲がれば外反母趾です。
小指が曲がれば内反小趾。
中の3本が上に曲がればモートン氏病。

いずれも足首の変形が元で筋肉や腱がキツくなり指が引っ張られて起こる病気です。

施術の目標は

細くなっている足首を本来の太さまで戻すことです。
足首は細い方がカッコよくて綺麗と思っている人がいますが、これはふくらはぎの太さとのバランスで考えないといけません。
スッとまっすぐで細いならカッコよく綺麗ですがふくらはぎは太くて足首だけが細いのはカッコよくありません。
トントンと調整して足首を太くし、ふくらはぎを細くするのです。
モデルのような足になります。

このように調整すると外反母趾の痛みは消えて、まっすぐな指にだんだん近づいていきます。

もちろん、原因を取り除くのですから再発はありません。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

髪の毛の性質が変わる

髪の毛にはいろんな性質があり、人によって様々ですね。
そのために苦心している人もおられると思います。雨の日にせっかくセットしていたのにピンピン跳ねる。
針金のように硬く、床屋さん泣かせ。イガグリのようで本人もイヤ。
猫毛で細く柔らかいのでボリュームがない、透けて見える。
天然パーマでくりくり、人からは良いねと言われるが、自分はあまり嬉しくない。
バービー人形みたいにナイロンのような髪質のため、ギシギシする。
持って生まれたもので、お母さん似、お父さん似だから、遺伝だから仕方ないよねと思っているのが普通でしょうね。

髪の毛の癖や性質は実は頭の骨の歪みによって起こると言えば「まさか」と思われるかもしれませんが、その「まさか」です。
頭の骨の変形が髪質を決めているのです。

でもどうして❓

髪の毛が生えているのは頭皮です。
頭皮はいわば髪の毛の畑のようなものです。
畑の良し悪しが作物に影響を与えるように、頭皮の良し悪しが髪の毛の質を変えます。

頭皮の良し悪しはどうして起こるのかということですが、水分や栄養が畑に必要なように頭皮にも必要だからです。水分や栄養が足りてない頭皮は悪い頭皮ということになります。

同じ環境のように見える頭皮ですが人によって環境は少しずつ違っています。

その違いが頭蓋骨の形、歪みによるのです。
頭皮という畑に十分な水分と栄養が届けられるためには、血管の中を赤血球や白血球が問題なく通れる太さが必要なのですが、歪んだ骨の上の皮膚は薄くなっているために血管が細く血液を運ぶのに十分な太さがないので、毛根に栄養を運べません。兵糧攻めを食らっているような状態ですね。

皮膚が薄くなっていると書きましたが、一般的には皮膚が骨に張り付いて硬くなっているような感じになっていますから、頭皮のマッサージをして柔らかくなるように緩めていきましょうという指導をされます。
でもこれは一時的に柔らかくなることはあっても、持続的に柔らかくはなりませんのでマッサージでは改善しません。

皮膚が厚くなり、柔らかく、ゆったりした状態になるためには、頭の骨を小さくしなければなりません。
頭の骨の面積と皮膚の面積が合っていないのです。骨の面積が広すぎて皮膚が突っ張るようになっているのです。本来、遺伝情報では骨の面積と皮膚の面積は同じに作られるはずでした。
ところが歪みによって頭の骨が大きくなってしまったために皮膚が突っ張ったのです。

頭骸骨を小さくするということが施術の目標になります。
でもそんなこと出来ますか❓
と言われそうですが、それは出来ます。
頭の形を変えられるということは今までにも何回か書きました。
不思議なくらい小さくすることができます。

安室奈美恵ちゃんみたいに小さくして欲しいという方もおられます。握り拳を掲げて、「これくらいですよね」と言いながら、笑い🤣
どこまで小さくできるかは人によると思いますが、確実に小さくなります。

小さくなった分だけ、皮膚が緩みます。
そうすると髪の質は変わります。
硬い髪は柔らかく、美容師さんが驚きます。
細い髪が太く、美容師さんが驚きます。
少なかった髪が多く、美容師さんが驚きます。
天然の人が真っ直ぐに、美容師さんが驚きます。

その前に本人が驚きます。🤗
女性は特に驚きます。
施術直後に「あれ?柔らかい


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード