FC2ブログ

蓄膿症(副鼻腔炎)が改善する

蓄膿症で困っている人は意外に多いです。
花粉症を併せ持っている人もいらっしゃいます。
まさにダブルパンチ。

鼻水がダラダラ出る
目が痒い
喉も痒い
臭い鼻汁が喉の奥に落ちるなど

蓄膿症も花粉症も鼻と目の高さで起こっている異常ですから、同じ骨の歪みが原因で罹っています。

蓄膿症の人は目の下の骨が凹んでいます。
眼窩という眼が収まっている骨が変形しているのです。
特に目の下の眼窩の縁が中に入り込んでいることが問題です。
この辺りに副鼻腔があります、副鼻腔とは骨の空洞のことで、本来は十分な広さがあるものですが狭くなっているのです、狭いと炎症が起こりやすくこれが蓄膿症(副鼻腔炎)と呼ばれます。

狭くなっている副鼻腔を広げれば炎症が収まり楽になるということから病院では外科的な手術をします。
鼻のあたりから内視鏡を挿入して副鼻腔の内壁の部分の骨を削って副鼻腔を広げます。
でも、手術は一旦は成功してもまた、骨ができて狭くなります。
原因を取り除いていないので悪かった状態に戻ります。

何度やっても終わりが来ません。

トントン骨調整法では、頭全体の歪みと捉えています。
ほとんどの場合、蓄膿症の人は花粉症も含めて、鼻が低いですし、絶壁の人が多いです。

頭を小さくしながら顔も小さくして鼻を高く、絶壁の部分を膨らまして小顔で丸い頭にしていきます。
すると顔が中高になり鼻が高くなりますので目の下の凹んでいる部分が膨らんできます、副鼻腔の内腔が広がってきて、炎症がなくなり副鼻腔炎が改善するのです。

そして何より良いのはそのようにして小さくした顔や頭は元のように戻るということが決して無いので、消えた症状も元に戻るということがないのです。

施術は気持ちよく眠くなりますので目が覚めたらスッキリした状態になっている。

たくさんのおまけも付いて。

腿やせは全女性の憧れかもですね。

だいぶ前ですがバレリーナを目指している女の子が来られました。

この子が来られた時に申告された病気は、
●鼻炎、アレルギー性鼻炎。
●コンタクトレンズが合わない、長時間の使用で目が赤くなります。
●太ももがもっと細くなりたい。  

少女ですからこれくらいの病気だけです。

3回ほど施術しました。
病気の部分は調整で改善しました。でもこの子の一番の望みは腿やせでした。

毎回足が細くなるように調整していますが、もっと細くなりたいと言うことでした。
1番初めに来たときにはかなり固く、太くて気にしていらっしゃいました。
でも1回2回と調整していくたびに足が細くなってきたのでとても喜んでいらっしゃいます。


この方の歪みの特徴は
★大腿骨の付け根のところが急に細くなっています。
★付け根のすぐ下の部分がかなり太くなっています。
これは大腿骨が引き伸ばされているということを表しています。

大腿部を服の上から触れて検査してみるとたくさんの横線が入っているのがわかりました。

横線は筋肉のだぶつきを表しています。

始めは横線が確認できないほど筋肉が張っていて固い感じになっていました。
カチカチな感じです。

きつすぎる筋肉は骨の状態がわかりにくいです。

これは大腿骨が伸びている反応なので大腿骨を縮めていきます。
大腿骨を縮めても足が短くなるということはありません。
骨が縮むということは本来の長さに戻るということです。
関節はゆったりとしてきますので、関節の間隔が広がって、関節の動きがスムーズになってきます。
そして、骨は短く、つまり正常な長さになると足は長くなります。

このあたりの説明は理解しにくいかもしれませんね。
要するに、あるべき形に戻すということです。

大腿骨を少しずつ縮めていくことで横線はだんだん消えていきます。
骨の長さが正常に近づくと筋肉の緊張が取れて柔らかくなってきます。

調整していくに従って横線が触れにくくなってだんだん足が細くなっていきます。

太ももがかなり細くなってきたのでとても喜んでくださいました。

でももっと細くなる余地が残っているようですので今後が楽しみです。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

広島ブログ



プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード