FC2ブログ

大きい顔より小顔の方が良い

大きい顔より小さい顔の方が良いと思っている人は女性に多いと思います。

「男は顔じゃない心だよ」って思っているかいないか分かりませんが、全般に男は顔の大きさに興味がない人が多いかもですね。

でも、帽子をかぶった時にきついと感じる人はいると思います。

安室奈美恵さんは「小顔」って皆さん認めますね。
安室ちゃんのようになりたい‼️

彼女は生まれつき顔も頭も小さいのであそこまで小さくするにはそう簡単ではないと思いますが
それでもやっただけは小さくすることができます。

テレビなんかで芸能人が「痛たっ❗️いった~い❗️」と言いながら小顔矯正してもらっているのを見たことがあると思います。

トントン骨調整は痛くない、非常に柔らかい振動で少しずつ形がかわっていきます。
痛いどころか眠くなります。
頭を叩いているのに赤ちゃんでも寝てしまう。
受けた人でないとわからない心地よさ。

目が覚めたら小顔になっている。
夢のような話ですが夢ではありません。

骨からアプローチ❗️

病気の原因は骨の変形からです。

骨の変形が全てです。

筋肉の状態が病気の原因だと言う人がいます。
骨には全く着目していません。
確かに様々な病気が柔らかい組織に病変が起こっています。内臓の全ては柔らかい組織です。

ですから研究者は病気の原因は何なのか目に見えない世界を探し回っています。
病原微生物が原因か
ホルモンが原因か
生活習慣か
遺伝か などなど。
長い時間をかけて、高額な研究費を使って学者達は探しています。
でも、筋肉や柔らかい組織には原因はありません。
もちろん病原微生物やホルモンにも原因はありません。生活習慣や遺伝も原因ではありません。

これらは歪みのある人が病気になる要因にはなりますが原因ではありません。

全てが骨の変形によって引き起こされます。

骨の変形があると周りの柔らかい組織の血行が悪くなります。血行が悪いことが様々な病気の治りにくい要因です。

ですから、骨の形を正常な形に近づけることで内臓や骨格筋などの柔らかい組織は正常に働き始めるのです。血液が流れ始めるからです。

実際に骨の形が変わったことで病気が改善するということを体感したら本当だとはっきり分かります。

頭痛が良くなった

私も昔ひどい頭痛持ちだったのでその辛さは分かります。頭を下げるとズキンと痛む。
起きてられないので横になる、でも痛い。
痛くない態勢を探しますがどう寝ても痛い。
何とか寝ついても寝返るたびに痛む。
朝まで何とか寝たのに、頭のどこかに痛みが残っている。
こんな事が繰り返し起こる。

頭痛は本当に辛いです。

そんな私でしたがトントン骨調整法を習い始めた頃、当時の院長であった父が
「どれどれこっちにきんさい」と言い
トントンしてくれました。
習い始めた頃はまだ私もトントンの威力を理解していませんでしたが、不思議に痛みが消えてしまうので「何でだろう?」と思っていました。
そういう事が2回くらいあってからというものあれ以来頭痛で悩むという事が無くなりました。

今は当時なぜ私の頭は痛みがあったのか分かります。要は頭の形が悪かったという事です。
子供の頃、私の「あだ名」は「食パン」もしくは「ベース板」でした、つまり四角だったのですね。
あだ名になる程四角かったのかと思うとショックなんですが、そうだったんですね。
四角だったということは、かなり酷い絶壁頭ということです。鼻は低かったし受け口でした。太陽の光が眩しかったのでいつもしかめっ面をしている写真があります。
そんなに歪んでいたので頭痛が起こっていたのでしょう。
でも今は四角くありません。
ホームページのトップページの画像を見ていただいたら分かる様に、いい感じ?かな。

頭痛になるのは必ず原因があります。
頭の形が悪いからです。
当院に来られる頭痛を訴える患者さんは皆さん形が悪いです。
でも心配はありません。
必ずいい形になりますし、それに伴って頭痛は綺麗に消えます。
顔が変わったことにも気付きますよ。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  

手荒れが改善

寒い季節です。
こんな時期は水仕事をされる女性の方は気を使いますね。子育てに追われて自分の身の回りより子供が第一、女である事を忘れてしまうと言うこともあると聞きます。
でもいつも綺麗でいたい。
いつもさらっとした綺麗な手でいたい。
そんな望みとは裏腹にカサカサ、ガサガサな手になって、ひび割れて血が出て痛い思いをしている人がおられます。
こんな時期だから仕方がないかと、何とか色々やっても効果が出ないといって悩んでおられる人多いかも知れません。

トントン骨調整法で改善します。

皮膚の病気なので骨とは関係がないと思われるかもしれませんが、実は骨です。

手首や肘の関節、前腕骨、手の指の全ての骨の形が悪いのです。
皮膚の荒れ方が酷いところほど骨が変形しています。
逆に考えればそれ程変形しているのでひどく肌が荒れたという事です。

今日、家事育児に追われて頑張っている若奥様の施術をしました。
酷い手荒れでカサカサ、あかぎれにもなっていました。
この人の場合、
○手首が細過ぎる。
○全腕骨が伸びています。
○指の関節が太くなっています。
○右の手の方が酷く、左手は幾分軽いです。
左右差があるのは歪み方が違っているからです。
○指の全ての関節が膨らんでいます。

このように歪んでいました。
骨が歪むと筋肉はひきつります。ですから筋肉は細くなるのです。
細くなれば血管も細くなり血液が流れにくくなり皮膚に栄養や酸素が供給されにくくなり荒れてくるのです。

この人は調整の後、手がしっとりとしてきて
「手がさらっとしてきました」
と喜んでおられました。調整された分だけ今後皮膚の状態は改善されていきます。
一回で完治はできないかも知れませんが、今後すっかり良くなる時がきます。

*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  


プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード