へバーデン結節の調整

これは調整前の写真です。
人差し指が痛んでいる指です。
動かすと痛いということでした。
小指は曲がっていますが、これは結節ではないみたいでした。
痛みはありません、今までに痛んだこともないということです。
母親もおばあちゃんも曲がっているということでしたから、遺伝かも。

問題は人差し指です。
痛みがないように調整することと、真直ぐな指にするということです。
第一関節が太い感じがします。
骨がつぶれて大きくなっているのです。
へバーデン結節ビフォー

へバーデン結節アフター ↑
この写真は調整後です。
比べやすいように、写真を近づけてみました。

もっと大きな変化のある写真が撮れたらと思っていたのですが、
見てもなかなか変化がわかりづらいです。

・多少人差し指の形が真直ぐになっているかなという感じでしょうか。
・曲がりが少し緩やかかな。
・太い感じがなくなっているかな。
・全体的に赤かった指が白くなっています。

色が白くなっているのは血行が改善したからです。
血行が悪いと血液が滞って赤くなります。

写真では解らないのが残念なのが痛みがないということです。
痛みはきれいに消えましたので、本人は喜んでいます。
指が真直ぐになるのはもう少し調整が必要です。



ばね指 改善

「手を握ってみてください。」

とお願いしますと、ピコッ、ピコッ!と指がはねる方がいらっしゃいます。
手を開こうとしたら、一本あるいは二本の指がはねるのです。

これはばね指といいます。

痛みのある人もいますし、痛くない人もいます。
でも、なんだかいやな感じがするという人がほとんどです。
ひどくなりすぎて、指が動かなくなってしまう人もいます。


今まで何人ものばね指の方の調整をしました。
民間でもいろいろなばね指の治療法が言われています。
しかしなかなかうまくいかないのも実情です。

ばね指は指の関節がつぶれてしまうほど、他のどこかの歪みが影響しているということです。
この意味がお分かりになりますか?
つまり、ばね指の原因はばね指になっているところにはないということです。
もちろん、日ごろの生活習慣が悪いということもありません。

指をよく鳴らすからいけないとか。
子供を抱くことが多いからなるとか、いろいろな説がありますが、
要はこれらのことはきっかけに過ぎないということです。

原因はその人の手首や肘にあります。

手首が異常に細いと靭帯がきつくなります。そうすると指の靭帯がきつくなります。
指の靭帯がきつくなると
関節がつぶれてしまって、ばね指になります。

肘に原因がある場合もあります。
これも同じメカニズムで、ばね指の症状を引き起こします。

ばね指になる原因は骨のゆがみです。
手首や肘の関節などの歪みを調整してやることで、ばね指は改善します。

ただ、一回ですっかり改善するということは難しいですね。
それは骨のゆがみの量や、骨の硬さなどによって、1回に動く骨の量が決まっているからです。

何回かの調整で、よくなっていきますよ。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。

赤ら顔 改善

おてもやんじゃないですが、
ほっぺが赤くなっている人見かけます。

頬紅を塗っているわけではないのですが、ほっぺがいつも赤いのです。
寒いと特にほっぺが赤くなります。
また緊張するとすぐほっぺが赤くなってしまう人もいます。

好きな人の前にいるとドキドキして顔が赤くなるのはまた違うかもしれませんが、

ナニ?そんなに純真じゃないって、今はもうすれてしまって、そんな時代はとっくに過ぎてしまった。
そうですね、私もそんな時は過ぎてしまったかも。
でも、今でも奥さんといれば、ドキドキときめきます。
まあ、今はそれは置いといて。

顔の赤くなる話に戻します。

顔が赤くなるのは、頬のところの血行が悪いということです。
エーッ!赤いのに血行が悪いですって??
と思われるでしょうね。
実はそうなんです。

血行不良が、赤ら顔の原因です。
多くの場合に、
●ほっぺのところの骨が凹んでいます。
●顎がしゃくっています。
●鼻が低いです。
●おでこが出ています。
頬骨が引っ込んでいるので血行が悪くなっているのです。
血液が滞っているという状態ですね。

顔の形を調整して格好良くしたら、赤ら顔は改善します。

今までに何人もうまくいっていますのでこれからもうまくいくと思います。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。


パンな一日

ままです!

3年前にホームベーカリーを買ってからは、すっかりパン屋さんに行かなくなりました。
それでも、たま~にたまらなくなって行くのが東広島のパン屋さん

ラパン←「広島のパン屋さん」の記事

先日も買い込んで来ました。
どんなにたくさん買っても次の日までにはすべて消化してしまう・・・

今回のヒットは「マロン」と「リーフ」でした。
写真なくてごめんなさい。食い意地の方が勝つのです。

そこで、我が家のラパンツアーの実況をば・・・

1、朝10時半、友達と一緒に海田町にある治療所を出発

2、11時過ぎ「ラパン」に到着

3、ショーケースを物色し、購入

4、お庭にあるベンチでマイビタミンジュース、パンをいただく

5、約15分後、再び店内へ・・・焼き立てを購入

6、お庭のベンチでいただく

7、約15分後、再び・・・を繰り返す

そんなこんなで一時間半ぐらい遊んで、お腹もいっぱい、お土産もいっぱいで
帰途に着きます。
その間、お店に出入りするお客様の多いこと・・・

途中、「売り切れるんじゃないか!」とあせってドアの前に並ぶことも・・・

何度も出入りしている妙なお客がいたら、「トントンままさん?」と
声をかけてくださいね

我が家のお気に入りは、
4男坊 クリームパン
3男坊 クロワッサン
次男坊 カシス

長男は私と好みが似ているので、パンでもドーナツでも何を買ってきても
私が食べようと思っていたものをチョイスしている
うれしいような、悲しいような・・・



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。

歯ぎしり 改善

夜中にギリギリと歯を鳴らす。
目が覚めているときには早々出来るものではありません。

とても強い力で歯をこすり合わせていると言うことです。
寝ているときにはどういうわけか出来るのです。不思議ですよね?!

歯ぎしりは、周りの人にとっていいものではありません。
もちろん自分にとってもいいものではありません。
歯が磨り減ってきますから。
気になる人は病院にいってマウスピースなるものを処方されて夜間ははめています。

実はこれは少しも改善になりません。
マウスピースをつけていれば、歯が磨り減ることはないですが、歯ぎしりはなくなりません。

この前、歯ぎしりをする男の子の調整をしました。
毎晩歯ぎしりをして、家族の人が心配して連れて来たのです。

この子のゆがみの特徴は、
★後頭骨が凹んでいる。
★耳の後ろの骨が前によっている。
★咬筋(顎を動かす筋肉)がきつい。
★顎の骨に横線が入っている。
などです。

これは、咬筋が異常にきつくなっていることを表しています。
咬筋がきつくなっているということは、毎日24時間ずっときついということです。
ところが昼間はどうやっても歯ぎしりすることはできません。

では何故夜に歯ぎしりするのでしょうか?

昼間は、しゃべったり、食べたり、笑ったり、等でずっと顎を動かしているために
血液が常に滞りなく流れていますので、筋肉がきつくてもある程度柔軟性を保っています。

ところが夜は、このようなことがありません。
つまり、ほとんど口を動かすことがないのです。
動かさないので、血液の流れが阻害されて、
血行が悪く血液が滞ったような状態になります。

すると筋肉がギュッと引きつってきます。
筋肉は引きつることによって血行を改善しようとするのです。

この状態は、夜中にふくらはぎの筋肉がつる、こむら返りの状態と同じです。

筋肉が異常にきつくなって昼間には決して出来ない歯ぎしりをしてしまうのです。

歯ぎしりの調整は、顎の形、頭の形をきちんと整えてやることです。
頭の形がすっかりよくなったら、歯ぎしりはなくなって
夜は静に眠ることができるようになります。





埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。

文字をうまくかけない人。

ハーイ、私です。

チャウチャウ、そういう話ではありません。

今は定年退職されていますが、以前は事務職で長い間働かれた人が来られました。
昔は今のように、パソコンを使って事務処理をするようなことはなかったそうです。
みな手書きで、何枚カーボン紙もはさんで6枚くらいの複写していたそうです。
ですから、力を入れて文字を書くことが習慣になっていました。

ところが定年してから、いつも使っていた、右の手が力が入らなくなったのです。
それでこのような文字しか書けなくなってしまいました。
文字をうまくかけない人
この文字の特徴は円の部分、つまりカーブがスムーズに描けないのです。
これは精一杯書いているのです。
調整前よりも良くなったというのですが、私はどうも納得できませんでした。

どこに悪いところがあるのか、尋ねながら探していきました。
すると右手の人差し指の第二、第三関節の間の骨が変形していました。
触ると痛いといいます。
この骨が凹んでいました。手首にも歪みがありました。
このために、人差し指の動きが制限されて、スムーズな動きが出来ず、綺麗なカーブが描けなかったのです。

この指を丁寧に調整しました。
その結果がこの写真です。
文字をうまくかけない人
まだすっかり綺麗な字が書けるようになっているとはいえませんが、本人は
「違います!」といわれました。

よく見ると、カーブが滑らかでしょう?!

次回はもっと改善することでしょう。

このような調整には細かい観察が必要です。
どのような小さなゆがみも見逃しません。
必ず見つけていきます。
ほんのわずかな歪みでも、それが機能に大きな影響を与えるようです。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!よろしくお願いします。



爪をかむ癖 その4

この前、二歳の女の子がお母さんに連れられてきました。

この子は、爪をかむ癖があります。
手も足もです。
両手両足の爪がきれいに噛み切られています。

二歳の子供でも爪をかむのですね。
大人も不思議な気がしていました。
だって、もう大の大人ですから分別をわきまえていますので、しないだろうと思うからです。

でも、逆に二歳の子供でも噛んでいる。

驚きです。
この子の手をよく観察してみました。

★指先が赤くなっています。
★指を横から見て爪の方が低いです。爪が反った感じです。

手も足も上のような状態になっています。
このような子供に言って聞かせても改善は見込めません。
大人でも不可能なんですから。

このように最近爪を噛むことが、骨のゆがみに関係があるということがはっきりしてきました。
爪を噛む人に共通していることがあることに気がついたのです。

★に有るような状態を改善してやると、爪をかむ癖が少なくなってやがてなくなるようです。
その人に特有な癖、
回りは何とか止めさせようと躍起になってもうまくはいきません。
言えば言うほど、悪くなるということはないかもしれませんが、どうやっても改善は見込めません。

爪を噛むのは癖ですが、実は病気でもあるのです。
命に別状のある病気ではないですが、やはり病気です。

しかし、骨の形を変えて調整していくことで改善しますので、
もしお近くに指の爪をかむ癖のある人がいらっしゃいましたら、
そういう目でやさしく見てあげてください。
それから、上にあるような特徴があるかどうか見てみてください。

指の形を調整したら、この癖はなくなります。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!よろしくお願いします。

西国街道ウォーク断念

楽しみにしていた西国街道ウォーク、
のっぴきならない用事ができてしまって参加を見合わせました。
残念ですが仕方がありません。

今回は海田市駅から、廿日市駅までの西国街道を歩くコースで、
27kmでした。
子供も参加の予定でしたが、
子供もまた他の用事が入ってしまって残念ながら不参加。

私は他の用事で不参加。

今年はこれで、イベントへの参加はおしまいのようです。

来年は長崎でおこなわれる105kmラリーがありますので、
これが来年の一番の楽しみです。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!よろしくお願いします。

夜尿症 改善

寒くなってきました。
昨日は治療所の外気温が5℃、私の車の窓ガラスが凍っていました。
治療所よりも私の家の方が高いところにあるために、気温が1~2度低いのです。

このように、気温が下がって寒くなってくると、夜尿症の子供を持っている親御さんのつらい時期になってきます。

やっぱり寒い時期は夜尿が起こりやすいと思います。
それに、みかんの季節でもありますので、みかんをたくさん食べたりするとなおさら夜中におしっこが近くなってきます。

夜尿症は病気ですから、言って聞かせて改善するものではないようです。
夜中におしっこがもれる前に起こしてトイレに誘導したりもします。
しかしこれでも改善することは難しいです。

夜尿症は骨の歪みが原因で起こります。

夜尿症の人の歪みは
骨盤にあります。
骨盤の形を調整したら、夜尿はなくなります。

この前、小学生の子供が夜尿症ということで調整に来ました。
何回か調整しました。
今ではすっかり夜尿がでなくなっています。
お母さんは大変喜んでいます。



埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。

ラパン

ままです!

今から東広島にあるおいし~いパン屋さん「ラパン」に行ってきます。

ひさしぶり~、楽しみ~




埼玉ブログにも登録しました。
ポチッ!お願いします。

申告漏れ   

こういったからといって、税務署のブログではありません。

整体ですので、調整に来られた方はカルテに症状を書いてもらいます。
出来る限りわかる範囲で書いてもらいます。
過去の病気,過去に遭った事故、など
何でも書いてくださいとお願いするのですが、どうしても書き忘れがあります。

来られた方は今一番気になるところを良くして欲しいので、そのことだけを書くのです。

整体と言えば、骨ですから、肩こり、腰痛、肘痛、膝痛、腰痛、など
およそ骨に関係のあると思われるような病気しか改善しないと思っています。

目や耳、鼻などの感覚器官、ホルモン等の分泌器官、皮膚の異常、
循環器系、消化器系、感染症などなど
このような病気は整体とは無関係と思っている人がほとんどです。

ですから、このようなことは書かれないのです。
これらのことも書いていただけると違和感が無くなるように調整します。

この前

高齢(80歳)の方が調整に来られました。
カルテには腰痛しか書いていません。
私「高齢なのにたったこれだけしか病気をお持ちじゃないんですね。100歳まで充分生きられそうですね。」と話しかけました。
すると出てきました。

「前に膝が痛かった。
喘息もある。
高血圧もある。
腎臓が悪い。」

やっぱり!!!
調整していながら、これだけ歪んでいたら、このような病気があって当たり前なんだけどな
と思っていました。

話を聞いていくうちに次々と申告漏れが発覚します。
申告漏れがあっても大丈夫ですが、調整している私は、そこのところは簡単に調整しスルーしますので、残ってしまいます。
歪んでいても痛みや違和感を感じないことはよくあることですので、
申告がなければスルーします。

違和感があってもスルーされてしまうと、患者様にとってはいいものではありませんので、
出来るだけ詳しくわかったほうがいいです。

当院に来られましたら、
可能な限り、解る限り、過去のことを思い出して書いてください。
それらすべてが、今日の調整に役立ちますので。

思い出せなかったらいいですよ。

お話をしながら施術をするのは大好きなんで、お話の中から
「あーっ、こんなのがあった」でもいいですから。
それもまた楽しいですので。



ピザを喰らう会

ままです!

初めてのオフ会

美味しいピザが食べられると言うことで、迷わず申し込んだものの、
その日が近づいてくると、とってもドキドキで・・・

だって、会った事も、話したこともない人たちと一緒に食事しておしゃべりするなんて、
なんだかお見合いみたいじゃないですか
(お見合い経験ないんですが)

しか~も、私の大好きな美味しい系の記事を書いていらっしゃる有名どころがわんさといらっしゃる


それでめまいを起こしたのか、当日は大遅刻
最悪な第一印象を与えてしまいました。
みなさん、ごめんなさい

美味しい写真は上手な方がたくさんアップされているので、そちらをご覧ください。
素敵なアレックスさんと奥様にもお目にかかれましたし、
幹事のKumaさんはドン臭い私にもソフトだし、
みなさん、ブログから私が勝手に抱いていたイメージと違って、誰が誰やら想像つかず・・・
(おたがいさまですよね)
とってもスリリングで、主婦生活では味わえない新鮮な時間でした。

本当にありがとうございました~

次回は仕事をおっぽってON TIMEで参加しますので、またよろしくお願いします。
(院長よごめん ままは、囲いの中では生きていけないんだよ

爪をかむ癖 

爪を噛む癖のある人が来ました。

この人はまだ子供です。
今回で7回目の調整でした。
もちろん、爪をかむ癖をなくすることがメインで調整に来たのではありません。

これはあくまでもおまけです。

はじめ来たときにこの子の癖のことは知っていました。
手だけではなく足の爪も噛むのだそうです。
お母さんは「このこの爪は今まで切ったことがありません」とのこと。

一番最近の状態は
「最近はだいぶ爪が伸びてくるようになって来ました。」

見ると、爪の先が白くなっています。伸びていると言うことです。

まだ噛んでいない!

指の先をよーく見てみました。
まだ、歪んでいます。
指の先がどの指も赤い、ちょっと膨らんでいるようです。
第一関節が歪んでいるようです。
指が赤いと言うことは血液の流れが悪くてうっ血していると言うことです。

今回、この点に気をつけて調整してみました。
すっかり爪をかむことがなくなる日が楽しみです。



埼玉ブログにも登録しました。
皆さんポチッ!お願いします。

アレルギー性鼻炎改善

エアークリーナー
この写真は当院に来られた人はみたことがあると思いますが、空気清浄機です。
大きいですよね。高さが170cmあります。
感染症予防の為に入れました。
すごく性能がいいのだそうです。営業の人の話だとNICU(小児科の集中治療室)においているものと同じものだとか。花粉やほこり微生物まで吸引してくれるとか。
新型インフルエンザにいいかどうかは解りませんが、空気を綺麗にしてくれます。





アレルギー性鼻炎の人は毎日つらいですよね


花粉症の人は、花粉の時期だけつらいのですが、アレルギー性鼻炎の人は年がら年中
鼻をぐしゅぐしゅさせています。

花粉症とアレルギー性鼻炎を分けるのは変です、アレルギー性鼻炎の中に花粉症が含まれるからです。あえて今回は花粉症以外の人のことで書いてみます。

原因はいろいろあるようです。
◆ハウスダスト、
◆カビ類
◆動物の毛
◆寒暖の差 など

これらの原因になる物質を吸い込んだときに鼻粘膜で起こる過剰な免疫反応が
アレルギー性鼻炎です。

アレルギーの原因になる、アレルゲンを吸い込まなければいいということになるのですが、
なかなか避けきれるものではありません。
目に見えないものが相手ですから。

でも体の中に入ってくるこれら原因物質に対して、過剰な免疫反応が起こらないような体になれば
どうでしょうか?!

それは可能です。
要は血液の流れです。
血液が充分に流れているところには異常は起こりませんので、鼻の中に血液が充分に流れるような環境作りをしてやればいいのです。

ここでトントンの出番です。
鼻炎は鼻の病気ですから、鼻の形を調整してやるのです。
多くの場合、鼻が引っ込んでいますので、鼻を前に出してやるのです。
鼻が引っ込むと鼻の付近の血行が悪くなります。
鼻が前に出てくる、つまり鼻を高くしてやるのですが、
そうすると鼻の異常が消えます。

鼻の異常が消えて、おまけに鼻が高くなったらいうことはありませんよね。

水着には気をつけて!

今日のことです。
研修会がありまして、大阪と福岡の先生が来られまして、いろいろと話し合いました。

その中で、もうずいぶん長い間調整に来られている患者さんのことであることが分かりました。
この人は女性ですが、二ヶ月か三ヶ月に1回メンテナンスもこめて調整に来られます。

毎回来た時に思うのは

大腿骨の付け根のところがひどくくびれているのです。
お腹は大きく突き出ているのですが、ももは極端に細くなっているのです。

何故??毎回ここの所がこんなに歪んでいるのだろうと思っていて、
今日分かりました。

患者さんとお話しながら調整していたときに、
週に3回プールに行っていると言われました。
一回が約40分前後の時間を入れれば一時間はずっと履いていることになります。

水着がきついのです。
水着の太もものところが極端に細いのと、水着の生地そのものに伸縮性があるために
骨盤が周りから締め付けられて、めり込んでいるのです。
ですから、何回調整してもいつも骨盤がやたらと狭いのです。

このことが原因で、体の調子が本調子になかなかならないのだと分かりました。

プールで歩くこと自体は問題はないですが、
プールに入るために着用する水着が実は体をゆがめていたということですね。
プールでの運動は水の抵抗があって膝や腰が痛い人にとってはいい運動になると思います。

しかし、きつい水着を着用しての運動はかえって体を壊してしまいますので、
気をつけたほうがいいです。

ワンサイズ上の水着に代えてもきついくらいかも、ツーランク上の方がいいかも。
どちらにしても、きつい水着を着て歩くくらいならまだしない方がいいかもですね。

陸上をウォーキングしたほうがいいです。

トントンで調整しても、きつい衣服を着用したままですと、
二時間で、すっかりもとの骨に戻ってしまいます。


↑埼玉ブログにも登録しました。
  ポチッとよろしくお願いします。

長いつむじ?あるんですね~

つむじって広島弁で「ギリ」って言うんです。
研修生のKさんは関東の人ですが、ギリって知りませんでした。
栃木の患者さんも知らないんだって。

私はギリの方が言いやすいですが。(笑い)

この前、頭の調整をしていて面白い形のつむじを見つけました。
巻いていないつむじ!

普通つむじって、台風の渦のように巻いていますね。
しかしこの人のつむじは枝が出たように長いのです。
頭の後ろから、おでこまで一本の筋になってそこから髪の毛がはっきり左右に分かれます。
一見はげたようにも見えるのです。

これが厄介で、この人はこのために、髪の毛のセットがうまくいきませんで、
美容師さんも「ここがうまくいきませんね。」と
悩ませます。

このような人は一人や二人ではありません。
何人も見ました。
今までは全く意識しないで調整していました。
頭を格好良くするんだと念じながら。

でもよくよく見ると、この長いつむじはゆがみの表れだったんです。

面白いのは、頭の形が整って格好がよくなると、長いつむじはだんだん薄くなっていくのです。
おでこの方から順番に短くなっていって、髪の分かれ目がだんだん不明瞭になっていきます。

つむじは歪みと関係があるということは前に書きましたが、
このように面白いこともあるのですね。

トントンすると面白い発見をいっぱいします。
毎日新しい発見があって楽しいです。


↑埼玉ブログにも登録しました。
皆さん遊びに来てください。

落選でした。

14日のハウスバーモントファミリーウォークは
見事落選。

二年連続の落選。
今年は何人の応募があったのか教えてくれませんでした。

来年も懲りずに応募してみます。

21日の西国街道ウォークを楽しみにします。



↑埼玉ブログに登録しました。
 みなさん遊びに行ってみてください。

100円ドーナツ

ままです!

我が家の末子「あちゃぴ」君の大好物は
ミスタードーナッツ

100円セールのチラシを見つけると
「100円ドーナツ行こうか!」とまるで自分が連れて行ってやる
みたいな口調で誘う。
しかし、目は媚びている。

11月3日からまたもや100円セールがあったので、しかも、新製品が9つもあるということで、
行ってきました。夜の幟町ミスド

街中なら品揃えがいいかと思って、わざわざ幟町まで行ったのですが、
新製品全部はありませんでした。
で、買ったのがこれ

100円ドーナツ

いったい何人家族ですか!
ってぐらいありますが、新製品は4種類わっかるかな~?

、新製品は全部いまいちだった
何でこんなにまずいの(すみません、主観です)
前からあるもののほうがずっと美味しいじゃない
新しくなくていいから、美味しいの売ろうよ

涙のままの側で、あちゃぴ君は大喜び

お店入るときも

「100円ドーナツだ!やった~(*^o^ *)/~

やめてくれ~、100円の時しか来ないのがばれる

へバーデン結節 改善

この聞きなれない名前の病気ご存知の方もいらっしゃると思います。
でも知らない人はいったいなんじゃとお思いかもです。
下の写真がその症状を表しています。
へバーデン結節
見てのとおり、指が曲がって変形する病気です。

原因として一般に言われているのは
◆仕事柄女性に多い(裁縫、パソコンなど)
◆腱鞘炎などのように、手指の使いすぎ
◆女性ホルモンの関係から、女性で手作業を頻繁に行なう方に多い疾患
などなど

指の使いすぎということでこうなったんでしょうかといわれて調整に来られる方が多いですね。

私が思うに、へバーデン結節は指の使いすぎが原因ではないと。
もちろんホルモンも関係がないです。
男性にもへバーデン結節の人はいます。

トントンすればこのように指が曲がった状態も改善します。
曲がっている程度によっては一回での改善は難しいですが、何回か調整すれば元のような指になることができます。

指が曲がっているのですが、原因は意外なところにあります。
多くの場合、肘あるいは手首にあります。

肘や手首が先天的に歪んでいるのです。
この先天的なゆがみが元で
指の関節が手首のほうに引っ張られることによって指の関節がつぶれるのです。

このゆがみを調整すれば、へバーデン結節は改善します。

駅に?

ままです!

寒くなりましたね。
常に車で移動の生活ですが、昨日は子守をしてくれる院長の為に車を残し、
久々の電車で廿日市に行きました。

滑り込みで海田市駅に着き、岩国行きの電車を待っていると、
吹きすさぶホームに到着のベルが鳴り、唯一ホームの黄色い線より中側に立っているのは・・・

<警備員さん(―^^―;;;)>

なんで~?

駅員さんも派遣制度になったの???
そんなのこわくないですか?

帰りの廿日市駅は、ちゃんと駅員さんでした。 ほっ・・・


風邪 改善

最近、急に寒くなりました。

今朝の施術所の外気温が5℃
昨日が6.5℃。

バイクでの通勤は寒さが身にしみます。
きのう家内が私のために買ってくれたフリースが暖かくてこの寒さにぴったりです。

このように寒くなってくると、お風邪を召す方が増えてきます。
当院にご予約をなさって、予約の日がち近づいたある日、

キャンセルの電話が入ることがあります。
「すみません、風邪を引いてしまったのでキャンセルしたいんですが・・・」
このような時には
「どうしても歩くことが出来ないでしょうか?」
「もし歩くことが出来ないようでしたら仕方がありませんが、もし歩けるなら、来たほうが早くよくなりますよ。」とお話します。

一般に指圧や、マッサージその他の施術では、風邪を引いている人は施術できないようです。

しかし、トントン整体では特に風邪を引いているときには施術をおすすめしています。
というのは、
風邪を引くと熱が出ますが、そのときに悪寒が走ります。
悪寒が走るときには、体温が高くなるときで悪寒が治まったときには熱が高くなっています。
悪寒の出る場所は人によって違っています。
◆背中がぞくぞくする人
◆肘の関節がだるく痛む人
◆膝がだるく痛む人
◆腰の辺りがぞくぞくする人
◆頭が痛む人
など。

この一つや何箇所も痛む人、また全身がぞくぞくする人などです。

風邪を引いているときには、このように悪いところがはっきりと解りますので、
この違和感を感じているところを調整していくのです。

ぞくぞくしているところを改善してやればいいのです。
調整していくと、このぞくぞく感がなくなってきます。
ぞくぞく感がなくなったら、体温が下がってきます。

歪みのひどいところが悪寒の出ているところです。
この歪みを調整して行きます。

調整がうまくいったら、以後風邪を引かなくなります。



.うけ口改善

顎の形の悪い人がいらっしゃいます。

●エラの張っている人。
●顎がしゃくっている人。
●下顎の小さい人
●出っ歯の人
●お猿さんのように尖った口
●受け口の人

この中で受け口の事について書いてみます。
受け口の人は、上あごが小さいようです。
鼻が引っ込んでいます。
頬骨も引っ込んでいます。

最近このような人の調整を行いました。
受け口の人の歪みは

頭が膨らんでいるようです

絶壁とは全く違った歪み方をしています。
後頭骨が大きく膨らんでいます。
一般に、頭の後ろが膨らんでいたら、格好のいい頭と考えがちで、
「この子は頭の形がいいね」
といわれて育っていると思います。

確かに絶壁よりは見栄えがいいですね。
ポニーテールも格好良く決まりますしね。

でも、膨らみすぎてもいけないようです。
私は最近このような歪みの調整をよくします。
膨らんでいるところを一番いいところまで調整したら、顔の状態が格段によくなります。
上記にあるようなあごの歪みが綺麗に調整されていくようです。

ハウスバーモントファミリーウォーク

今月の14日に迫っている宮島のウォークです。

なかなか当落の連絡がきません。
今年はいったい何人の応募があったのやら。

バーモントウォークの事務局に電話してみました。
明日あさってのうちに当選の方に連絡が行くということです。

当日は土曜日ですので、落選の場合には、仕事になります。  
早く分からないと、来院しようと思っていらっしゃる患者さんにご迷惑となりますので・・・
子供たちも楽しみにしていますので、当選したらいいな~。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード