スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローウィンパーティー

夕べ私の行っている教会でハローウィンパーティーがありました。
英会話のクラスのみなさんのために計画されたものです。

英会話のクラスの方だけでなく、沢山のお友達の方も参加されて、
とてもにぎやかなパーティーになりました。
ハローウィンということですので仮装しての参加です。


この子は我が家のアチャピ
最近スターワーズにはまっていまして、彼はルーク・スカイウォーカーが大好きです。
それでこれ、ルーク・スカイウォーカーです!!
ライトセーバーは自転車の空気注ぎです。
彼はなりきっています。
ルーク・スカイウォーカー

5年生の息子がモデルです。
トイレットペーパーを体に巻きつけています。
ミイラになるはずです。時間制限があるので、必死に巻いてもらっています。
ミイラ製作中

トントンままです。
アダムスファミリーのお母さんに仮装しているのだそうです。
私はこの映画を見たことがないので、どれくらい似ているかはわかりません。
仮装


今年も私は仮装しませんでした。
いつも仕事がぎりぎりになって、「仮装の事考える暇がない」っていう言い訳。

仮装している人たちはとても楽しそうでした。
帰る道すがら、家内が「来年は仮装する気になった?」って優しく訊きます。
う~ん、そうだな、

来年は仮装してもっと楽しもうー!  
と思いました。



スポンサーサイト

頚椎の椎間板ヘルニアの調整(うまくいかなかった例)

首の違和感は結構つらいものがあります。

首、肩が痛いと、疲労感もひときわ強いようです。
頚椎のヘルニアが有る人は、手がしびれる人が多いですね。

手がしびれるので、病院に行って、検査したら
「頚椎の椎間板が潰れて飛び出しています。ヘルニアになっていますね。」
といわれます。

一般的には頚椎が潰れてヘルニアになっているので神経が圧迫されて手がしびれると考えています。
しかし、トントン整体では逆だと考えています。

手の歪みがあるので、椎間板が潰れるのだと考えています。

実際に手術でヘルニアをとっても、再発するケースが多いです。
ヘルニアになる原因を取り去っていないので、手術をしても椎間板が潰れてしまうのです。

この間、頚椎のヘルニアの男性が調整に来ました。

この人の歪みの特徴は
●右の肩、上腕に指圧の痕が沢山ついています。
●肩甲骨が肋骨にめり込んでいます。
●肋骨が膨らんでいる、はと胸の状態です。
●骨盤の縁、腸骨稜がめり込んでいます。

この人の場合、この中の骨盤の変形が一番大きな問題でした。
上腕の指圧の痕は丁寧に掃除していきましたが、それだけでは違和感は消えませんでした。

こういう時はどこに原因があるのだろうとしばし考えます。
考えられるところは皆消していかなくてはなりません。
せっかくトントン整体を頼ってきてくださったんですから、
変化を感じていただかなくては残念です。

骨盤のほうを検査してみました。
すると、腸骨稜がめり込んでいるのを見つけました。
このことをお話しすると、電気関係の仕事をしていたので
腰に重い道具を常に下げていたということ、それで腰はいつも締まっていたといわれました。

それで解りました。

骨盤の調整をしました。
症状がだいぶ減りましたが、
肩の違和感はまだ全部は取れませんでした。

骨盤をもっと綺麗に調整しなくてはならないようです。

この人の場合は、手ではなくて骨盤が主な原因だったようです。

このように、その日に消えるはずの症状が消えないときもあります。
このようなときには残念な気持ちがしますが、
歪みが多すぎる場合には仕方がないこともあります。

でも大丈夫です。
日を変えて調整すれば改善するはずですから。


ままです!

今日は営業で外回りして来ました。
明日のハロウィンパーティのために「ゆめタウンみどり店」に黒ロングスカートを買いに寄り道。

そこで見つけたのがこの甘め~
timtam

これはORIGINAL
中はこんな感じ
timtam





ゆめタウンに行くと必ず寄る海外物の食料品店「カルディ」さんで見つけました。
いつもわくわくしながら回ります。

オーストラリアで人気ナンバーワンのチョコレートクッキーということで、
いかにも太りそうな写真に一旦は戻したものの、
レジに向かったところで若いご夫婦連れが

「これおいしいんよ~」と悪魔のささやき・・・

くっとこらえることが出来ずに3種類も購入
帰って院長とみなさんとで食べました。
濃厚で、リッチな味わいに満足!
外国物のチョコの嫌味っぽさがまるでなし!
オーストラリアNO.1に納得!

これで一つ298円は安い!

前に買ったバビのぶち高いウエハース(2口1100円)よりずっと私向きよ~

トントンままの趣味

私は、この前しまなみ海道を歩いてきましたが
最後のほうは足が痛くてやっとの思いでゴールしました。

帰って足の裏をよーくみると、大きな水ぶくれが出来ていました。
左の第二指(人差し指)の付け根のところに大きなのが一つ。
親指の裏、小指の裏に一つ。
右の小指と薬指の裏に一つずつ。

こんなに水ぶくれが出来たのは今までにないかもです。

破らないでそのままにしていましたら、2日ほどで水は吸収されたので
すっかり治っていたと思っていました。
もちろん痛みも何もなかったのですが、最近気づいてみたら
足の裏の皮が浮いて真っ白になって剥げかかっています。

夕べ、

それを見つけたトントンまま、

「どれ、見せなさい(笑)」と

にんまりして私の足を目の前において、足の皮をむき始めたのです。
トントンままはこれが大好きです。

夏に海に行って日焼けして背中の皮がむけ始めるとニコニコしてむいてくれます。

夕べはそれよりももっとひどい状態だったので
すごく楽しんだみたいです。

そばで見ている子供も、「僕もやりたい。」

トントンまま「だめ!!これはお母さんの!」

猿のグルーミングの状態です。
私もむいてもらうのは好きです。

気持ちいいですよね。

そう思いませんか?

脊柱管狭窄症改善

脊柱管狭窄症は厄介な病気と一般的に考えられています。
なかなかよくならないからです。

手術しか、打つ手がないようです。
長い間かかってだんだん悪くなっていって、
最終的な手段で手術になるケースが多いと思います。

狭窄症ですから脊柱管が狭くなっているわけです。
狭くなっているので、神経が圧迫されて痛みやシビレが出ます。

最近の手術のことはよく知りませんが、

脊柱管をたてに切り開いて狭くなっているところを広げてやるみたいです。
しかし、そのままの状態ではまた広げたところが絞まってきて、狭くなりますので、
症状がぶり返してきます。

つまり再発です。

これを防ぐために
切り開いたところに、骨盤の骨を削り取ってはせこみます。
すると狭くはならないので神経の圧迫はなくなりますので、よくなると考えられています。
でも、多くの場合、手術をしてもよくならないことが多いです。

このような状態になってトントン整体にこられる方が結構いらっしゃいます。
どこに行ってもよくならない人が
「騙されたと思って行って見なさい。」
と人に言われて半信半疑でやってきます。

調整は他の病気を調整するのと同じです。
脚から順番に悪いところを変えていきます。
足の指、足首、膝、すね、大腿骨、股関節、骨盤と言う感じで形をよくしていきます。

骨盤の形を正しくしていくと、狭くなっている脊柱管が広がってきます。
一旦形が正しくなったら、元には戻りませんので、
狭窄は改善します。

ただ問題になるのは、狭窄の手術をしたときに、他の骨をはせこんでいる場合です。

あるべきはずのない骨があるために、筋肉の長さと骨の長さが揃わないのでなかなかうまく調整できないのです。
このような場合、改善に時間がかかります。
これは仕方が有りません。
良くならないかもしれません。

骨を切ったり張ったりするとよくない場合が多いです。
顔の美容整形でも同じです。
あるものを削ってのけたり、継ぎ足したりすると、調整がかなり難しくなります。


冷え性 改善

だんだん寒くなってきました。
昼間はまだ時には暑いくらいですが、
朝晩はめっきり寒い日が多くなりました。
子供たちは体温の調節が下手なのか、夜中は布団をはねのけたりして
風邪気味になったりします。

大人の皆さんも、この時期寒さが応える人が多くなります。
特に「私は冷え性です」という人たちにとって大変な季節になってきました。

「冷え性」
女性のトレードマークのように女性に多いですね。
「冷え性でないと女性でない!」・・・・・イエイエそんなことはありません。
でもそれくらい女性の冷え性は多い。
●肩が冷える
●腰が冷える
●お腹が冷える
●手首から先が冷える
●足首から先が冷える
●下半身が冷える
男性にも冷え性の人はいらっしゃいます。しかし圧倒的に女性に多い。

どうして冷え性は女性に多いのでしょうか??

スカートを履くから、それも短いスカートだから冷えるのか
肌の露出が男性に比べて大きいからか。
確かに私でも衣服が少ないと冷えます。
でも、女性の場合はそれとは違う理由で冷えるということが解ってきました。
男性よりも歪んでいる箇所が多い。
その原因は、下着の性質によります。
女性の下着は男性のよりもゴムがきつい。

まずショーツ
ウエストのゴムがきついし太ももの付け根のところのゴムもきつい。
生地自体が小さいので骨盤全体が内に押し込まれます。

ガードル
これはめちゃめちゃきつい。
骨盤の周りから締め付けている。
これはゆるいガードルですという人がいます。ゆるかったらガードルじゃない
はかないほうがもっとよいです。

パンティストッキング
ウエストのところに来るゴムがきつい。
腰椎の3番が締め付けによってゆがみます。おへそのところですね。

ブラジャー
アンダーバストのところが特に締め付けがひどい。
肩紐が食い込んでいます。

極めつけは
補正下着
これは、もう大変なことです。

女性はこのように締め付けのひどい下着を着る人が多い。
締め付けたら、骨がくびれてしまいます。
骨がくびれると、筋肉が引きつってきます。筋肉が引きつるということは筋肉が細くなるということです。筋肉が細くなると血管も細くなりますので、血液が流れにくくなるのです。
そのためにあちこちが冷えます。
これが女性の冷え性の原因です。

調整は、このように歪んでいるところを変えていくのです。

見違えるように元気になりますよ。


肩こり改善

肩こりといえば整体。
定番中の定番ですね。
ですから、私はあえて肩こりの記事をあまり書いていません。
肩こりは日常茶飯事のように、肩こりを持っていない人に会うことがないくらい
毎日毎日、肩こりの調整しています。

腰が痛い人は必ずといっていいほど肩こりも持っています。
もちろん肩こりを感じたことがないという人もいらっしゃいます。
でも多くの場合肩こりも持っています。

肩こりになる原因は、肩の骨が歪んでいるといってしまえば簡単なのですが、
実際は肩がこる前に、骨盤に特色のある歪みがあるのです。
ですから、腰痛がある人は肩凝りも併発しやすいのです。。

肩こりの原因は
◆骨盤が変形している。特に腸骨の棘が尖っています。これは重要です。
◆大転子が陥没しています。
◆足首が細いです。
◆背骨がつぶれています。
◆肩甲骨が変形しています。
◆頭が変形しています。(絶壁など)
◆肘の形がよくないです。

などなど

まだまだあります。
ということは、肩こりは、全身の歪みが関係しているということです。
ジグソーパズルのように、一つ一つのピースを見つけてはめて行くような感じです。
これをやってあれをやって、これかなあれかなと
歪んでいると感じるところは皆調整します。
悪いところはすべて調整しますので、調整後の肩の軽さは最高です。
終わったら、お客さんは「かっるー!!」とにっこりされます。

トントン骨調整法のよいところは1回調整した骨は元に戻らないということです。

よくなった状態が長く続きます。

日焼け改善

日焼けと歪みについては前にも書きました。
足の甲がひどく日焼けした女性が調整に来られました。

日焼けは日に当たれば焼けるのは当たり前と思いますね。
その通り、日に当たらなければ日焼けはしません。
日光を遮断すれば、日に焼けることはなくなります。

でも、同じように日に当たっていても日に焼けにくい人とそうでない人が
いらっしゃいます。

この足の甲が日焼けしている人は、夏の間ずっとサンダルを履いていたのです。

●足首の少し上からは白く(パンツのすその部分)
●サンダルのひもの部分が白くなっています
●特に足首のところが真っ黒に日焼けしています
●小指、薬指、中指はあまり黒くなっていません
●親指は真っ黒です

不思議なことに、日に当たっているはずなのに日焼けしていない部分が
あるのです。
指がそうです。
日に当たっていても日に焼けにくい場所と焼けやすい場所があります。

このように、日に焼けやすいところが悪いところです。
つまりそこのところの骨が歪んでいるのです。

この女性は脊柱管狭窄症という病気ですが、足首の歪みが一つの原因と
なっています。
ですから、足首の黒くなっているところを調整していかなくてはなりません。

足首を調整していくと、その場で黒くなっているところが、白っぽくなっていきます。
その場で完全に白くなることは出来ませんでしたが、
かなり白くなりました。

これは足だけに限りません。
体のどこの部分でも血行の悪いところは日焼けしやすいです。
顔は日焼けしないようにみなさんお気をつけていらっしゃいますが、
出来てしまった日焼けは
顔の形を調整したら、顔の皮膚の色が白っぽく顔全体が明るい感じに
なってきます。


次のウォーキングの予定

しまなみ海道、楽しく歩いた私は11月の目標を立てました。
11月は二つのイベントがあります。
一つは、11月14日(土)のハウスバーモントファミリーウォークです。
これは毎年、社団法人日本ウォーキング協会が主催して日本の各地で開催されます。
参加費用が無料でなおかつ、ハウス食品の詰め合わせがゴールした全員にもらえるとあって、
毎年応募者が多いです。
それに距離も「10km」とお手頃
ベビーカーを押して小さいお子様でも参加できる楽しいイベントです。

昨年も申し込みましたが、残念ながら落選。
事務局に尋ねましたら、なんと3000人の応募があったようで、そのうち500人が参加できます。

今年は、どれくらいの応募があることやら、
ハウスバーモントファミリーウォークのホームページ
興味のある方は覗いてみてください。
さらに興味がありましたら、行きませんか?
我が家は、いつも歩く二人の子供と一緒に行くことにしています。



もう一つのイベントは、ホームページはありません。
西国街道ウォークです。
11月21日(土)
これは広島ウォーキングクラブの主催で、計画されているものです。
海田市駅9時00分に出発して船越峠、広島駅を経て廿日市駅までの30kmです。

今回は、私のために歩くというより、子供の歩育のためです。
子供たちにとって、今まで、まだ30km完歩はした事がありませんので、
未踏の距離です。
夕べ彼らに話しましたら、無理!!といいましたが、
今度は、上り下りはほとんどないので出来るよといいましたら、
「行く」といいましたので参加することになりました。
前回、しまなみ海道を30km歩いたときにとっても高い峠がありましたので、
それで体力を大幅に消耗しましたから、参っていたのです。
今回はほとんど平坦です。
近場ですがそれもまた楽しいと思います。

どちらも晴れたらいいな。

大阪支部、福岡支部のホームページ開設

この前の研修会での写真です。
ご存知だと思いますが、
向かって左端が大阪支部の本橋正勝先生。

真ん中が福岡支部の岡崎可都子先生
大阪支部、福岡支部

大阪支部の本橋先生が、
このたびホームページを開設しました。
大阪支部 本橋整体ホームページ

ブログもご覧ください。
本橋整体トントンブログ

福岡支部のおかざき先生もホームページ開設しました。
福岡支部 おかざき整体ホームページ

ブログはもうご存知の方が多いかもですが、こちらもご覧ください。
こつこつトントン


本部同様、支部の先生方も頑張っています。
今後ともよろしくお願いします。

腰痛の原因 改善

腰痛になる原因はいくつかあると思います。

私のブログの中で何度も書いているように、
締め付けることによる骨の変形が元で腰痛になっている人の例を書いてみます。

これは最近の施術で関わった人のことです。
この人の特徴は、
●足が太い。
●腰が狭い。
●お尻が出ている、出尻です
これは前から見ると腰が小さく見えるのに、横から見ると、お尻が後ろに尖った感じ。
このような状態になっていると、背骨が下に引張られて、腰椎がつぶれます。
このために腰が痛くなるのです。

この人は、また他にも特徴のある歪みがありました。
それは、出産の後で、お腹を早く引っ込めるために、さらしをきつく巻いていたのだそうです。
はじめどうしてこんなに骨盤が狭くなっているのか、わかりませんでした。
でも本人から、このことを聞いて、納得できました。
まさにその通りに歪んでいたからでした。
下腹部を引っ込めるために太もものところまで巻いていたんだそうです。
このために、太ももが太くなっていたということが頷けました。

理由がわかったら、調整はやりやすいです。

調整はこれらの歪みをとってやることですから。
締め付けによって変形する前の形まで形を戻してやることによって、
症状は改善します。

当然スタイルもよくなります。
これはおまけですが


この人の場合は、出産後ケアーをしたつもりが逆になったケースです。
締め付けないで、骨盤の形を正常の状態にしていったら、
その後の健康にもよい影響があります。

不妊症改善  嬉しい報告 でも・・・・(涙)

最近受けた報告です。
6年前に不妊症の調整に来られた方です。
そのときに二回の調整をした後で来られなくなっていました。
6年前のことなので、その人のことは忘れていました。

この人は転勤で広島を出ました。
転勤先で二人目の子が欲しいということで支部のほうに行ったようなわけです。
ということは、6年前の調整でうまく妊娠して無事出産したのですね。
子供はもう5歳になりますが、二人目が出来なかったので調整に来たそうです。

普通、トントンして調整し一人目が出来たら、二人目は出来やすくなるのですが、
どうしてだろうと思いましたら、その人が、
「出産後、子宮復古のために腹帯をしてきつくお腹を締めるようにといわれて、
ずっときつく締めていたんです。」
といわれました。

「あっちゃー!」(心の声)
始めきたときは、骨盤がめり込んで狭くなっていたので一人目が出来にくくなっていました。
せっかく、出来やすくなるように骨盤を広くしていたのに、
腹帯で締め付けて、また狭くしてしまったのです。

二人目不妊でよくあることです。
一人目は出来にくかったけど何とかでき、その後腹帯で締めたために
骨盤が変形して妊娠しにくい体になるということです。

「解っていたけど、どうしてもこうしないといけないといわれて締めた。」んだそうです。

今度調整するときにはこのことをよく守ってもらいたいと思います。
二人目が生まれて、三人目はいらないからしっかりお腹を戻そうとして
締めるのも止めたほうがいいですよ。
不妊という問題以外にも、お腹の病気になる原因でもあるからです。

今日は研修会

今日は、月に一度の研修会。
朝の7時から午後4時くらいまで実技研修や机上研修を行います。

常に新しい事を学んで研鑽していかなくてはなりませんので、このようにして研修会を開きます。

今日は大阪支部の本橋先生福岡支部のおかざき先生がきています。
そのほか、現在本部で研修中の研修生も参加です。

最近は遠方からこられるお客様も多くなっていますので、
本部と同じレベルのサービスが提供できるように施術力を向上させていくという事も研修会の目的です。
施術力を均一にしていくことが狙いです。

幸いに、トントン骨調整法を学んできたこれまでの先生方はとても熱心な人ばかりで
人柄も良く、優しく楽しい方ばかりです。
私は大変恵まれてこのような人たちとの出会いがあったことに感謝しています。

前回の研修風景はこちら↓

続きを読む

もも痩せ その2

最近は整体なのに美容目的で来られる方が増えています。

これは少し前の事ですが、
50歳台の女性が調整のために来られました。
腰が痛い、肩がこる等一般的な症状に加えて、もっと重い病気も抱えていました。

病気がどんなに重くても軽くても、施術内容はほとんど変わりませんので、
いつものように、みんなと同じように調整して行きました。

腰が痛くなっていた原因はこの人の場合特に鼠頚部(太ももの付け根)が細くなってくびれていた事です。
こうなったのはこの人が小、中学生の時にブルマーなるものを長い間はいていたためと、
普段はくショーツやガードルがきついため、太ももがひどくくびれてしまったのです。
太ももが大きくなっていました。
この女性、施術の時に娘さんの体育の時に穿くショートパンツを穿いてきました。
腿のところがぴちぴちになっていました。

腰の痛いのとるためには、ここの歪みはどうしてもきれいに格好良く調整しなくてはなりません。
足が細くなるように調整したときに最もいい形になりますので、
出来る限り細くなるように調整しました。

調整が終わって更衣室できがえているときにひ悲鳴が上がりました。
そしてそのまま更衣室から出てきて、
「先生!見て下さい!」
ショートパンツのすそのところに手を入れて見せるのです。
「見て下さい!ここに来た時には、すそに指の一本も入らなかったんですよ。」
「でも、今はほら!」
って言って、四本の指を入れて見せてくれました!!
ぶかぶかになっていました。

大感激してキャーキャー言いながら帰っていかれました。
あれから何回かお会いしましたが、足は太くなっていないと言っています。

もも痩せってお金をかける割にはなかなか効果が現れにくいようで、
体はそんなに太くはないのに太ももだけが痩せる事ができないと悩んでいる人が
なんと多いことでしょう。

トントンして足が細くなった、
でも体重は減っていません。
筋肉が本来ある場所に移動しただけです。
これから先締め付けたりしなければ、移動した筋肉は元には戻りません。

ジーパンをウエストで選ぶのも夢ではなくなります。

膝痛の原因と改善

来島海峡大橋からの眺め。
高いところからの眺めは最高です。
海の色が綺麗です。ここは来島海峡大橋、尾道側の終点付近。
右のほうに見える橋が歩行者用の橋です。
来島海峡大橋

膝が痛くて来られるかたが大変多いです。
お年を召している人の中には膝の痛みを持っている人が多いようです。

階段の上がり降りが出来にくい。
正座が出来ないという人がほとんどです。

大腿骨の筋肉やふくらはぎの筋肉がきつくなって、膝の関節がつぶれたために起こっています。
膝の関節が変形して、大きい膝になっている。
この状態を膝が腫れていると思っている人が多いです。
実は腫れているのではなくて、膝の関節がつぶれて骨頭部が大きくなっているのです。
さらにつぶれが進行すると、膝が曲がってひどいO脚になってしまいます。

膝の痛みは調整すれば割りに簡単に消えるのですが、中には重症の人もいらっしゃいます。

重症の人の特徴は、
●ふくらはぎや太ももの筋肉を揉んだ痕がたくさんついている。
●足首にきついソックスで締めた痕がある。
●膝のサポーターの痕がくっきりとついている。
●ショーツの太もものところがきつかった痕が残っている。
などです。

このような歪みがあるとなかなか調整が進みません。
特に厄介なのが、指圧の痕です。
隅から隅まで指で押さえていますので、細かい傷が骨の表面にびっしりとついています。
これは、私たちが触れるとすぐにわかります。
「いいえ私は指圧はしていない。」といってもはっきり証拠が残っています。
本人にも触ってもらっていますが、「えーっこれが指の痕ですか、すごい。」って言われます。

次に大変なのが、締め付けです。
特に、サポーターのゴムの締め付けは大きな問題になります。
長年にわたってかなりきつく締め付けていますので、くっきりとくびれています。
骨頭のすぐ近いところが締め付けられて細くなっていますので、筋肉がさらにきつくなって、
関節がつぶれてしまうのです。

施術はこれらすべての歪みを本来の形まで戻していきます。
痛みが消えたときには、痛くなる前の形までよくなっています。
形がよくなって、すっきりした膝の形になっていますので、見た目もいいです。
単に、痛みをとることだけではありません。
機能も完全な状態に戻します。

すっかり楽になります。

やみつき整体?!

この前施術に来られた方が、
「この整体は病みつきになりますね。」
って言われました。

このような事を言われる人は結構多いです。

三ヶ月に一回くらいの割で来られている人が、
「薬が切れたみたいです。中毒ですね。ここに来ないとなんだか落ち着かない。」
特にどこが悪いというわけではないのですが、メンテナンスに来られています。

まだ3歳の子が一番初めの日に来たときには何をされるんだろうかと嫌がって泣きました。
でも調整が始まると、気持ちがいいので、嫌がることもなく最後までいい子にしていました。
この前3回目の調整に来ましたが、受ける気満々でニコニコしていました。
頭の調整を始めたかと思ったら、爆睡。
終わりまで寝ていました。
安心しきっています。

人間ドックに行って、一日、あるいは半日、検査を受けて悪いところを見つけてもらって、
自分は病気を持っているんだとわかっても治療はまた別の日。

しかしトントンは来たその日に、悪いところを見つけてその場で調整して行きますので、
手間が省けます。
それに一番気になるところだけではなくて、体中の調整をし、悪いところは皆その場で見つけて、
変えて行きますので、すっかり元気になってしまいます。

中には、体のほうはもうどこもどうもないけど、もっと美しい人になるようにと、美容目的に切り替える人もいらっしゃいます。

まさに「やみつき整体」。
私も時間が合ったら、たっぷり時間をとって体中調整してもらいたいのですが、
私の分の時間はありません、がっかり。

アケビのてんぷら

今朝とって来たアケビをてんぷらにしてみました。
生まれて初めての試みです。

山菜の本には、アケビの皮は美味しいと書かれてあって、いつかはやってみたいと思っていましたがなかなか機会がありませんでした。
アケビのてんぷら
作り方はいたって簡単。
1、アケビの中の甘いトロッとした実を食べちゃいます。
2、皮をよく洗って、皮の外側の汚れているところを削って取ります。
3、皮を5mmほどの厚さに切ります。
4、衣の中にぶち込んで、かき揚げの要領で油で揚げます。
5、お皿に盛って出来上がり。

さて、わくわくしながら食べてみました。
少し苦味があります。
ゴーヤほどではありません。
肉質が柔らかいのでゴーヤよりも食べやすい感じです。
ほんとに旨い。

原価がかかっていませんので安い食材です。

近くの山でアケビが採れる方がいたらお試しください。

今日の収穫

今朝、いつものところに行って見ました。
今が最盛期みたいです。
まだまだたくさんなっていましたが、手が届くところだけ採りました。
アケビ
今回は皮の美味しい食べ方を教えてくださった方の言うとおりに食べてみたいと思います。
中身を食べた後の皮を調理して食べると美味しいそうです。
皮を5mmくらいの厚さに切っててんぷらにして食べたら美味しいんだそうです。

やってみます。

過換気症候群 (過呼吸改善)

緊張したり不安になるような事があると過呼吸になる人がいらっしゃいます。
専門的な病名は過換気症候群といいます。
このような時には、紙袋を持ってきて口に当てて自分の呼気を再度吸ったらいいようです。
酸素を薄くして吸ったらいいのですね。

しかしこれも困ったものですね。
何よりも本人は大変です。
昔このような人を始めて見たときには、冗談でやっているんだろうと思っていました。(ごめんなさい)
知識がありませんでした。

過換気症候群で困っている人が調整に来られました。
この人は、男性です。
二回くらいの調整で過換気症候群が改善したようです。
何よりも本人は驚いています。今まであんなに苦しんでいたのに無くなったのですから。
過換気症候群の原因はやっぱり骨のゆがみですね。
この人の歪みの特徴を書いてみます。
★頭が絶壁
★目の周りがクマになっている。
★頭がとがっている。
★耳の後ろのところが陥没している。
★蓄膿症や鼻炎の症状が出ている。
などでした。

いろいろ特徴を挙げていったのですが、
要は頭が絶壁になっているという事が一番の原因のようでした。
頭が絶壁になっていると言う事は、頭の中に血液の流れにくいところがあって、
そのために、この人のように過換気症候群という状態になる人が出てくると考えました。
もちろん前にも書きましたように、絶壁だと他にもいろんな病気を引き起こします
絶壁のどこの部分の変形が過換気症候群を引き起こすのかははっきり言ってまだわかっていません。
ただ、頭の形を調整して形を変えてやると確かにいろいろなな病気が解消していくことは確かです。

この人の場合もこういう理由で過換気症候群が改善したのだと思います。

しまなみ海道 ☆完歩☆

1日の夕方、海田市駅から出発です。明日から雨だということで、このような夕日を歩きながら見ることはないだろうと見納めで撮りました。
海田市駅
広島バスセンターで買った今治行きのチケット
どうして「ヒマモト」なんでしょう。何度もシマモトって言ったのに
チケット
主会場の今治城に着きました。
なかなか綺麗な格好のいいお城ですね。
バックにあるお堀ですが、海水なんですね。今治城は海のすぐそばにあるので、海水が干満によって、流れ込んでくるのです。ですからお堀の中には、チヌやボラ、その他大きな魚がたっくさんいました。投網で漁をしたら、そりゃあもういっぱい獲れそうでした。
今治城
今治城吹揚公園の会場です。
すでに多くの人たちでごった返していました。
スラっとしたお城ですね。
会場
開会式の間中飛んでいたのは、朝日新聞社のヘリコプターでした。
朝日新聞社の発表ですと、今回の初日のウォーカーは1300人超だそうです。
朝日新聞社のヘリ
この人知っていますか?
元スピードスケートの選手、勅使河原郁恵さんです。しまなみ海道スリーデーマーチの親善大使だそうです。
私たちウォーカーを励ましてくださって、一緒に歩かれたそうです。
私は歩いている間は一度もお目にかかれませんでした。
勅使河原 郁恵さん
午前9時いっせいにスタートです。
人数が多いので、スタートの辺は大混雑でした。

出発
このあたりからかねてから予報されていた通り雨が降ってきました。
合羽の人や、傘の人が今信号待ちしています。
ここは、来島海峡大橋の入口付近です。
信号待ち
雨の中、来島海峡大橋の歩道橋の上からの景色です。雨は降り続いています。
晴れていたらさぞかし綺麗な景色だったろうなと思います。
来島海峡大橋
来島海峡大橋です。この橋は三本の橋が連なって出来ています。橋の長さは確か4130mだったような。橋を渡るだけで一時間くらいかかります。
だからこの位置からでは橋の向こうは見えません。
標識に尾道まで69kmとあります。ここまで11km歩いたことになります。
まだ、あと69km・・・
来島海峡大橋
来島海峡大橋を約一時間歩いて昼食会場に到着です。
よしうみいきいき館というところが昼食会場です。
ここで鯛飯を買って食べました。

昼食会場
伯方・大島大橋の歩行車道入り口まで8,7kmと書いてある?
雨はずっと降り続いています。
伯方大島大橋方面
伯方・大島大橋です。ここはもうすごい土砂降りでした。
服はずぶぬれすこし屋根のあるところがありましたので、入っていましたが、どうせ止むまで待っていても、また降るんだし、また濡れるんだから、「えーい歩け」って感じで歩きました。
伯方大島大橋
橋を渡ってしばらく行くと、30kmコースのゴールに着きました。
15時36分
私は一時休憩、雨も降るので椅子に座って、お腹に少し食べ物を入れて、水分補給して残りの50kmに備えました。
リュックサックはびしょびしょで、中のものも濡れてしまっていました。
リュックサックにも濡れないための準備がいることが分かりました。みなさんカバーをかけていた。
30kmのゴール
さて、ここを出たのは16時6分。ここからは一人です。前にも後ろにもウォーカーの姿は見えません。
体調はまだまだ大丈夫、どこもどうもありません。
気分も最高。
よーし行くぞ!
尾道方面へ
全コースの地図はもらっていましたが、リュックサックがびしょ濡れのために地図は開くことが出来ません。このような標識と、上の写真のようなのぼりだけが頼りです。
案内標識
夕闇が迫ってきました。
大三島大橋です。この位置は橋を渡り終えてからのものです。橋を振り返って撮りました。
このあたりから、雨もひどいし、暗くなって来たので、写真を撮るようなよい場所はあまり見つけられませんでした。とにかく歩きます。
大三島橋
これは多々羅大橋です。
世界一美しい斜張橋です。明るければもっと美しい写真が撮れたでしょうが、もうかなり暗くなってきました。もちろんですが、誰も歩いていません。橋の上では誰にも出会いませんでした。
現在18時11分、残り約40km。
多々羅大橋
橋を下りたあたりから、すっかり日が暮れて、あたりは真っ暗で何も見えなくなりましたので、懐中電灯を使用しました。肩から掛ける、反射鏡つきのたすきを掛けました。
走ってくる車から身を守るためです。
約10km歩いて、瀬戸田町に入りました。
これは瀬戸田町にある、平山郁夫美術館です。もう真っ暗なのでこのような写真しか撮れません。
夕食は町内の食堂で、オムライスを食べました。
瀬戸田発20時47分、残り30km。
平山郁夫美術館
この橋は生口橋、この頃から足が痛くて、なかなか足が進みません。
何度も足を止めて休みました。
しかし足を止めて休むとまた歩き始めるときにとても痛い。
しかし休まずにはおられない。
とにかく歩かなくては着かない。
現在22時28分、残り約20km。
生口橋
生口橋を渡ってから、約10kmくらいの間、足の痛みはもっとひどくなってきました。
因島運動公園のあたりで、バス停の椅子に腰掛けて、靴を脱いで、自分の足の治療しました。
痛いところが歪んでいるところですので、そこのところを何とかしようと調整しました。
道具もないし、手だけなので、うまくいきませんが、何とかできる範囲でやったので、その後は多少痛みが和らいだ感じがしました。

これは因島大橋です。
この頃は眠くて、歩いていると眠気が襲ってくるのです。この橋の歩道橋は車道の下にありますので、なんだか守られているような感じだったので、座って休みました。すると眠気に襲われて、うとうと眠っていました。
ハッとわれに返って、「寝てては着かない。」と、立ち上がってまた歩くという状態。
この写真は、橋を渡り終えてから撮ったもので、午前3時の景色です。
まん丸のお月様が出ていました。残り約10km
因島大橋
残りの10kmは眠気と足の痛みとの戦い。
数キロ歩くと眠気がきます。
座ると寝てしまう。また起きて歩く。

そして、とうとう尾道の対岸向島の船着場に到着しました。
午前5時5分。今治スタートから、20時間あまりのウォーキングでした。
フェリーの始発が、6時ちょうどでしたので、そこで、しばらく待つことに。
この写真は、フェリーの先頭部から尾道市街を眺めているところです。
尾道城が見えます。
尾道ゴール
尾道駅のところまで行ったら、三日出発の今治方面への40kmウォークの準備をスタッフの方たちがやっていました。
またそれに参加する人たちもぼちぼち集まっていました。

いろいろあったけど、やりました。
やり遂げることが出来た達成感と安堵感、これが堪りません。

めいわく電話

ままです。

6月からだんな命令でトントン整体の事務仕事をしています。
もともと仕事をちゃっちゃと片付けるのが好きな私は、一日3時間ぐらいの事務を楽しんでいますが
困ったことが一つ・・・

営業電話です。

しかも、すんご~くサギ臭い!
最初はやんわりと断っていたのですが、
未公開株が何とかかんとかとしつこく言うので、
「株式取引の登録番号をお願いします。確認しますから」
と言うと、ぶちっと切れる。

あやしい事この上ない。

実家が商売しているままは、
いらないものははっきりと断ることが出来るので、
すっぱりきっぱり切ります。

(デパートで試食して買わずに帰るのは苦手です


ところが、

最近では

私が電話に出ると何も言わずに切る!

そんなに怖いですか、私が・・・
まあ、声を覚えるぐらいかけてきなさんな

自営業ゆえの苦悩です。
患者で来てくださった皆様、かかった電話に無言で切って、
鼻息荒く「はあはあ」言ってても怪しく思わないでくださいね~。

私はごく普通のちょっと食いしん坊な奥様です~

帰ってきました。

しまなみ海道80km無事に帰ってきました。

時間が取れなくて、記事のアップが出来ていませんのでとりあえず
簡単に報告します。

トントンさんはしまなみ海道のどっかでぶっ倒れてそのままあの辺のどっかで
原住民のような生活をしているんじゃないかと思ってもいけませんので・・・・

実は写真をアップしようと思って頑張っているうちに、間違ったキーを押してしまって、
写真と記事を消去してしまったのです。がっくり

また、時間をとってアップします。
お楽しみに。
何ですって、楽しみにしていない・・まあそれでも気にしないでアップします。

しまなみ80km、行ってきます!!

予約投稿です。
みなさんがこの記事を読むときには、私は一生懸命歩いています。
今朝の九時スタートで、明日(3日)の朝、午前2時か3時くらいに尾道港の対岸「向島」に着きます。

うまく行ったら・・・

なんだか、大雨(80%)の予報になっています。

帰って報告します。

散歩中の風景

瀬野川の中野あたりの道端にこの松はあります。
ずいぶん見事な松です。
左側の道が、旧山陽道(西国街道)といいます。
出迎えの松
違った角度から見てみました。
つっかい棒をしています。
右側の舗装された道を歩きます。
出迎えの松
昔、大名がこの西国街道を参勤交代の行列を作って歩いていたときに
このあたりに住んでいた人たちは、この松のところまで出てきて出迎えたということですね。
行列が通り過ぎるまで、ずっと頭を下げていたというようなことをどこかで聞いたような?
出迎えの松説明
瀬野川はこのような景色の見られるいいところです。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。