FC2ブログ

スポーツ選手編 野球選手 (鎖骨骨折)

当院はスポーツ整体という形ではやっていませんが、
スポーツをやっている人も来られます。

特に、スポーツ中に骨折をしましたと言ってこられる人が多いです。

何年か前に高校の野球部の選手が鎖骨の骨折で調整に来られました。
骨折をしてからすぐに、病院に行って鎖骨の折れたところをつなぐ手術をしていました。
先生からは、「もう野球はずっと出来ないよ」と言われてつらい思いをしていました。
でも実際に手術をした肩は、ボールを投げるどころではありません。
日常生活さえもやっとの状態でした。
こんな時に、トントン整体でよくなったので行って見たらと人に言われてやってきました。

この男の子は広島のある有名な高校の野球部の生徒です。
ショートを守っていましたが、骨折のために甲子園出場をかけた県予選大会に出られそうにありませんでした。何とか出場できるようになりたいという強い希望がありました。

監督も、守備のうまい彼が抜けることは痛手なので、何とか治してもらいたいと人づてに言われていました。私たちはこのような期待を受けて、丁寧に骨折の箇所の調整をしました。

手術をすると金具を入れて固定します。これはこれでいいのですが、骨の調整はなかなかうまく行きませんでした。動く量が少ないのです。
でも調整のたびにだんだん手を動かせるようになって、ボールも早くはないけど投げられるようになって来ました。

そして、県大会の三日前に私たちはゴーサインを出しました。
彼は、大喜びで予選試合に出場して、頑張りました。

骨折する前の彼の成績は、
守備は守備職人といわれるほど上手でしたが、打率は1割1分くらいでした。
でも骨折して、調整してからは3割3分3厘になったのです。
一緒にプレーしていた他の選手からは、「バットの振りがすごくシャープになりましたよー!」
県大会ではこの高校が優勝したのです。

甲子園では残念ながら、一回戦敗退でしたが、よく頑張りました。
当時の、テレビのアナウンサーが、彼のことを試合中に「鎖骨の骨折を克服しての出場です。」
と何回も言っていたそうです。

手術をしたあとの骨の調整は、なかなか大変です。
出来れば、骨折をされましたら、早めに来てくださったらと思います。
そのほうが格段に早く回復しますので。

ただ、複雑骨折(開放骨折)の場合はまず皮膚の破れたところを塞いでから来ていただかなければなりませんが、それ以外の骨折の場合は早いほどいいです。

二人目不妊、うれしい報告

最近不妊の方が妊娠したという報告が多いと書きましたが、
また報告がありましたので、紹介します。

今度は二人目不妊です。

二人目ができないで悩んでいる方、割りにいらっしゃいます。
世間では全くの不妊のほうが目立っていますが、二人目ができないというのも結構深刻です。

今回の人は、最初の子はもう3歳です。もうすぐ4歳になります。
続けて子どもが欲しかったのですが、どうしても出来ませんでした。

この女性は、子どもができないという事で二回調整に来ました。
今年の1月と2月です。
3月に妊娠しました。

二人目不妊の方は、一回は妊娠しているので、調整はさほど難しくありません。
この女性も、不妊の人が普通にある歪みがありました。
骨盤が歪んでいるのです。
そのために子宮が後屈になっていました。
でも、ちょっと前屈傾向になれが妊娠できる程度の後屈です。
ですから、簡単に妊娠できました。

もう安定期に入っているようです。
楽しみですね。
私は、子供が出来たという話を聞くととっても嬉しいです。
子どもは大好きです。

多くの不妊で悩んでいる人に、トントンがお役に立てたら嬉しい事だと思っています。

赤ちゃんは、トントンの音を覚えている?!

これは何年か前のことで、不妊のために調整に来られた人から聞いた話です。

この女性のことは、前にも書いたのですが、腰が痛かったので妊娠した後も、
続けて調整に来られました。
おなかには、赤ちゃんがいて、トントンという音を聞いて育っていきました。
出産間際まで月一くらいの割合で調整に来ました。

元気な男のお子様が無事に生まれました。

その子、すごく変わった特技があることが分かって来ました。
太鼓が大好きなのです。
それに祭りも大好きで、近所に祭りがあるというと必ず連れて行って欲しがるのだそうです。
祭りに行くと神楽を必ず見に行くのだそうです。

家には太鼓の大きいのやら小さいのやらいっぱい持っていて、暇さえあれば太鼓を叩いているのだそうです。
最近久しぶりに来られたときにも、今でも太鼓叩いていますかと聞いてみましたら、
やっぱり
「大好きで、今でも太鼓叩いています」とのこと。

みんなが太鼓が好きになるというわけではないと思いますが、
トントンするとこんな面白いことも起きるのですね。

(関連記事)トントン整体の弟子 福岡支部の先生ブログ←クリックしてみてください。

足の裏のマメ

長い距離を歩いたりすると、
足の裏にマメができたりします。
私は、ウォーキングが好きなので、長い距離を歩きますが足にマメができる事はありません。

でも、うちに来られている人で、マラソンやっている人がいます。プロのランナーです。
毎日何キロも走っているのだそうです。

ここに来られるようになった頃は、足の裏にマメだらけでした。
マメだらけという言葉はぴったりで、足の裏のいたるところにマメができて、つぶれているのです。
どれも皆大きなマメばかりでした。
マメというよりも地図のようだといったほうが適切かもです。

この人の足の特徴は、足首から先の感じがごつごつした感じです。
筋張っていて、指の腱が浮き上がっています。
うまく説明できないのですが、細い感じがしました。
指も、まっすぐな感じでなく関節がこぶのようになっています。
節くれだっているという感じでしょうか。

つまりこれが歪みです。
足の骨が歪んでいるので筋肉が引きつって、筋肉が薄くなっているのです。
そのために、筋張っているのです。


この人、競技に出る前になると調整に来られます。
ほとんど痛いところはないのですが、
調整すると、調子よく走れるのです。
走っている時に感じる違和感を取りに来ています。

調整のあとで、走ってみてもらいます。
帰ってきて、「ここが痛みます。」どれどれ、と治します。
また走ってきてもらいます。
何度か繰り返したところで、どんなに走っても違和感がゼロになったら、その日は終わりです。

違和感ゼロになった後の走りはそれは爽快でしょうね。

近頃では、長いレースに出た後でも、毎日練習した後でも
足の裏にマメができることはなくなっています。

足の裏のマメ、手の平のマメは使いすぎたからできるのではありません。
靴がきついからでもありません。
その箇所の骨の歪みが原因です。
歩いても走っても痛いところがまったくなくなったら、歪みゼロの状態でしょうか。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード