太ったらよくない訳

三週間前ころでした。

急に腰が痛くなりました。私が
お恥ずかしい
腰が痛くならないための注意事項は口がすっぱくなるほどにみなさんにお話しているのに・・・・・

腰が痛くなる前からやたら肩がこるのでつらかったのです。

最近、普段はくズボンがきつくなっていたのは気付いていました。
日曜日に履くスーツは前のホックを外していました。ベルトも相当緩めていました。

きつかったら骨盤が変形するので、よ~~くわかっているので注意していました。

でも、近頃食べるものが美味しくて沢山食べていましたのでおなか周りが段々大きくなっていました。

それなのに、それ以上ベルトも下着も緩めていなかったのです。
少しずつ太っていったので、「これくらいなら大丈夫だろう」って思っていたのです。

そして、とうとう

急なぎっくり腰になってしまいました。

肩こりもこれに関連していました。
骨盤が狭くなってしまったので、肩周辺もゆがんでしまったのです。

まさかと思ったのですが、思い返してみれば、やっぱりこれかでした。

それから

副院長である弟に二回施術してもらいました。
おかげで今は痛みはなくなりました

このこともあって、今はおなかを引っ込ませる為に毎日運動しています。

頑張ってやせますよ~~

みなさん、くれぐれも太り始めに気をつけてください。くれぐれもですよ。

「これくらいなら大丈夫だろう」という思いにも注意が必要です。

判断がつきにくい方がいらっしゃいましたら、お出でになったときにお尋ねください。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  





骨盤が開いている??メタボ改善

トントン祭り 10月11日まで後八日←見てね


メタボリックシンドローム、俗にメタボ、メタボって言われていますね。

メタボは確かに格好がよくないですね。



この前、女性の患者さんから驚きの考えを聞きました。

それは、世の中で普通にいわれているのは、

「骨盤が開いていると内臓が下がってきてお腹が大きくなる。」

というものです。

なるほど、そのように考えればお腹が出ている事の説明が出来るよな~~。

だから骨盤を狭くするように締め付けのある服を着るのか~~。

なんだかえらく感心しました。


骨盤が開いていると考えるので、出産後『とこちゃんベルト』なるものを使用

するのですね、なるほど。

骨盤が開いていると考えるので、きついガードルをはくのですね、なるほど。

下に下がってくる内臓を上に上げるために。



でもこの間違いが、世の男性、女性の病気を増やしているのです。

私が見たところでは、世の中のほとんどの人は骨盤が狭くなっています。

骨盤が広がっている人はほとんど見た事がありません。

骨盤が狭くなっている人の方がはるかに多いのです。

出産後、骨盤をベルトで締めると折角妊娠によって開いた骨盤が狭くなってしまいます。

このために二人目不妊になっている考えられる人が多いと思います。



私の考えは、

内臓は勝手に上がったり下がったりしません。

内臓はそのあるべき場所に固定されているのです。

骨盤が狭いとお腹の中にある内容物、大腸、小腸、内臓脂肪が入りきれないので

前に押し出されるので、お腹が出る。

骨盤が広くなってきたら、前に出ていたものが引っ込んでくる。

というものです。

こういう考えに基づいて、骨盤を広げるように調整していきます。

骨盤を広げていくと、前に突き出ていたお腹が小さくなってきます。

「最近、腹が凹んできました。」

このように言われる患者さんが増えてきました。





いつも応援ありがとうございます。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード