腹部大動脈瘤がよくなりました。嬉しい報告

ついこの前のことです。
男性の患者さんの施術中に仰向けに寝てもらった状態でおなかの触診をしたときに
おへその辺りに硬いものが触れました。
かなり強くドクドクしています。
「あれ?これは動脈瘤ではないですか?」

「はい、そうです。気になっているんです、病院では7cmになったら手術しましょうと言われました。」

今、5cmなんだそうです。今年の九月に病院に来るようにといわれているそうです。
腹部動脈瘤は突然の破裂によって急死することがあるので心配しています。

これはトントンすることで無くなるので大丈夫ですよとお話しました。
abdominal01.jpg
この絵のようにおなかの真ん中辺りで大きく膨らんだ動脈が触診でドクドクと脈を打っているのを感じます。

この人とこのことについて話したのは3月3日のことです。
3月10日にも調整に来られました。
そして、3月18日に施術したときにおなかに触れてみて、全くドクドクしないので

「何にも無くなっていますね、硬いものがあったのにふにゃふにゃですよ。」

「そうです。あんなにドクドクしていたのに全然なくなりました。」

「これで、動脈瘤は消えていますよ。」

「動脈瘤はどうして出来るんですか?病院ではコレステロールだとか食べるものに気をつけなさいとか色々いわれてきたんですが、それではないんですか?」

そうなんです。動脈瘤はそのような理由によって出来るのではありません。

この人の歪みの特徴は
★背骨が上下につぶれています。
★腰椎三番が特にひどく変形しています。
★肋骨は鳩胸です。
これらの歪みのうち特に腰椎の三番の変形が動脈瘤を引き起こしています。

腰椎三番が特にひどく潰れて低くなっているので腰椎の周りの筋肉が引きつっています。
この引きつりによって大動脈が狭くなっていると考えています。
三番の高さで血管がダムになって血液がせき止められているのです。
三番より上のところに血液がせき止められて溜まった状態これが動脈瘤と考えています。

腰椎、胸椎の形を整えていくとダムが無くなって血液の流れがよくなって
膨らんでいる大動脈が元の太さに戻ってしまうのです。

このように調整した血管はもとのように悪くなることはもうないので再発はありません。

この方、九月に病院で検診の予定ですが、もう異状は見つからないはずです。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ

腹大動脈瘤改善

「うちの主人は病気のデパートです。」といって

ご紹介してくださいました。

いったいどんな状態なんだろうと楽しみに、びくびくしながら待っていました。

この人が持っていた病気は

★腹大動脈瘤の手術後、再発で現在は直径4.7cmです。

★高血圧  高いときは179mmhgあたりです。降圧剤服用中

★外反母趾

★O脚

★無呼吸症候群

ほかに心臓にステントが入っている、高脂血症、抗血液凝固薬服用中など。

ん~、確かに病気のデパートですね。
それに命に関わるような病気が多い。


仰向けに寝てもらって、お腹の触診をしましたらへその上辺りでドクドクと脈を打っているのがわかります。
本人が言われるには手術の時に入れた人工血管のつなぎ目のところの血管がまた膨らんできたという事です。

つまり、腹大動脈瘤の再発。

また手術になるのではないかと心配しています。
この手術は心臓を取り出してしますので大変怖がっています。

もし手術をしなくてもいいのなら・・・という事で勧めてくださった奥様に連れてこられました。



トントンはいつものように全身くまなくしていきます。

お腹のドクドクが触れてもわからなくなったらよい状態になっているのです。

この方は骨盤の縁がめり込んでいました。
お腹が膨らんでメタボみたいでした。
背骨も歪んでいて腰椎の三番が前後につぶれて扁平になっています。

これらの歪みを調整しました。

また仰向けになってもらって、お腹に触れてみました。

ドクドクはどこにも感じません。

今のところはよくなったみたいです。

今までに3回調整に来られましたが、ドクドクと脈が触れることはなくなっています。

今度、病院で検査を受けるようになっているそうです。
結果が楽しみですと話されていました。

もう腫れている血管は普通の状態になっているはずですが。
私も結果がくるのが楽しみです。



この人、血圧も高かったのですが最近は150mmhgを超える事がなくなって降圧剤を飲まなくてもよくなる日が来るのを楽しみにしています。




いつも応援ありがとうございます。

腹部大動脈瘤 改善

腹大動脈瘤のことご存知ですか?
この写真は父のお見舞いに行ったときに病院の外来の掲示板に貼ってあった
物を撮りましたので、夜でもあり、うまく撮れませんでした。
でも、お腹の動脈が腫れている様子をよく表していると思います。
腹大動脈瘤

サツマイモみたいに膨らんでいるのが動脈瘤です。



トントンに来られる患者さんの調整をしているときに、

腹大動脈瘤の人を良く見かけます。

もちろん患者さん自身は自分の体にこのようなものが出来ているということは知らない人がほとんどです。

ほとんどの場合に無症候に進行して行きます。

これが破裂して、お腹の中で大出血をして意識不明になるまで症状は出ません。

石原裕次郎さんがこの病気で亡くなったというのは有名な話です。

普段症状がないので、誰も検査に行ったりもしません。

何か他の病気があって、検査に行ったところ、

「大きな大動脈瘤がありますね。」で始めて発覚します。

緊急の手術を勧められる事もあるかもしれませんが様子観察になるケースもあります。



トントンしているときに骨盤の調整をしていると、

この大動脈瘤が見つかります。

仰向けに寝た状態でへその上の辺りを手で少し圧迫してみてください。

硬いしこりのような物が手に触れて、どくどくと脈を打っていたら、

これは間違いなく動脈瘤です。

患者さんがこれを持っているときには必ずお話しするようにしています。

こうなっている原因もお話します。

そして、トントンするとこんなに大きくなっている動脈瘤でも

小さくなるという事もお話します。

その場でトントンと骨盤の調整をしたら、

脈を打たなくなってしこりが感じなくなる事も体感していただきます。

このような動脈瘤が出来る原因は腰椎の変形です。

特に腰椎の3番、4番の形が悪いために起こりますので、

ここのところを調整してやると瞬く間に脈を打たなくなって、改善したことがわかります。

また、トントンのいいところは、改善したものは元には戻らないということですので、

すっかり良くなってしまいます。

これも、トントン骨調整のおまけです。






いつも応援ありがとうございます。




プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード