スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

締め付けない下着がよい理由

最近、めっきり寒くなりました。
異常気象でしょうか??
先月台風が去って行ったばかりですが、急に雪の情報も・・・
ここ広島にも霜が降りるかも知れませんと予報がありました。
北海道、青森は積雪があったとか。

皆さん、気温の変化が大きいですね。
お体お気をつけ下さい。
風邪など引かれませんように。


今日、来られた人の施術中の話です。

今日は二回目で一回目は昨日でした。

太ももが太くなっているのでこれを細くしようと頑張って施術しました。
ところが、一旦細くなった太ももが施術中に元に戻っていくのです。

患者さんに施術前の状態を確認してもらっていました。
施術後に細くなっている事も確認してもらっていましたが、その後五分もしないうちに

また太くなっているのです

すぐに本人に触れてもらいました。彼女は

「本とだ!」ととてもびっくりした様子。

原因はショーツがきつかったのです。
昨日、ゴムを切らせてもらって緩めていたのですが、骨盤を広げることでまた小さくなったのです。
それに、ショーツの生地そのものが小さめでしたのでゴムを緩めただけでは充分ではなかったようです。

緩くなっているはずだったのに直後にまた太くなったので本人びっくり。

そこで緩い下着に履き替えていただきました。

それだけで太くなっていた太ももの筋肉が柔らかくなったのでまたまたびっくり。
もう一度、施術しなおして細くしました。

帰るときには来たときとは随分違って細い足になっていただきました。


締め付けがいかに骨を傷つけるか目の当たりにしたいい経験

になって身にしみたようでした。

骨は簡単に変形します、気をつけましょう。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ


スポンサーサイト

締め付けがよくない理由

朝日新聞の天声人語に次のような記事がありました。

オランダの医師、
ヘルマン・ブールハーフェ(1668年 12月31日 - 1738年 9月23日)
が亡くなった後一冊の本が残された
ヘルマン・ブールハーフェ医師←ヘルマン・ブールハーフェ医師


その本について次のような話があります。

死んだ時、封をされた「医学における重要な秘法」という書物が残された。
競売に出され二万ドルで落札された。
その本の扉には
「頭を冷やし、足を温かく保って、体を窮屈にするな。 そうすればすべての医者をあざ笑える。 ...これで病気知らず」とありました。
残りのページは白紙だった。


100ページのうち99ページが白紙だったのです。

この先生は当時はとても有名な医者だったようです。
最近でもこの人のことを知らないお医者さんはいないのだとか。

300年も前のドクターがすでに締め付けが体に及ぼす影響について

気がついていたなんて!!





いつも応援ありがとうございます。

ソックスの被害

正月はとうの昔に終わったんですが、昨日久しぶりに来院された方が

『あけましておめでとうございます。』と。

思わず返して、笑いあいました。

なんだかんだ、今月も残すところ一週間あまりになりました。

東京の弟子から来た年賀状に
次のような一節がありました。

遠いのでなかなか研修にいけませんと前置きし
職場の同僚で腰の痛い人がいたので

「下着のゴムとソックスのゴムを緩めてきつくないようにしたら腰の痛みは
軽くなりますよとアドバイスしたらその人はやってみて確かに腰の痛みが楽になったと言ってくださいました。」

「なかなか研修にいけないですが、トントン本部で習ったことが役立っています
ありがとうございます。」

これを読んで『おっ頑張っているな』と思いました。

そうなんです、たったそれだけでも改善する事があります。

でも、本当に再発のない状態になるにはしっかり調整したほうがいいです。





いつも応援ありがとうございます。

驚きのきつ~い下着

今の外気温は33.1度、毎日暑いですね。

皆様お体大事にお気をつけ下さいませ。


この前来られた患者さんの体験談を紹介します。

何回か調整に来られている人です。
締め付けたら体によくないと言うことはしっかり理解されている方です。

毎日しっかり注意して生活しています。

しかしある日、仕事に行くときにこれくらいなら問題がないじゃろうということで
ちょっときつめのシャツを着ていったそうです。肌着ですね。

ところが出勤途中でなんだか体が変な感じがする、とてもつらいんですと仰ってました。

上半身に何ともいえない不快感を感じるのでした。

これはこの下着がいけないのではと考えて、仕事場についてから

はさみを持ってジョキジョキと肌着を切ったんだそうです。

袖、わき、えりまわりを・・・ジョキジョキと。

その時の感想を目をキラキラさせて話してくれました。

「すっっごい、楽なんですよーーー!」
「やっぱりこれだったかーーー!」

「いまごろは、ちょっとでもきつかったら体がすぐに反応します。怖いくらいですねぇ。」

そうなんです。

これくらいなら大丈夫だろうというくらいのきつさでも体にはよくないという事ですね。

再発防止のために、締め付けには充分気をつけてください、ませませ。





いつも応援ありがとうございます。

締め付けたら戻る症状

この前、二ヶ月ぶりに来られたかたがいらっしゃいます。

「腰が痛いんですよ。」
「血圧も高くなったので降圧剤を飲んでいます。」といわれるのです。

おかしいな??

この人は以前に腰が痛かったのに良くなったのに。
高血圧が良くなって薬とおさらばしていたのに??

施術しながらいろいろお話しました。

「最近おなかが出てきたので、プールに行って歩いているんです。」

「ウォーキングにも毎日一時間いってますよ。」とか言われて

「おかげで体重の減少が確実に見えるんですよ。」とのこと。

しかし、腰が痛いのがたまらないと言って来院。おまけに高血圧も戻ってしまった。

よ~くお話していてあることに気がつきました。

私 「もしかしてプールの水着がきついことはないですか?」

彼 「あっ!!そうか水着か!!」「確かにきついですね。そうか、そうか水着か。」

かなり合点がいったようでしきりに言われていました。

水着はウエストの部分のゴムがきつい、それもかなり。
また、太ももの付け根のところも同じようにきつい。

施術してみて大腿骨の付け根のところが細くくびれていました。


せっかく良くなってもこのような不注意で元に戻るのは残念な事です。

でも、結構 水着は見落としがちです。

健康のためにやっているのでまさか悪いとは思わなかったという人がほとんどです。

水の中は浮力があって、運動にはもってこいですがきつい水着を着用しての運動は全くのマイナスになってしまいます。


どうぞ皆さんお気をつけてください。





いつも応援ありがとうございます。

パンツのゴムが緩いといい事あります

私が行きつけの散髪屋での事です。

先々月行った時に、そこの従業員の男性と話しました。

「腰が痛いんじゃけど、なんかいい方法はないですか。」と質問を受けました。

「トントン調整したほうがいいですが、

ソックスをきつくないようにしただけでも効果がある人もいますよ。」

と教えてあげました。

相当きついソックスを履いていましたので。



まじめに聞いているとは思っていなかったのですが、次の月に行った時に、

「ソックスを緩くしたら、本当に腰が楽になるんですね。」

私「やってみたんですか?」

彼「まだ完全になくなったわけではないけど大分よくなったんです。」

私「パンツのゴムを緩くしたら、もっと違いますよ。」

締め付けがわるいことのいい例でした。


でもこの男性のように素直な人はいい事がありますね。


ただ、締め付けをなくして体中ゆったりした状態になっても一旦凹んだ骨は

調整しないと一番いい状態にはなりません。

締め付けによって変形した骨をキレイにすれば今後一切再発はありません。


うちに来ればいいのにね




いつも応援ありがとうございます。

『ジャージ』には気をつけて

ままです!

最近は、昔からある物でも呼び名だけが変わって、
下手に「昔の名前で出ています~」となじんだ名前で言おうものなら
めっちゃおばはん扱いされるので、ドキドキします。

ジャージはジャージのままでいいんでしょうか

さて、わが2号3号が通う小学校では「基準服」があって、
真冬でも半ズボンです。
寒波到来のときは、あまりの寒さに私服の長ズボンをはかせていかせます。

ジャージの方がいいだろうとスーパーで980円を3本買ってきたのですが…
ウエストにあわせて(トントン基準で)買ってくると、

じゃ~ん、
「松の廊下」

ずるずる引きずるようになります。
こりゃあいかんと、
足の長さに合わせて買ってくると、

「お母さんきつい!」(ゆるゆるボーイズなので)

仕方なく、ウエストゴムをカット
紐で締めて学校に行かせます。

最近の服は中国製ばかりで、なんだかどれもこれもかなりきつめな気がします。
生地の節約?糸の節約?ローコスト=ロープライス?

もう少し大きめに作ってください~。
ゴムを切るのにウエストの生地を5,6箇所切るので、
よれよれになるんです~

何でもゆるくなれば、医療費の削減にもつながると思いますよ。
長妻厚生労働相さん

ゆるゆる下着

ままです!

先日も院長が書いていましたとおり、「ゴムがきつい下着はいけません」は
本当です。

私も結婚以来ゆるゆる街道まっしぐら

トラックの運ちゃんは、眠いけど仮眠を取る暇がない時には
ズボンを脱ぎ、下着を脱ぎすて、運転するそうな…
そう、事故って救出されたときのことを想像すると、恐ろしくて寝れないそうです

だから、私も安全運転!
もしも、事故に巻き込まれ救急車で病院に搬入され、
「1,2,3、ドスン」と手術台に乗せられ、
めっちゃ切れ味のいいはさみで、服をシャーっと切られたとたん、現れるのは…
そんなことを妄想すると、とてもじゃないけど事故れません。

妄想はちょっとおいておいて、
美意識の高い女性にとって、「トントン基準」の下着はちょっと(かなり)厳しいのはよくわかります。
でも、下着は見せるものじゃなし、健康を優先させてください
おしゃれでゆるゆるな下着を作ってくれる会社が現れると嬉しいんですが、、、
靴下は加古川のメーカー「セイコー」さんが特注してくださっています。

そうは言っても「勝負日」は見せないわけにはいかない。
そんな時どうするか…

1、いきなりすっぽんで始める

2、とりあえずかわいいのを履いて「はやくぬがして」とせがむ

3、勝負しない

どれも無理がありますよね。

そこで、ままが考えたのが、「かわいいスリップを購入する」
裏でゆるゆる下着を脱ぎ捨て、かわい~いスリップだけで
いかがでしょうか?トントン女性陣

スリップなら締め付けゼロお色気満点



このページはエロサイトではありません。
真剣に考えているのです。

ほか、いい方法があればぜひコメントお待ちしています。
まじめな意見だけね




来年には関東でも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。



年末年始のお休みは
12月31日~1月3日までです。

1月4日から通常通りの診療します。


下着のゴムがきついのはよくありません。

最近当院に来られる方はブログやホームページをよく読んで
来てくださる方が多いのでパンツもゴムの緩いのを履いてこられる方が
多くなって来ました。

みなさんどれくらい緩いのがいいのかわからなくて、
自分なりに可能な限り緩いのを履いてこられます。

「これ以上緩かったらずっちゃいます。」
というくらいかなり譲って緩いのを履いてこられます。

ところがですね。
皆さん持っていらっしゃるパンツはどれも緩いのはないです。
緩いのを履いていなかったので、骨が歪んでしまったのですから。
持っている最高の緩いパンツでもきついというのが現状です。

「えーーー!これでもきついんですか?!」

これが皆さんの発言です。

私 「はい、すみませんがきついです。」

お客さん「でも、これ以上緩かったらずりますよ!」

少々緩くてもずり落ちることはないですよ。
骨の形が安定して、決して再発しないために、きつかったらだめですよときっぱり言わせてもらっています。
これは一生元気で暮らしていただくためにどうしても必要なことです。

はっきり言って、これまでの経験から、二時間締めたら、その日の施術はすべてパーになります。
ソックスもパンツも、ショーツもブラジャーもです。
ガードルなんてもってのほかです。

「このガードルは緩いので・・・・」といわれる方。
ガードルの緩いのなんてガードルじゃないでしょう?!
ガードルは一切履かない方が身のためです。

どれくらいの強さのゴムがいいのか、体験していただくために大きめのサイズのショーツやパンツを準備しています。


今、東京から来ている研修生が、言っていました。

前回の勉強の後で、帰ってから家族のものにきつい下着はいけないから
ゴムを切ろうと提案しました。
にわかに家族の方は信じませんでしたが、お母さんのきついゴムを切りましたら、
今まで長い間悩んでいた便秘が改善して、毎日便が出るようになったといって大変喜んでいるということです。

はっきり言ってゴムを切っても骨盤を調整しておかないと完全には改善しないですが、
このお母さんはゴムを切るだけで、便秘が改善したというのはすごいことです。

このように締め付けは体にはよくないですので、日ごろからいつも緩めの下着を着用するようにしてください。




来年には関東でも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。



年末年始のお休みは
12月31日~1月3日までです。

1月4日から通常通りの診療します。

ダウン!

ままです!

ここ数日鼻水が出るな~。

と思っていたら…

美しい左半顔がマヒ状態

「歯茎がおかしいな、いやだわ虫歯かしら」と歯医者にさんに予約を考えていたら、あっという間に目の下から歯茎までマヒ状態!

ここ数日、「左の肩甲骨が痛い~、治して~」

「もう首まで痛い~、ご飯作れない~」

「肩こり過ぎて何もする気起きない~」

と訴え続けたにもかかわらず、大奥のお役ごめん側室のように見向きもされず
耐え続けた日々

夕べ最終手段に出ました。
「そんなにしたくなかったら、もうせんでええわ


いえね、私が忘年会&クリスマス会で帰るのが遅いからしてもらえなかったんですがね、
病人て言うのはわがままなもんです。

お嫁に来た頃は弱い弱い私だったのですが、子供をはらむ度に治療をしてもらって、すっかり元気になったと思っていたのですが、
はて、

そうそう、

最近寒くて動きが鈍いもんだから、よくドアやおもちゃに足の小指をぶっつけていました。

きっとこれでしょう。
今もやや左小指が痛い。
なんと小指から肩甲骨に症状が出てしまったようです。
私は若い頃のワイヤーブラの呪いで上半身が弱いので…


今はすっかりゆるゆる下着&お洋服なんですけどね。
締め付けの害については、弟子さんがいい体験記事を書いてくれていますので、ご覧ください。
http://sansar.blog63.fc2.com/

今夜もしてもらいたいけどな。
治療費払わないと全身してもらえないからな~

(途中で寝るからでしょうが!←院長)




締め付けのない服装 タイツ編

締め付けの無い様にといつも口を酸っぱくするように
みなさんにお話しています。

皆さんよく守ってくださって、おかげで、回復が早くていいです。

ところがところがです!!
中にはこれくらいなら・・・


と勘違いなさる方がいらっしゃいます。

ガードルはさすがに皆さんわかってくださって、穿かなくなっています。
「このガードルは緩いのでいいでしょう?」って、なかには・・・
緩かったらガードルの意味ないですから、基本ガードルは穿かない方が
もっといいです。

下着はしっかり緩くなっているのに、その上に着る服がやたらきついと
いう事があります。

その極め付けが、スパッツ。ウエストのところのゴムがとってもきつい。
一番下の下着だけが緩々でもダメです。
ジーンズもロウライズのものは歩いているときにはきつくないですが、
座るときつくなるという事があるようです。
ロウライズですので、腸骨のところにウエストの縁がかかっていますので、
腸骨に傷が入るのです。

締め付けとは、下着だけの問題ではありません。
着る服全部です。

締め付けがあると、何度調整しても元に戻ってしまいますので、これには注意が必要です。




来年には関東にも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。


水着には気をつけて!

今日のことです。
研修会がありまして、大阪と福岡の先生が来られまして、いろいろと話し合いました。

その中で、もうずいぶん長い間調整に来られている患者さんのことであることが分かりました。
この人は女性ですが、二ヶ月か三ヶ月に1回メンテナンスもこめて調整に来られます。

毎回来た時に思うのは

大腿骨の付け根のところがひどくくびれているのです。
お腹は大きく突き出ているのですが、ももは極端に細くなっているのです。

何故??毎回ここの所がこんなに歪んでいるのだろうと思っていて、
今日分かりました。

患者さんとお話しながら調整していたときに、
週に3回プールに行っていると言われました。
一回が約40分前後の時間を入れれば一時間はずっと履いていることになります。

水着がきついのです。
水着の太もものところが極端に細いのと、水着の生地そのものに伸縮性があるために
骨盤が周りから締め付けられて、めり込んでいるのです。
ですから、何回調整してもいつも骨盤がやたらと狭いのです。

このことが原因で、体の調子が本調子になかなかならないのだと分かりました。

プールで歩くこと自体は問題はないですが、
プールに入るために着用する水着が実は体をゆがめていたということですね。
プールでの運動は水の抵抗があって膝や腰が痛い人にとってはいい運動になると思います。

しかし、きつい水着を着用しての運動はかえって体を壊してしまいますので、
気をつけたほうがいいです。

ワンサイズ上の水着に代えてもきついくらいかも、ツーランク上の方がいいかも。
どちらにしても、きつい水着を着て歩くくらいならまだしない方がいいかもですね。

陸上をウォーキングしたほうがいいです。

トントンで調整しても、きつい衣服を着用したままですと、
二時間で、すっかりもとの骨に戻ってしまいます。


↑埼玉ブログにも登録しました。
  ポチッとよろしくお願いします。

重たいものを背負うと肩が歪む。

一昨日、背中に8kg、足に1kgのアンクルウエイトで歩いたとかきました。
もうこれを初めてだいぶたちます。
でも今回のように負荷をかけて長い間、長い距離を歩いた事はありませんでした。
体力の向上が目的だったんですが、実はもう一つこれは実験でもありました。

重いものを担いで生活すると、肩の骨が歪むか?
でした。

結論は歪みました。

何日かの間にだんだんと歪みがひどくなっていったみたいです。
今私が感じている症状は、
★肩がなんとなく重い。
★腹部の膨満感がある。
★体がだるい。
★胃の不快感がある。

まだどうしようもない状態にはなっていないけれども
これらは肩が歪んでいる時に現れる症状です。
どうも歪んでしまったみたいと感じています。

治してもらわなくっちゃ。

重い荷物を担ぐ時にはかたひもの広いもので重心の高いもので肩に食い込まないものがいいように思います。
もっといいものを探して、再チャレンジしようと思っています。
広島ブログ

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。