FC2ブログ

アレルギー性鼻炎が改善する

鼻がいつもジュルジュル困りますね。
子供の時は鼻炎のために勉強に集中出来なくて困ったという方もおられます。
鼻が詰まってボーッとなるのだそうです。


学問的には次のように説明されています。

『アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニなどが原因となり鼻粘膜に生じるアレルギー疾患です。アレルギーは身体の免疫機能が過剰に反応してしまう現象で、蜂に刺されることで生じるアナフィラキシー、金属接触で発症する金属アレルギーなど多岐にわたります。

I型からIV型まで4つに分類され、アレルギー性鼻炎はⅠ型アレルギーの代表的疾患です。I型アレルギーはIgE抗体という抗体によってアレルギー反応が起こります。体内に花粉やダニなどの原因物質(抗原)が入るとIgE抗体がつくられます。このIgE抗体が白血球の一種である肥満細胞や好塩基球の細胞膜に付着することでアレルギー性鼻炎が発症します。』

すごく分かりやすい・・ことないですね💦

原因物質は

通年性のものとして
ハウスダスト・ダニ・動物の毛・フケ・蛾などの虫等があります。

季節性のものとして
花粉が多く、国内だけで約60種類もあります。圧倒的に多いのはスギとヒノキです。

これらどれか、あるいは全て、もしくはこの中のいくつかと、人により原因物質が違っています。

上に引用しました理由に原因物質が関係して症状が出るのだと思いますが、ややこしいです。

そしてアレルギー性鼻炎にならないためには原因物質に近づかない、近づけないようにと指導されます。

でも、これらの原因物質の最中にいるにもかかわらずアレルギー性鼻炎とは無縁の人も沢山いらっしゃいます。

罹らない人はどうして罹らないのでしょう❓

免疫力が高い、免疫がついているからなど言われます。

実は原因は簡単です。

血液が鼻の粘膜に流れているかどうかです。

血液が十分に流れていないので異常な免疫反応が起こるのです。
血液が流れていれば原因物質がどんなに多くてもどんな種類でも異常な免疫反応は起こしません。

アレルギー性鼻炎になっている人の鼻は
1、低い
2、冷たい
3、鼻骨が硬い
などです。

他に付随する特徴として
1、目が奥目
2、目にクマがある
3、目の下の骨が深い
4、眼圧が高い
などがあります。

これらの特徴的な歪みをとってやることで鼻粘膜に流れる血液の量は多くなり、どんなに多くの原因物質が入ってこようとも異常な免疫反応は起こらなくなります。

頭や顔を小さくしてやり、鼻を高くしてあげることで症状は消えて再発も無くなります。



strong>*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

アレルギー性鼻炎改善

エアークリーナー
この写真は当院に来られた人はみたことがあると思いますが、空気清浄機です。
大きいですよね。高さが170cmあります。
感染症予防の為に入れました。
すごく性能がいいのだそうです。営業の人の話だとNICU(小児科の集中治療室)においているものと同じものだとか。花粉やほこり微生物まで吸引してくれるとか。
新型インフルエンザにいいかどうかは解りませんが、空気を綺麗にしてくれます。





アレルギー性鼻炎の人は毎日つらいですよね


花粉症の人は、花粉の時期だけつらいのですが、アレルギー性鼻炎の人は年がら年中
鼻をぐしゅぐしゅさせています。

花粉症とアレルギー性鼻炎を分けるのは変です、アレルギー性鼻炎の中に花粉症が含まれるからです。あえて今回は花粉症以外の人のことで書いてみます。

原因はいろいろあるようです。
◆ハウスダスト、
◆カビ類
◆動物の毛
◆寒暖の差 など

これらの原因になる物質を吸い込んだときに鼻粘膜で起こる過剰な免疫反応が
アレルギー性鼻炎です。

アレルギーの原因になる、アレルゲンを吸い込まなければいいということになるのですが、
なかなか避けきれるものではありません。
目に見えないものが相手ですから。

でも体の中に入ってくるこれら原因物質に対して、過剰な免疫反応が起こらないような体になれば
どうでしょうか?!

それは可能です。
要は血液の流れです。
血液が充分に流れているところには異常は起こりませんので、鼻の中に血液が充分に流れるような環境作りをしてやればいいのです。

ここでトントンの出番です。
鼻炎は鼻の病気ですから、鼻の形を調整してやるのです。
多くの場合、鼻が引っ込んでいますので、鼻を前に出してやるのです。
鼻が引っ込むと鼻の付近の血行が悪くなります。
鼻が前に出てくる、つまり鼻を高くしてやるのですが、
そうすると鼻の異常が消えます。

鼻の異常が消えて、おまけに鼻が高くなったらいうことはありませんよね。
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード