スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ままの腰痛

今朝、出勤してきた「まま」

「腰が痛い。院長、何とかしてくださいよ~。」

たまたま、患者さんが雪の為にキャンセルになっていましたので時間が
取れました。

ままの体は何度も調整していましたので、あちこちの歪みについてはほとんど把握しているはずでした。


でも、先ほど調整してみて「あっちゃー!!」

下着のゴムがきついじゃないですか!
おかげで骨盤がめり込んじゃって、腰の辺りの筋肉がふにゃふにゃになっているではありませんか。


腸骨の縁が内側にめり込んでいるのです。
そんな状態なのにままは
「これはきつくないでしょう?!」って言うんです。

「イイエ、充分きついです。」
確かに相当緩いのを履いていましたが、まだきつかったです。

ゴムの強さの目安は
ゴムの内側に親指を入れて締まっている感じがしたら「きつい」

ままは最近少し肉がついてきた・・・ごめん

体重が増えるときは要注意ですよ~~~。

外出する前の一時間の間だけでしたので、充分に調整できなかったですが、
出かける前には「かなり軽くなりました。」と言ってました。

また今晩続けて調整しなくては。





2010年2月頃には関東でも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。

スポンサーサイト

腰痛改善

ひどい腰痛のために調整に来られた高齢の女性の方の写真です。
80歳位くらいです。
この写真からわかることは、
★背骨が曲がっている。側湾症です。
★背骨から斜めにたくさんの線が出来ています。
 これは、骨盤から背骨に行っている筋肉がきつくて線が入っているのです。
★色が黒ずんでいる。
 歪みの為に血行が悪くなって色素沈着します。
施術前



この写真は施術後です。
二時間(背骨にかけた時間は約10分)の調整の後でこのようになりました。
どうです、綺麗になっているでしょう?!
施術後
色もよくなって、斜めの線がほとんど消えています。
腰椎の周辺に少しまだ斜めの線が残っていますが、これは次回の調整でないと改善しません。
一回に動く骨の量は決まっているからです。

もちろん痛かった腰もよくなっています。

このように腰痛が完全に改善するためには形もよくならないといけません。
形がよくなったら、もうこれからずっと同じ病気になることはありません。




来年には関東でも療術師が活動を開始します。
ポチッ!と応援お願いします。

腰痛の原因 改善

腰痛になる原因はいくつかあると思います。

私のブログの中で何度も書いているように、
締め付けることによる骨の変形が元で腰痛になっている人の例を書いてみます。

これは最近の施術で関わった人のことです。
この人の特徴は、
●足が太い。
●腰が狭い。
●お尻が出ている、出尻です
これは前から見ると腰が小さく見えるのに、横から見ると、お尻が後ろに尖った感じ。
このような状態になっていると、背骨が下に引張られて、腰椎がつぶれます。
このために腰が痛くなるのです。

この人は、また他にも特徴のある歪みがありました。
それは、出産の後で、お腹を早く引っ込めるために、さらしをきつく巻いていたのだそうです。
はじめどうしてこんなに骨盤が狭くなっているのか、わかりませんでした。
でも本人から、このことを聞いて、納得できました。
まさにその通りに歪んでいたからでした。
下腹部を引っ込めるために太もものところまで巻いていたんだそうです。
このために、太ももが太くなっていたということが頷けました。

理由がわかったら、調整はやりやすいです。

調整はこれらの歪みをとってやることですから。
締め付けによって変形する前の形まで形を戻してやることによって、
症状は改善します。

当然スタイルもよくなります。
これはおまけですが


この人の場合は、出産後ケアーをしたつもりが逆になったケースです。
締め付けないで、骨盤の形を正常の状態にしていったら、
その後の健康にもよい影響があります。

腰痛 改善

トントンしてもなかなか症状が消えない人が時にいらっしゃいます。
原因は骨が硬いか、歪みが多いか。
あるいは、私の力不足かです。
私の力不足ということがないように研鑽しているつもりなのですが、それでもなかなかうまく行かないことがあります。

この前のことでした。
腰痛の調整をしたのです。
腰と背中を視診と触診で検査しましたら、そこにひどい歪みがあるのです。
腰椎がつぶれているのがはっきりと分かります。
歪んでいるところは、肌の色が黒ずんでいます。血行が悪いからです。
それに肌が滑らかではありません。そのようなところは痛みが有ります。
引っ込んでいるところを膨らまそうといろいろやってみるのですが、なかなか膨らみません。
色もよくなりません。
考え込んでしまいました。
いろいろ手を尽くして、最終的に腰椎のところを診ているので他に歪みはないはずと思っていました。

でも動かないのです。
原因はここではないと判断して、立っていただいてみたところありました。
股関節が凹んでいました。
それに膝もとがっていました。
このため太ももの筋肉が硬くなっていて、骨盤ががちがちになっていて改善しなかったのです。

なるほどと思い、ここのところを調整しました。
するとなかなか消えなかった痛みが綺麗に消えていったのです。
ほっとしました。
調整にこられている人は、みなさん「自分はよくなるんだろうか。」と不安に思っているかもです。
このように改善した時には、私もほっとします。

この方も大変うれしそうににっこりしていらっしゃいました。
このような笑顔を見るたびに元気をもらいます。

時には、なかなか原因が分からなくて悩むこともありますが、
痛みが有るということは必ず原因もありますので、見つけますよ。

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。