オスグッド・シュラッテル病(成長痛)改善

ぐんぐん背が伸びる時期、

膝が痛くて大変だったと言う経験をお持ちではないですか?

小学生の頃が一番多いかもしれません。

成長の速さと骨の成長が追いつかないので膝の骨がつぶれて痛むと言われて

成長痛ですよと診断された人少なからずいらっしゃると思います。


この前、小学四年生の女の子が成長痛ですと言って調整に来られました。

活発なとても明るい少女です。

背は特に高いというほうではないようですが、今どんどん伸びています。

病院に行ったら成長痛ですと診断されたのです。

そのうち痛くなくなるので大丈夫と言われましたが、やっぱりつらい。

お母さんが当院を探してこられました。

診て見ると次のような変形がありました。

★スネが細くて筋張った感じです。

★足首も随分細い感じがします。これはソックスの締め付けによるものです。

★くるぶしが硬い感じがします。

★膝がとがっているようです。幅が狭い感じです。皿が出ている感じです。

★大腿部も細く全体にすらっとした細い足です。

上記のような状態でしたのでこれなら膝が痛くなるな~と思いました。

この状態は骨が引き伸ばされているといことです。

骨の長さと筋肉の長さをそろえるように調整しました。

施術の目標は一回一回その日に感じている痛みや違和感を消す事です。

彼女の場合、3回で完全に痛みが消えました。

骨の形を変えて症状が消えましたので、もう二度と再発する事はないはずです。

痛みが消えて楽になったのでとても喜んでくださいました。





いつも応援ありがとうございます。

成長痛(オスグッド・シュラッテル病)

今朝、サッカーをやってる小学生の男の子が治療にやってきました。

オスグッド・シュラッテル病ということでした。
これは一般的には成長痛と呼ばれています。
成長期に成長の速さに骨の成長が追いつかないと言うことが原因と言われています。

実際に小中学生のときにかかる人が多いですね。
でもこれ、実は成長とは関係がありません。
成長に追いつかないのなら、成長期の子供が全員かかることが考えられます。

全員がなることはありません。
ならない人のほうが多いですよね。

これは骨の変形が原因でかかる病気です。

今朝きた子供の場合は
足首が異常に細くなっている、(これは靴下のゴムの影響です。)
膝の下が細くなっている、(これもソックスですが、特にハイソックです。)
すねの骨ががたがたで、でこぼこになっている。

このような変形のためにすねの筋肉がきつくなって膝の関節を引っ張ることによって、
関節がつぶれてしまっているのです。
これが、オスグッドの状態です。

治療は、このような変形をとってやることですが、
この子の場合治療のあと立ってもらったところ、

「ぜんぜん痛くない!」と言ってました。

そばで見ていたお母さんは、
「足がまっすぐになってる!  えーっ! 足が細くなってる?! 細くなってるよ!」

花粉症もありましたので、顔の形も変えました。
お母さんが、立ち上がった彼の顔を見て
「鼻が高くなってる!ハンサムになってる!」

トントン骨調整法のいいところは、変わった状態は元には戻らないと言うことです。
いい状態のままで続きます。

一回で完全な状態にすることはできないのですが何回かの治療ですっかりよくなります。

耳つぼダイエット過去記事
今日の測定値
体重     61.3kg
腹囲     84.0cm
体脂肪率  15.0%

お!減ってるな!応援お願い、ポチッとね!


広島ブログ

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード