喘息について

昨日、喘息の患者さんが来られました。
成人の女性ですが、小児喘息といわれ子供のときから喘息で苦しんできました。

喘息はつらい病気ですね。

以前、喘息を患っているアメリカ人の患者さんが来ました。
日本に来てまだ間が無かったのですが、日本の風土が合わなかったのか、
持病の喘息が悪化したのです。
この人の家族は喘息もちが多く、お兄さんは喘息で亡くなったそうです。

苦しくて苦しくて、なった人でないとわからないと思います。

昨日の患者さんもそうやって苦しんできました。
施術してみましたところ、特徴のある歪みが見つかりました。

肋骨が扁平なんです。
これ、わかります?
胸が薄いということです。バストが小さいという意味ではありません。
肋骨がつぶれているということです。つまり胸骨と背中を結んだ寸法が短い、
脇と脇を結んだ寸法が長いということ、

横に長い楕円形をしているのです。

前後が薄いわけですから気管が圧迫されて、血液の流れが悪くなりますので
このために喘息になるのです。

施術は長い楕円形になっている肋骨を短い楕円形にすることです。
前後の幅が広くなってきます。

こうすると、気管支が圧迫されなくて、すごく楽になります。

昨日の患者さんも施術のあと、呼吸が大変楽になったと喜んでいらっしゃいました。
形が安定して戻らなくなったら全快です。

応援してね、ポチッとね!!
広島ブログ

こっちもお願いします!!



今日の測定値
体重      61.0kg
腹囲      82.5cm
体脂肪率   16%

ちょっと変化が少なくなっています。
まだまだ頑張ります。




最近食べる量がちょっと多いかなー   と!?

喘息(首のシワは侮れない。)

昨日のことです。
92歳になるおばあさんから電話がありました。
喘息になって苦しいんだそうで、来てくれないかと言われました。

この人は今までにも私の治療院に来たことのある人で、
いつもは往診することはないのですが、今回はさすがに高齢でもあって、医者から外出禁止の指示が出ているものですから、出られず、どうしようかと考えていると、

思い出しました。

喘息ならトントンがいいってことを。

喘息は、結構厄介な病気です、
喘息になった人でないとその苦しみはわからないでしょうね。
夜になると激しいせきが出ますし、寝ているどころではありません。

トントン整体では、喘息は、骨の歪みが原因で起こると考えています。

肋骨や、首の歪み、頭の歪み、鎖骨の歪み等
上半身の骨に歪みがあります。

この92歳のおばあちゃんの場合は、首に目立つ歪みがありました。
首に横シワが入っているのです。
ここのところを調整したところ、今まで体が冷えて寒かったのが消えて、
体があったかくなったようで、

「首があったかくなって体もぽかぽかしてきました。」

首の骨が、つぶれて短くなっているような歪みがありました。
首のシワが気になる人いませんか?

若いのに「何で私の首にはたくさんしわが入っているんだろう??」って
思ったことありませんか?

まだ一回では完全な状態にはなっていませんが、
咳の量はだいぶ減りました。

喘息は、治せない病気ではありません。
私にとっても驚きですが、トントン整体では喘息は非常によく治る病気の一つなんです。

今日の測定値
体重     62.8kg 開始時からの比-3.6kg
体脂肪率  18%      
腹囲     83.5cm 開始時からの比-5.5cm


オーー!!頑張ってるな!!あなたのポチッが励みになります。

広島ブログ



プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード