スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人目不妊改善のために

つい最近、一人の方が来られました。

3年前にも一度来られたのです。
このときは不妊症でした。
結婚後いつまで経っても妊娠しないので妊娠希望ということで来られました。

この時の状態は子宮後屈でした。
子宮後屈だと妊娠は難しいです。

子宮後屈かどうかは仰向けに寝てもらって、衣服の上から恥骨のすぐ上の下腹部を圧迫してみたらわかります。
指が深く入るようだと子宮後屈です。
後屈でない人は筋肉に弾力があって、指が入りません。

後屈になっている子宮を前屈になるように調整しました。

この人は1回で正常な状態にすることが出来たので、

「この状態でしたら妊娠は可能ですよ」とお伝えしました。

この人はその後は来られませんでした。

一年たってから来院されたときにはお子様を連れてました。1回で妊娠したのですね。

そしてこのたび、二人目を妊娠したいのですがということで来られました。

二人目がほしくなったのですが、立て続けに2回流産したので、ショックを受けておられました。

診て見ると、また子宮後屈になっていました。
子宮後屈になるのは骨盤が歪んだことが原因なんですが、どうして歪んだのだろうとこの方と話しました。

生活のことを聞いてみましたところ、一人目の子供を抱っこする時に抱っこひもを使うのだそうです。

この抱っこひもは前側に抱っこするタイプです。
最近はほとんどこれですね。背中でおんぶして家事をする人はあまりいらっしゃらなくなりました。

この抱っこひも、腰周りを締め付ける構造になっているようでかなりきつめになっているとのこと。

おまけに赤ちゃんが重いので特に骨盤に食い込んでくるみたいですね。

このことが一つの理由で骨盤がまた狭くなって、子宮後屈になったと思われました。

狭くなった骨盤を広げるように調整しました。

かなり歪んでいましたので骨盤を広げるのに時間がかかりましたが、なんとか改善することが出来ました。

調整後下腹部を検査して見ましたら、子宮は前屈になっていましたので、
「これでいい状態になっていると思いますよ」とお伝えしました。

一人の目の妊娠の経緯がありますのでこの状態でしたら妊娠することはお分かりなので、

喜んでお帰りになりました。

今回はたくさんおまけが付きました。

足が細くなりました。

顔が小さくなりました。

鼻が高くなりました。などなど。

みなさんが多くの子供を産んで人口を増やしていただきたい。私の願いです。




スポンサーサイト
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。