太もも痩せ  「ももが細くなりました」嬉しい報告

先日、来られた23歳の女性の方から嬉しい報告をいただきました。
この女性は美意識が強く、美しくなる為に色々気を使っています。

太ももの太さが気になっていました。
でも色々やっても効果があまりなくて諦めていました。
初めて来られたのは今年の4月。

この時にカルテに書かれた症状は
●頭痛
●肩こり
●エラ張り
●生理痛
太ももが太いという事は書いてありませんでした。
もちろん整体での太もも痩せは期待していませんでした。
19f58f89.jpgこの写真は記事の患者さんとは無関係です
でもこの写真の人は太ももが太くなる条件をみな兼ね備えています。

上の写真のような状態でした。
●セルライトがあります。
●浮腫んでいます。
●骨盤のほうが太ももよりも狭い感じです。
●下着のゴムがきつい

施術しているとこの人の問題がよく見えてきます。
上記のような症状は骨盤が歪んでいることが一つの原因ですが、骨盤が歪むのは
足の太さも影響していますので、太ももを細くすることも大事な事です。
また、脚の付け根のところが凹んでいますがこれは下着のゴムがきつい為です。
これもゴムを緩めてから調整します。

この女性も太ももがかなり太かったので全体のバランスを見ながら太ももを細くしました。

施術後は本人もびっくりするくらいに細くなりましたので大喜びでお帰りになりました。

それから5ヶ月後の9月に二回目の調整に来られました。
前回の施術の後に
「会う人がみんな脚が細くなったね」と言ってくださったそうです。

今回はさらに細くしたいという事でしたので細くいたしました。
帰る時には上から見て、触れてみて、ワイワイ騒いで喜んでいらっしゃいました。

もちろん気になっていたエラ張りも頭痛も肩こりもきれいに取れました。

とりわけエラが取れてシュッとした細い顎になり顎のラインが変わったのでとても喜んでいらっしゃいました。

もも痩せ、太ももが細くなりました、嬉しい報告

本日バレリーナを目指している女の子が来られました。
この子の病気は、
●鼻炎、アレルギー性鼻炎。
●コンタクトレンズが合わない、長時間の使用で目が赤くなります。
●太ももがもっと細くなりたい。  

今日で3回目の施術でした。

毎回足が細くなるように調整していますが、もっと細くなりたいと言うことでした。
1番初めに来たときにはかなり太くて気にしていらっしゃいました。
でも1回2回と調整していくたびに足が細くなってきたのでとても喜んでいらっしゃいます。

本日、3回目でもっともっと細くしてほしいと言うことでした。

この方の歪みの特徴は
★大腿骨の付け根のところが急に細くなっています。
★付け根のすぐ下の部分がかなり太くなっています。
これは大腿骨が引き伸ばされているということを表しています。

大腿骨を服の上から触れて検査してみるとたくさんの横線が入っているのがわかりました。

横線は筋肉のだぶつきを表しています。

始めは横線が確認できないほど筋肉が張っていて固い感じになっていました。
硬い筋肉という感じです。
きつすぎる筋肉は骨の状態がわかりにくいです。

これは大腿骨が伸びている反応なので大腿骨を縮めていきます。
大腿骨を縮めても足が短くなるということはありません。

大腿骨を少しずつ縮めていくことで横線はだんだん消えていきます。


調整していくに従って横線が見えにくくなってだんだん足が細くなっていきます。

足がずいぶん細くなってきたのでとても喜んでくださいました。

でももっと細くなる余地が残っているようですので今後が楽しみです。



*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  



足が細くなった

あちこちが悪くて調整に来られていた高校生の女の子。

何回か施術しました。

気になっていたところはみな良くなって調子がいいようでした。

最近は主に美容のために来ているような感じになっていました。

もっと顔を小さくして・・もっと鼻を高くして・・という感じです。
女性なら誰しも思うことですね。

いくつになっても女性は美を追求していらっしゃいます。
それはとてもいいことだと思います。
キレイになるために自分に投資する、自分を磨くためにはお金も必要ですね。
そうしないと、美は手に入れられないと思います。

もちろん内面を磨くことも忘れてはならないのですが。



いつものように体中の悪いと思われる骨の調整をしました。
体に違和感がどこにもない状態でも歪みはあります。

丁寧に調整しました。

お帰りになる時に待合所でその日にはいてきたズボンをはいて

「わー!ズボンがブカブカ!」

来た時にはピチピチだったんだそうです。

特に太ももがかなり細くなって大喜びしていらっしゃいました。
今まであった肉は一体どこに行ってしまったんでしょうか??って思うくらいの変化です。

当然なんですが体重は落ちてはいません。

筋肉がバランスよく配分されたのです。
もちろん骨の状態が変わったから起こったことですので細くなった脚は元に戻る事はありません。






いつも応援ありがとうございます。

もも痩せ その2

最近は整体なのに美容目的で来られる方が増えています。

これは少し前の事ですが、
50歳台の女性が調整のために来られました。
腰が痛い、肩がこる等一般的な症状に加えて、もっと重い病気も抱えていました。

病気がどんなに重くても軽くても、施術内容はほとんど変わりませんので、
いつものように、みんなと同じように調整して行きました。

腰が痛くなっていた原因はこの人の場合特に鼠頚部(太ももの付け根)が細くなってくびれていた事です。
こうなったのはこの人が小、中学生の時にブルマーなるものを長い間はいていたためと、
普段はくショーツやガードルがきついため、太ももがひどくくびれてしまったのです。
太ももが大きくなっていました。
この女性、施術の時に娘さんの体育の時に穿くショートパンツを穿いてきました。
腿のところがぴちぴちになっていました。

腰の痛いのとるためには、ここの歪みはどうしてもきれいに格好良く調整しなくてはなりません。
足が細くなるように調整したときに最もいい形になりますので、
出来る限り細くなるように調整しました。

調整が終わって更衣室できがえているときにひ悲鳴が上がりました。
そしてそのまま更衣室から出てきて、
「先生!見て下さい!」
ショートパンツのすそのところに手を入れて見せるのです。
「見て下さい!ここに来た時には、すそに指の一本も入らなかったんですよ。」
「でも、今はほら!」
って言って、四本の指を入れて見せてくれました!!
ぶかぶかになっていました。

大感激してキャーキャー言いながら帰っていかれました。
あれから何回かお会いしましたが、足は太くなっていないと言っています。

もも痩せってお金をかける割にはなかなか効果が現れにくいようで、
体はそんなに太くはないのに太ももだけが痩せる事ができないと悩んでいる人が
なんと多いことでしょう。

トントンして足が細くなった、
でも体重は減っていません。
筋肉が本来ある場所に移動しただけです。
これから先締め付けたりしなければ、移動した筋肉は元には戻りません。

ジーパンをウエストで選ぶのも夢ではなくなります。

もも痩せ  (ももが太い人改善)

26歳の女性です。

大腿部が太くて美容的にずいぶん気にしていました。
一回の調整でずいぶんと細くなっていましたが二回の調整でさらに細くなってきました。

ももが太くなる原因は
鼠けい部(ももの付け根)をゴムなどで締め付けたことが原因です。

ガードル、ブルマー、ショーツなどによって常に締め付けていると大腿骨が、
締めているところで極端に細くなってしまいます。

特に30歳代~50、60歳代の人がブルマーの影響によって太くなっています。
ブルマーは体操の時間以外でも履き替えなかったみたいですね。
女性の方、身に覚えがあるでしょう?
当時、スカートめくりなんてする悪い男の子がいたものですから・・・・。



骨は容積を変えることはできないのでどこかが細くなると別の部分が太くなります。
骨が移動するような感じです。

締めたところのすぐ側の骨が太くなるのです。
太くなったところの筋肉は骨にあわせて太くなります。
脂肪がついて太くなったのではなく、
骨が太くなったので筋肉が膨らんで太くなったのですからいくら
ダイエットしても細くなることは難しいです。

調整すると見違えるほどに変化しますので、誰が見ても細くなったと分かります。
この女性は細くなったことがうれしくて、みんなにしゃべりまくったようです。

鏡があると自分の足を写して嬉しくてニンマリ。

このような報告を受けると療術師として本当に嬉しいです。

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード