スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠径ヘルニア(脱腸)改善

今日で二回目。

二日前に「脱腸です。何とかしてください。」と言ってこられました。

鼠径部か痛むので病院にいったところ、「腸が飛び出していますね」

「脱腸です。手術しましょう、簡単な手術ですよ」といわれましたが

「ちょっと待って下さい」

メスを入れるのは嫌だったので、トントンさんのところに行ったら

良くしてくれると思ってお断りしたのだそうです。

こられた時には左の恥骨の上の辺りに膨らみがあります。

触れると痛いと言われます。

横になると出ていた腸は引っ込みます。

引っ込んだ鼠径部を観察すると

★左の腿の付け根が柔らかい。

★右と比べて引っ込んでいる感じです。

★大転子がめり込んでいます。

股関節が先天的な理由でつぶれていつと思いました。

前回の調整で8割がた調整が出来ました。

今日までの状況は

●かなり長い距離を歩いても膨らみが出にくかった。

●横になるとすぐに引っ込み、痛みは少なくなっていた。

随分楽になって喜んでいました。


今日はもっと細かい調整をしました。

施術中にトイレに立ったときに腸は飛び出さなかったということです。

今後の状況が楽しみです。


広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。