FC2ブログ

全ての病気は骨の歪みから

骨が動く?
骨の形が良い、悪い?
骨が病気の原因?
何か聞き慣れない考えだなと思いますか?
トントン骨調整法的にはとても大切な考えです。
骨が全てだと考えています。

骨さえ動けばどんなに辛い状況でも改善は可能です。
最善の形に骨を変えることは、可能です。

ただ私はまだ完全に正しい骨の形を知りません。
正しい見本を見た事がないからです。
おそらく世界中探しても完全な見本となる骨の人は居られないと思います。みなさん何らかの病気をお持ちだからです。

骨の形を変えるときには筋肉の緊張や腱の緊張、骨そのものの形などを手のひらで触れて歪んだ骨を探知します。

私の手は骨センサーです。

X線撮影で見る画像よりも正確に骨の変形を捉える事ができます。
そして即座にどの形が正しいかを判断して形を変えていきます。
この「正しい」は、形を変えた事で症状が消えるということを目安にしています。

今まで多くのタイプの骨を診てきました。
ひどく曲がったもの
棘が出ているもの
太くなっているもの
細くなっているもの
膨らんでいるもの
へこんでいるもの
潰れているもの
折れているもの
ヒビが入っているもの
細かい凹凸のあるもの
尖っているもの
薄くなっているもの
厚くなっているもの
ザラザラしたもの
などなど、これらの変形が様々な症状を引き起こします。
これを丁寧に取り去っていくことが私の仕事でありテーマです。

骨の形が悪い事が病気の原因と分かると
安心される方が多いです。

今まで自分の病気と闘い元気になるためにあらゆることをしてきましたが、原因不明と言われて治療法も見つからず悩み続けてこられた人も、

骨が原因なんですか❓
それは良くする事が出来ますか❓
と言われ、

形を変えれば良くなりますとお伝えすると

「安心しました、元気になれるんですね❗️」
と言って涙ぐむ方もおられました。

そうです。希望を持っても大丈夫です。

「元気になったら何がしたいですか❓」

これがトントン骨調整法の愛言葉です。
合言葉です。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ





2コマ施術でより早い改善を

タイトルを見て何じゃろうか❓❓って思った方がいらっしゃるかもしれませんね。

トントン骨調整法は骨の形を整える施術法だということは皆さんご存知だと思います。
一回に2コマ、つまり4時間施術を受けるということです。
もちろん一コマが普通ですので殆どの方は一コマでお受けになります。

大分前に、関東から来られていた方が、2回受けるために、来た日に一回、一泊ホテルに泊まり、翌日もう一回という受け方をするとホテル代が余計にかかり時間もかかり仕事を1日余分に休まなくてはならないということで、2コマ受けることは出来ますか?という相談を受けました。

朝来て2コマ受けて帰れば日帰りができるということです。
この人の後何人もこのような受け方をされました。

こういう受け方も大丈夫です。全ての骨に倍の時間をかけて調整します。2回に分けて調整するよりも細かく見る事ができると思います。2回分の調整をするわけですから一回よりも2倍進みます。

もちろん一コマだからといって手は抜きませんよ。最大の注意を払って施術しますので何の心配も要りません。

2コマ使ってゆったりと休息しながら調整を受けるということも選択肢としてあるということをお伝えしたかったのです。
もちろん施術代金も2倍です🤗

遠方からおいでの方はご相談下さい。

*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

髪の毛の性質が変わる

髪の毛にはいろんな性質があり、人によって様々ですね。
そのために苦心している人もおられると思います。雨の日にせっかくセットしていたのにピンピン跳ねる。
針金のように硬く、床屋さん泣かせ。イガグリのようで本人もイヤ。
猫毛で細く柔らかいのでボリュームがない、透けて見える。
天然パーマでくりくり、人からは良いねと言われるが、自分はあまり嬉しくない。
バービー人形みたいにナイロンのような髪質のため、ギシギシする。
持って生まれたもので、お母さん似、お父さん似だから、遺伝だから仕方ないよねと思っているのが普通でしょうね。

髪の毛の癖や性質は実は頭の骨の歪みによって起こると言えば「まさか」と思われるかもしれませんが、その「まさか」です。
頭の骨の変形が髪質を決めているのです。

でもどうして❓

髪の毛が生えているのは頭皮です。
頭皮はいわば髪の毛の畑のようなものです。
畑の良し悪しが作物に影響を与えるように、頭皮の良し悪しが髪の毛の質を変えます。

頭皮の良し悪しはどうして起こるのかということですが、水分や栄養が畑に必要なように頭皮にも必要だからです。水分や栄養が足りてない頭皮は悪い頭皮ということになります。

同じ環境のように見える頭皮ですが人によって環境は少しずつ違っています。

その違いが頭蓋骨の形、歪みによるのです。
頭皮という畑に十分な水分と栄養が届けられるためには、血管の中を赤血球や白血球が問題なく通れる太さが必要なのですが、歪んだ骨の上の皮膚は薄くなっているために血管が細く血液を運ぶのに十分な太さがないので、毛根に栄養を運べません。兵糧攻めを食らっているような状態ですね。

皮膚が薄くなっていると書きましたが、一般的には皮膚が骨に張り付いて硬くなっているような感じになっていますから、頭皮のマッサージをして柔らかくなるように緩めていきましょうという指導をされます。
でもこれは一時的に柔らかくなることはあっても、持続的に柔らかくはなりませんのでマッサージでは改善しません。

皮膚が厚くなり、柔らかく、ゆったりした状態になるためには、頭の骨を小さくしなければなりません。
頭の骨の面積と皮膚の面積が合っていないのです。骨の面積が広すぎて皮膚が突っ張るようになっているのです。本来、遺伝情報では骨の面積と皮膚の面積は同じに作られるはずでした。
ところが歪みによって頭の骨が大きくなってしまったために皮膚が突っ張ったのです。

頭骸骨を小さくするということが施術の目標になります。
でもそんなこと出来ますか❓
と言われそうですが、それは出来ます。
頭の形を変えられるということは今までにも何回か書きました。
不思議なくらい小さくすることができます。

安室奈美恵ちゃんみたいに小さくして欲しいという方もおられます。握り拳を掲げて、「これくらいですよね」と言いながら、笑い🤣
どこまで小さくできるかは人によると思いますが、確実に小さくなります。

小さくなった分だけ、皮膚が緩みます。
そうすると髪の質は変わります。
硬い髪は柔らかく、美容師さんが驚きます。
細い髪が太く、美容師さんが驚きます。
少なかった髪が多く、美容師さんが驚きます。
天然の人が真っ直ぐに、美容師さんが驚きます。

その前に本人が驚きます。🤗
女性は特に驚きます。
施術直後に「あれ?柔らかい


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ

トントン骨調整は進化しています。

トントン骨調整法の創始者であり発見者の父が亡くなってから11年4ヶ月が過ぎました。

彼については初診の時にお配りしている「あなたの病気はトントン骨調整法で治る」という本で読まれた方は幾分かはお分かりではないかと思います。
彼は探究心旺盛な人で、どんなことでも最高なものは何か、最も効果的な改善方法はどれかを追求する人でした。

農業では、美味しいトマトを栽培するためにいち早くビニールハウスを取り入れました。ハウスでの促成栽培に成功しどこよりも早く出荷して高値で取引をする事ができたのです。当時、日本中どこもやっていなかったビニールハウスによる促成栽培を始めたのです。父はハウス栽培の成果を農業試験場に提案に行ったのだそうですが、却下されたそうです。「まだ誰もやっていないから」という理由で。

3年後にその試験場から「ハウス栽培は効率の良い栽培方法のようなので資料を提供してもらえないか」と訪ねてきたそうです。彼は蓄えていた資料を全て提供して、「どうぞ使ってください」と喜んで差し出しました。その時の彼の栽培方法はさらに3年くらい先をいっていましたので、古い資料はもういらなくなっていました。

こんな彼が、整体業をするようになってからも
もっと良い方法はないか❓
患者さんは完治を願い、藁にもすがる気持ちで来院しているのですから、
その願いが叶えてあげられないならやっている意味がないと常に考えていました。
彼の願いは患者さんが病気からの卒業をする事です。2度と同じ病気で苦しまなくて良くなるために方法が必ずあるはずだと、熱心に探し求めていました。

私が彼から修行している時に毎日のように治療の方法が変わっていくのについていけなくて悩んだものです。
彼の中には目の前にいる患者さんにとって最良の治療方法は何かが毎日の課題だったので、常に前を向いていましたから三日経ったら治療方法が変わっていました。
習っている私や弟、他の弟子達にとってとても習得しにくい治療法でした。

1日休んだくらいでも「あれ?今日は一昨日と違うことやってるね」って感じで変わっていきました。
でも、変わっていくたびに治療の効果は大きくなっていました。
さらに重い症状を持っている患者さんのためにやり方が変わっていくのです。

彼はなによりも仕事が好きでした。
亡くなる直前まで仕事をしていました。

父は生前次のように何度も私に話してくれました。
「トントン骨調整はまだ完成していない、まだ完成の途中だ、将来はトントンと叩かなくても『治れ』と命じたら治るようになると思う」と。
これは魔法でもなんでもありません。病気の真のメカニズムが分かれば可能だと私もおもいます。

私にはまだそれは見えていません。

でも、父の意思を継いで今でも精進してしています。
新しい考え方、もっと効率の良い改善方法はないかと毎日考えています。
トントン骨調整法は進化の途中です。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。毎日ワンクリックをお願いします。ありがとうございます。

広島ブログ


蓄膿症(副鼻腔炎)が改善する

蓄膿症で困っている人は意外に多いです。
花粉症を併せ持っている人もいらっしゃいます。
まさにダブルパンチ。

鼻水がダラダラ出る
目が痒い
喉も痒い
臭い鼻汁が喉の奥に落ちるなど

蓄膿症も花粉症も鼻と目の高さで起こっている異常ですから、同じ骨の歪みが原因で罹っています。

蓄膿症の人は目の下の骨が凹んでいます。
眼窩という眼が収まっている骨が変形しているのです。
特に目の下の眼窩の縁が中に入り込んでいることが問題です。
この辺りに副鼻腔があります、副鼻腔とは骨の空洞のことで、本来は十分な広さがあるものですが狭くなっているのです、狭いと炎症が起こりやすくこれが蓄膿症(副鼻腔炎)と呼ばれます。

狭くなっている副鼻腔を広げれば炎症が収まり楽になるということから病院では外科的な手術をします。
鼻のあたりから内視鏡を挿入して副鼻腔の内壁の部分の骨を削って副鼻腔を広げます。
でも、手術は一旦は成功してもまた、骨ができて狭くなります。
原因を取り除いていないので悪かった状態に戻ります。

何度やっても終わりが来ません。

トントン骨調整法では、頭全体の歪みと捉えています。
ほとんどの場合、蓄膿症の人は花粉症も含めて、鼻が低いですし、絶壁の人が多いです。

頭を小さくしながら顔も小さくして鼻を高く、絶壁の部分を膨らまして小顔で丸い頭にしていきます。
すると顔が中高になり鼻が高くなりますので目の下の凹んでいる部分が膨らんできます、副鼻腔の内腔が広がってきて、炎症がなくなり副鼻腔炎が改善するのです。

そして何より良いのはそのようにして小さくした顔や頭は元のように戻るということが決して無いので、消えた症状も元に戻るということがないのです。

施術は気持ちよく眠くなりますので目が覚めたらスッキリした状態になっている。

たくさんのおまけも付いて。

腿やせは全女性の憧れかもですね。

だいぶ前ですがバレリーナを目指している女の子が来られました。

この子が来られた時に申告された病気は、
●鼻炎、アレルギー性鼻炎。
●コンタクトレンズが合わない、長時間の使用で目が赤くなります。
●太ももがもっと細くなりたい。  

少女ですからこれくらいの病気だけです。

3回ほど施術しました。
病気の部分は調整で改善しました。でもこの子の一番の望みは腿やせでした。

毎回足が細くなるように調整していますが、もっと細くなりたいと言うことでした。
1番初めに来たときにはかなり固く、太くて気にしていらっしゃいました。
でも1回2回と調整していくたびに足が細くなってきたのでとても喜んでいらっしゃいます。


この方の歪みの特徴は
★大腿骨の付け根のところが急に細くなっています。
★付け根のすぐ下の部分がかなり太くなっています。
これは大腿骨が引き伸ばされているということを表しています。

大腿部を服の上から触れて検査してみるとたくさんの横線が入っているのがわかりました。

横線は筋肉のだぶつきを表しています。

始めは横線が確認できないほど筋肉が張っていて固い感じになっていました。
カチカチな感じです。

きつすぎる筋肉は骨の状態がわかりにくいです。

これは大腿骨が伸びている反応なので大腿骨を縮めていきます。
大腿骨を縮めても足が短くなるということはありません。
骨が縮むということは本来の長さに戻るということです。
関節はゆったりとしてきますので、関節の間隔が広がって、関節の動きがスムーズになってきます。
そして、骨は短く、つまり正常な長さになると足は長くなります。

このあたりの説明は理解しにくいかもしれませんね。
要するに、あるべき形に戻すということです。

大腿骨を少しずつ縮めていくことで横線はだんだん消えていきます。
骨の長さが正常に近づくと筋肉の緊張が取れて柔らかくなってきます。

調整していくに従って横線が触れにくくなってだんだん足が細くなっていきます。

太ももがかなり細くなってきたのでとても喜んでくださいました。

でももっと細くなる余地が残っているようですので今後が楽しみです。


*ブログランキングバナーをポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がり、みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

広島ブログ



モニター募集のご案内

       モニター募集のご案内

以下の病気をお持ちの方の施術モニターを募集いたします。

●アトピー性皮膚炎  幼少のころからお困りの症状でも大丈夫
●花粉症       花粉症の時期が近づいてまいりました

条件
1、五回の施術を受けていただくこと
2、受けられたら、体験の記事を400字原稿用紙一枚程度かそれ以上書いてください。
3、記事はホームページに患者様の体験として載せさせていただきます
4、ブログにも記事を掲載させていただきます。
5、写真は院長とツーショットで撮らせていただき、載せさせていただきます
6、症状が改善していく様子も写真撮影させていただきただきます
7、施術料金は30%割引
初診施術料(13,000円)の70%+消費税10% 9,100円+910円=10,000円
 二回目以降
施術料(10,000円)の70% 7,000円+消費税10% 7,000円+700円=7,700円
8、施術時間は二時間
9、モニターの病気以外のすべての病気にももちろん対応いたします。おまけつきです
 おまけの一例:小顔、腿やせ、えら除去、指の変形、魚の目、いぼ、鼻を高くなどなど。

以上の条件をご承知のうえで施術をご希望の方は当院までお知らせください。

連絡先:島本整体トントン骨調整法本部  
院長 島本博之
TEL 0120-939-049 (フリーダイヤル)
メールアドレス:info@tonton1931.com
ホームページの問い合わせフォームからでもご連絡可能です。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  


ご質問は「トントン掲示板」もご利用いただけます。

島本整体 トントンコツ調整法では、お客様のお悩みなどを書き込める掲示板があります。

お身体のお悩みなど、聞いてみたいとこなどあれば、お気軽に書き込みください。

http://tonton-bbs.bbs.fc2.com/

title.gif

*ご注意 掲示板はどなたでも見れるようになっていますので、個人的な事、込み入ったことなをご質問の場合は、メールがお電話でお願いします。

すべての体調不良は骨の歪みから

施術しながら色々お話をします。
お話の中からこの病気は?あの病気は?と質問を受けます。
例えば、老眼はどうして?アレルギー性鼻炎はどうして?というふうに。

ほとんどの患者さんが腰痛、肩こり、膝痛、といった、明らかに骨に関係のある個所の不調を訴えてこられます。

整体なので「骨」と思われるのは当然のことだと思います。
ですから、多くの人は骨に関係のない病気と思っている他の病気がトントン骨調整で改善するとは思っていません。

ほとんどの人は
老眼は目という器官の異常と思っています。
アレルギー性鼻炎はアレルギー反応が原因と思っています。
アレルギーは免疫機能に関係しているし、まさか骨ではないでしょう!?と思うのです。
心臓病は心臓そのものの病気でしょう?!
結核は肺の病気で、結核菌が原因でしょう?!
インフルエンザはA型、B型など、ウイルスでしょう!? と考えているのが一般的です。

目に見えない世界にある病気の原因を探そうとしているのが今の医学のように私は感じています。
実際は病気の原因は目に見えないような遠くにあるのではなく、すぐ側にあるのです。

つまり、骨です。

骨の変形がすべての病気の原因になっていることを見逃しています。

まさかと思われる人が大部分だと思います。
この考えは世の中の病気についての考えと逆行していると思います。

でも、多くの患者さんの調整をしてきて、病気の原因は骨にあるということが分かってきました。
骨の形さえよくなったら病気が改善されるだけではなく、病気に罹らない体になることが出来ます。

ただ、私自身まだ本当に完全に形のいい骨に出会ったことがありません。
当院に来られる方は皆さんご病気に罹られていらっしゃる方ばかりですから、
当然、完璧な骨をしているわけがありません。

来られていない方でも病気でない人は多分一人としておられないと思います。
ですから、完全な骨には多分お目にかかれないと思います。

でも、完全な形はこうじゃないか、と常に考えながら正しいと思われる形に近づけていくのが私の仕事です。

もっと多くの方が健康で元気になっていただけたら嬉しいと思っています。

*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  


12月の予約日

毎月25日はトントンの予約日です。

明後日の朝7時から12月の予約を受け付けています。


本当はいつでも好きな時にご予約をしていただけたらいいのですが、

家族の予定が立てられないという問題が過去にありまして

毎月25日に次々月の予約をしていただくようになりました。

皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。


では、
25日の朝7時からのご予約のお電話お待ちしています。




*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  

9月度の研修会

昨日は9月のの研修会がありました。

大阪の本橋先生と博多の岡崎先生は所用のために欠席でした。

今回も新しい考え方について学びました。

骨盤の調整、特に腸骨稜の調整を重点的に教えました。
この調整によってさらに正確に病気を取ることができるようになりました。

骨盤の形が随分よくなりますので、メタボリックの改善に効果的です。
また腰痛の改善に完成度が向上しました。

骨盤が良くなると、頭の形も変えやすくなるようですので肩こりや頭痛などももっと正確に改善させることが出来ると思います。

医療従事者講習会に参加

昨晩から東京入り、今朝はゆっくりと起きて、有栖川記念公園の周辺を散歩、高級なサンドイッチを買って食べました。ただ、東京だから高いというだけなのかもしれませんが。
会場となる建物の隣がこの末日聖徒イエスキリスト教会の東京神殿。今日の午後から医療従事者講習会が開かれます。
とても楽しみにしています。



*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  

今月の研修会

今日は月一の研修会でした。

大阪の本橋先生は私用でお休みでした。

福岡支部の岡崎先生、廿日市支部の小西先生、東京支部の川村先生、本部の金子先生、研修生の伊藤さんが参加。

1人の患者役の人に全員でフルで施術して技を合わせました。

いつもですが研修会は楽しいです。

どこで誰が施術しても同じ効果が期待できるようにすることが目標です。





*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。ブログの順位が上がります。みんなの目につくようになります。ご協力お願いします。

   広島ブログ  


11月分の予約の日  告知

暑い日と涼しい日、寒い日もあって体調を崩しやすい日が続いています。
皆様お変わりございませんか

11月の予約は今月は25日が日曜日になりますので繰り上げて土曜日が予約日となります。

お間違えの無いようによろしくお願いします。

早朝 7 時からお電話にてご予約を受け付けます。

*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  

3月度の研修会

水曜日は研修会でした。
今回も新しい方法を学びました。
もっともっと健康にしてあげられるための方法を習得できるように
トントン本部はさらにさらに質の向上を目指していっています。。
IMG_1412.jpg
IMG_1413.jpg
IMG_1414.jpg

12月度の研修会

15日に今年最後の研修会を行いました。

月一の研修会は支部の先生方が集まり、研修生もきて楽しいひと時です。

今回も
廿日市支部の小西先生
大阪の支部の本橋先生
研修中の伊藤さん
研修中の川村さん
が参加しました。

本日の研修会で学んだことは、今までにない新しい考え方です。

この方法によって足が太い方にとって朗報となることでしょう。

劇的に足を細くすることができるようになってきました。

kahanshinbutori.jpg
これほど太い人がモデルのように細くする方法を学びました。
写真のような状態ですと何回かの調整は必要ですが、だんだん美しい状態になっていきます。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  

10月度の研修会  顎の調整(しゃくれ顎)

10月度の研修会を開きました。
今回は福岡の岡崎先生、大阪の本橋先生はお休みでした。
楽しく学びました。
トントン骨調整法はここ本部で毎月1回学びに来て、新しい考え方を共有します。
それは日本中どこにいても同等の力量の施術が提供される為です。

今は東京から一人の方が研修に来られています。
再来年頃には東京で施術を受けることが出来るようになると思います。
みなさん、乞うご期待ください。

IMG_1165.jpg
今日学んだことは色々ありますが、
中でも面白かったのは顎の調整です。
しゃくれ顎の調整です。

顎がしゃくれて困っている人、悩んでいる人は割といらっしゃるのではないかと思います。
しゃくった顎が劇的に変化して、小顔になっていく方法を学びました。
当院に来られた方にはみんなに体感していただくつもりです。

廿日市支部でも
大阪支部でも
福岡支部でも
受けられます、どうぞ覗いてみてください。

9月度の研修会

研修会を行いました。
大阪から本橋先生、廿日市からは小西先生、研修生の伊藤さん、東京から川村さんが参加しました。
以下は研修風景です。
みなさん熱心に研修されました。
今日は新しい方法も見つかったのでそのために技あわせも行いました。
みなさんが同等の技を身につけて、それぞれの地で成功していただきたいと思っています。

伊藤さんが本橋先生の大腿骨を調整しています。
IMG_0707.jpg
本橋先生が伊藤さんのゆがみを調整しています。
向こう側の男性が小西先生です。
IMG_0698.jpg

腹部が大きい人の為に新しい方法が見つかりました。メタボリックのお腹を小さくする事ができたら
最高ですね。
ある先生のお腹です。さあ誰でしょう?
施術前の写真がこれです。
IMG_0708.jpg
施術後です。
IMG_0712.jpg
このためにかかった時間は五分くらいです。
胸が少し厚くなったように見え、腹部との厚さの割合が良くなった様な。
腹部の頂点が低くなったようですね。
これは背骨の調整で起こったことです。
他の場所は全く調整していませんので、他のところもしっかり調整したら、もっとお腹は
引っ込むはずです。

楽しい研修会でした。
研修に来る人たちはみないい人ばかりですのでわたしの誇りです。


トントンは常に進歩しています。


*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  



寝言が消える???

今日、面白~い報告をいただきましたのでアップします。
まさか、そんな事というのが私の正直な気持ちです。
でもそのまさかの報告だったのです。

この人は現在80歳。

もう何年も前に当院に来られました。今回は本当に久しぶりの来院でした。

何年も前のことですが、当時とてもひどい寝言があったのだそうです。

奥様に
「大きな声で寝言を言うからうるさくて寝られん」といわれて

何とかなりませんかと当時の院長に訴えたのです。

院長は
「ほんじゃ、やってみようか」
と言って叩いてくれたんです。

不思議なんですが

「それ以後、寝言は全くいわなくなった」のだそうです。

奥様もびっくりで、「トントンって不思議なね」と。
奥様は今でもトントンのファンです。

私もまさか「寝言」が・・・・私は寝言は病気ではないし問題ないかと思っていました。

でも困っていらっしゃる方がいる以上、一種の病気と考えていいのでしょうか

報告を下さった方ありがとうございます。

改めてトントンのすごさを実感しました。


*ブログランキングバナーを三つポン、ポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  

7月度の研修会がありました。

昨日は研修会でした。
毎月第二水曜日はトントン本部において研修会を行っています。

遠くは大阪から本橋先生もこられました。
廿日市支部の小西先生。
広島南支部の濱田先生。
福岡支部のおかざき先生はどうしても外せない患者さんがいたのでこれませんでした。
CAAHVR7O_2014070918280782c.jpg
皆さんが見つけた施術法を分かち合って、

私が見つけた施術法を伝えました。
今日習った施術法はすごいものでした。
今までどうしても時間がかかって調整が進みにくかった箇所の調整がたやすくなりました。

股関節脱臼や膝痛、もちろん腰痛などに大きな期待が持てそうです。


*ブログランキングバナーを三つポン、ポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  

好転反応って?調整後に痛んだんですよ~~。

毎日とても暑くなってきましたね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
当院はまだ冷房は使用していませんが、使うようになる日が近いかもですね。
まだ朝は肌寒い日もありますので、体調管理にはお気をつけ下さい。

今日はタイトルにあるように好転反応について書きます。
施術後に「痛かったんですよ」と言ってこられる方が時にありますので・・・

一般に指圧や整体で施術後に今までに無いような痛みや違和感が起こることを言います。

改善していく過程で起こる反応で問題はないのですが、原因についてここで説明しておきます。

施術によって筋肉や骨が動き、形が変わってくるので他の部位との差が生じて、
その差を埋めようとして体の中で動いていく時に起こるようです。

指圧や他の整体の場合にはその好転反応の事を「ドウジ」といいます。
何日かドウジの為に苦しんだ後で安定するのですが、施術する前の状態とほとんど同じになるので
ドウジで苦しんだだけで病状は改善していません、変化はないのです。

トントンでも似たような症状が起こる人がいますが、
このメカニズムははっきりわかっているのでここにはっきり説明します。

●施術前には体中の骨が変形しています。
 この骨を正しい形に近づけるように調整していきます。
●骨は歪みのひどいものほど硬い性質があります。これは栄養状態が悪い為に酸化して硬くなっているのです。
 血行が悪い為に栄養が届かずに骨が酸化しています。
●一番歪んでいる骨には時間をかけて調整します。硬いので動きにくいですから時間がかかります。
  歪みの少ない骨はちょっとやったら動きます。
●歪みの多い骨は同じ時間やっても動く量が少ないです。
●一回の施術で沢山動く骨と少ししか動かない骨が出来ます。
●こうなると体の中ではバランスが悪くなってきます。
●体はバランスが悪い状態ではよくないらしく、バランスを取ろうとして両方の骨が歩よっていきます。
●このときに今までに感じたことの無いような違和感を感じる人が居ます。
  これが好転反応いわゆるドウジです。
●しかし、他の施術と違っているのはバランスがとれ両方の歪みが折り合ってくると
 違和感は無くなって今までに感じたことの無いような爽快感を感じます。
 施術前よりも必ずよくなっています。

「トントンした後で痛かったけど、その後はすごく楽になりました。」
といわれる方がほとんどです。

すっかり良くなっていただく、再発が無くなる、

これがトントン骨調整法です。
みなさんによくなっていくこの喜びを体験していただきたいですね。


*ブログランキングバナーを三つポン、ポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ  



一月度の研修会

DSCF4647_convert_20140108230154.jpg
今日は月に一度の研修会でした。

毎月、第二水曜日に行います。

今日は新しい調整法を学びました。

頭の調整法です。これは今までにやっていた頭の調整とは随分考え方が違っています。

すごく大きな変化が起こるのです。

耳の位置を動かすのですが、こうすることで顔の形がすごく変わります。

甲状腺の病気には以前にも増して効果が期待できます。

鼻の病気、耳の病気、絶壁を膨らませることなど頭の様々な異常に対処できそうです。

このように研修することは、支部のレベルを揃えることにあります。

今日は大阪、福岡、廿日市、広島南の各支部から来ました。

頼もしい先生方です。

研究熱心な人たちばかりです。

みなさんのお住まいの地域で頼もしい助け手になるものと思います。



*ブログランキングバナーを二つポン、ポンとクリックお願いします。
   広島ブログ

骨が硬いと施術は大変です。

数日前に一人の男性の方が調整に来られました。

この男性の症状は頭痛と肩こりです。

実はこの男性この症状のためにもう何回も来られています。

でも、ほんとうに僅かしか症状が取れないのです。

この方が来られた時は、初めから必死です。

何とかして完全に症状を取ってあげたいのです。

しか~し、なかなか上手くいきません。

この人の骨の状態はといえば、

★頭が尖っています。
これだけなら何だそれだけかって感じなんですが・・・・

尖った頭を小さくコンパクトにしたら症状は消えるのですが・・・・

なかなか思い通りになりません。とってもつらいです。

改善しなかった頭痛はないのですが・・・彼は重い

原因は骨が硬い

最近はほとんど動いている感じがしません。精一杯やっているんですが

この男性、煙草が大好きで止められない。

煙草の事は、それがよくないことは今までに何度もお話しましたが、

どうしてもお止めになれないようです。

煙草は、含まれている成分によって活性酸素が沢山発生します。

活性酸素のためにが骨が酸化して硬くなるのです

お願い・・・煙草止めてださい。

祈るような気持ちなんです。

一時も早く卒業して行って頂きたいのです。



広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。

外骨腫っていう病気

和歌山で施術した人の一人が外骨腫だそうです。

今迄習ったことのない病名です。

この人の体の特徴は

◯関節の付近にコブが有ります。

◯コブそのものは痛くないのだそうです。肘は大きく曲がっています。

◯膝の関節の上下、大腿骨の膝の付近、スネの膝付近にコブがあります。

◯これらのコブは硬いです。膝付近にはいくつもコブがあります。

ずっと以前に東京のある病院で、とても有名な先生に病名をいただきました。
それが「外骨腫」

骨の表面に腫瘍のようにコブができているのでこれを腫瘍と呼んだようです。

私は念入りに触れて見て調べてみました。

するとコブは腫瘍ではなくて、骨が曲がっているのだということがわかりました。

筋肉がきつくて関節付近で骨が強く引っ張られて曲がったみたいです。

コブの数だけ骨が蛇行しているのです。

このことが分かったのは、発見でした。

骨の状態が分かったのですから、後は調整すればいいのです。

この方、子供の時からこれが気になって、遺伝的なものでもう治らないとおもっていました。

今日、調整したら随分コブが小さくなってきました。

明日もまた調整にこられます。

今後どのように変わって行くのかがとても楽しみです。



病気の原因が見つかったら嬉しいです。

当院に来られる患者さんはいろいろなところに行って
どうにもならなくてあきらめていた時に

「だまされたと思って行ってみんさい」

と言われてこられる方が多いです。

いろいろ検査などして、「原因はわかりません、気のせいでしょう。」
といわれたり、「そのうち治りますよ、痛み止めでも上げましょう。」とか言われます。

どうしても原因が知りたくて問い尋ねたりすると
「心療内科にいって診てもらって下さい。」と

他科を紹介されたりした人もいらっしゃいます。

X線上でも血液検査でも異常が見つけられなかったのです。

「こんなに痛いのにどこも悪くないんですか??」と患者さんは疑問を抱きます。

原因がわからなくて症状が出るほど不安なものは無いです。

病気には必ず原因があります。
原因の無い症状はありえません。

目に見えない世界での病気の研究は盛んに行われています。

でも病気の原因は実は近いところにあって、見えないところにあるものではない、と思っています。

トントンにこられて、いろいろお話を聞いてから、

悪いと思っていらっしゃるところに触れて検査してみると痛みや症状の
原因となっている骨の歪みが見つかります。

「こんなに歪んでいたのでは痛くて当然ですね。」と話しますと

「エーッ、原因があったんですか?!」
と涙を流される人もいらっしゃいます。
よほど悩んでいらっしゃったんですね。つらかったですね。

「それで、それは治るんですか?」と言われますので

「すっかり良くなるはずですよ。」と話します。

原因になっている骨の歪みが見つかったら調整は可能ですので
症状を消す事はできるのです。

一旦調整して変わった骨は元に戻ることはないですので、症状がずっと続く事もなくなるのです。



広島ブログ


一ポチッお願い応援ありがとうございます。



広島南支部がオープンしました

一年間本部で研修していた濱田さんが一月に開業しました。

トントン骨調整法広島南支部 ハーマ整体院といいます。←クリックしてみてください。

手先がとても器用な人です。

すごく熱心で、とことん追求してしっかり技術を学びました。

毎月、本部の研修会にも来ています。

本部と同じサービスが提供出来ますので、今後ハーマ整体院も

本部同様、よろしくお願いします。

向かって左端の先生です。
参加メンバー


広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。

クセゲは改善するか

頭の形を変えられる様になっていろいろな事が起こるようになりました。

薄毛が改善したり、

白髪にも変化が出るように。

でも、クセゲにはどうだろうか?

まだまだ分からないところがたくさんあります。

もし・・・もし頭の歪みが原因であったらまっすぐな髪の毛になるのでは。

遺伝・・・ならば、改善の余地はないでしょうね。

何人かの人が最近クセゲが少なくなってきたと報告を下さっています。

数多いクセゲの患者さんのうちまだ数人ですから、

クセゲがトントンでみなさん改善しますとは言えません。

昨日、一人の男性がクセゲの髪の毛をカットして断面を見たら

楕円形だったのでなるほどクセゲになるのかと納得したと言う話をして

くれました。

楕円形だったらクセゲになる・・・

これを聞いて一つのヒントが得られました。

たぶんクセゲの毛根は楕円形になっているのだろうと。

もしそうなら、やっぱり頭の形を変えたらクセゲはまっすぐな毛になる。

そのように感じました。

クセゲがまっすぐな髪の毛になったら嬉しいでしょうか?!

今後、クセゲを真直ぐにする方法が見つかる時が来たら報告しますね。

トントンの可能性は広がります。


広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。

11月の研修会

一昨日、今月の研修会を開きました。

研修会は支部の先生たち、現在研修中の弟子たちのみんなでやります。

みんなの技術に差がないようにするためです。

日本全国どこに行ってもトントン骨調整法が同じレベルで受けられるようにする為です。

今回も新しい施術方法を学びました。

今やっている方法は、今までの方法とはかなり違っています。

考え方そのものが違っています。

その結果、今までは調整に時間がかかっていたものが、

時間短縮できるようになりました。

トントン骨調整法は日々進歩する調整法です。

もっともっと重い人が一日も早い回復を見ることができるように

変化していきます。

皆さんが今度来られた時には、その調整法を披露しますよ。

お楽しみに。



広島ブログ


いつも応援ありがとうございます。

貧乏ゆすりはいいの?

最近

「テレビの番組で貧乏ゆすりは健康にいいので積極的にやったほうがいい

と言っていたので私もやっているんですよ。」

という患者さんがおられました。

すかさず聞いてみました。

「効果があるようですか?」

「足が温かくなっていい感じです、でも

普段やったことがないので意識していないとすぐに止めてしまっています。」

「格好悪いからするなと主人に言われます。」


一般的には

行儀が悪いと、親や他人から注意されるクセですが、メリットがあるとメディア

が伝えるようになっています。

私は貧乏ゆすりは骨が歪んでいる為に起こる現象だと思っています。

足が歪んでいてもみんなが同じように貧乏ゆすりをするわけではありませんが、

貧乏ゆすりを普段しない人がするのは結構エネルギーが必要です。

筋肉が動けば血液は強制的に送られます。

ですから、慢性的に血行が悪い人は常に血液が足らないので貧乏ゆすり

つまり、不随意運動をすることで血液を流そうとしているのだと思います。

歪みが原因であるとすれば足の歪みを取ってやると貧乏ゆすりをしなくなるはずです。

実際に調整後は足が軽くなって温かくなってきたという人がほとんどです。

足が悪いからという事でわざわざ貧乏ゆすりをしなくてもいいと思います。

むしろ普段しないのなら格好が悪いからやめたほうがいいと私もおもいます。

普段貧乏ゆすりをしている人は止めろと言っても無理ですので

そのような人は調整をおすすめします。





いつも応援ありがとうございます。

プロフィール

トントン2

トントン骨調整法 本部
院長の島本博之です。
トントンのことや、日々の出来事など書いています。
見て頂けたらうれしいです。
全国の支部で同じレベルの施術が受けられます。
お体の悩みなど、お問い合わせ・ご質問などはこちら↓

ブログランキング
最新記事
カテゴリ
トントンモバイル
トントン整体のモバイル(携帯サイト)です
トントンモバイル
健康・病気
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 病気ブログへ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード